金沢(泉ヶ丘):パリミラ(pari mira)フレンチ・デぶくろ商店5月号

b0089578_13420775.jpg
月一回、食と酒を骨の髄までエンジョイする4人組のデぶくろ(デ袋)商店。
ここ2ヶ月ほど季節の変わり目の風邪や新年度の忙しさからお休みしていたら、もう5月に。

ねぇねぇ、5月のデブくろどうする?から始まってのスケジュール調整。
たかが4人されど4人、職種がバラバラなのでスケジュールを合わせるのも難しい。

「4日なら空いてるんだけど」のショウタ君の声に、2日後じゃん、でも空いてる!
とほぼ決まりかけての翌日、エミちゃんが行けなくなり「でも、二次会「ひげの店」で待ってるから」
の言葉に、私は完全に片町の「ひげの店」だと思ったのが勘違いストーリー。

幾つか候補があがるお店がどれも片町(ヒゲの店)から遠いな、タクシーで二次会に向かうのだろうか。
結局、ショウタ君が行きたいお店に挙げていた泉ヶ丘のパリミラ(pari mira)さんに決定。

ここでゴールデンウイークの真っ只中、いきなり明日飲みに行くわ!と宣言すると、
ゴールデンウイークだけに1人置いてきぼりだと後々面倒なことになりそうなので、「夫に一緒に行かない?」と誘う私。
元胃袋商店のリーダーだけに違和感全くなし、2人共お酒を飲むのでバスに揺られて現地直行。

メンバー:ショウタ君、ゆうちゃん、スカタン、ヒサナオ

パリとミラノからもじったネーミングの通り、フレンチとイタリアンを両方楽しめるお店です。
内装はモダンでカラフルな色合いに目が引き、輸入ものの鳥かごなども飾られていてキュートなイメージ。

今回はパリミラコース(5250円)で決めさせていただきました。

前菜:イベリコ豚のチョリソー、カプレーゼ、鱒と鯛のカルパッチョ、ホタルイカとたたきキュウリ
b0089578_13421693.jpg
野々市の無農薬のアスパラガス

漫画の世界に入り込んだようなシンプルな1皿、私たちに勝負を挑んできたな。
アスパラは採りたては生で食べられるらしく、こちらは茹でてはあるもののその日に収穫された物らしい。
サッと湯通しされたアスパラに塩とマヨネーズをつけて食べるのだが、何もつけずとも何とも言えない風味と旨さがあります。
b0089578_13422687.jpg
ウニと地元産のアワビと三国産の海苔のリゾット

何とも具が贅沢セレブパーティー、海の旨味がぎっしりつまったリゾットはお米の固さも丁度良くこれはうまっ!
b0089578_13423186.jpg
フォカッチャとバケット
b0089578_13424925.jpg
駿河湾産のシラスと地元のこごみのパスタ

そろそろ山菜も終わり、クセはないが野性味溢れるコゴミとシラスで、あっさりして塩加減のバランスで成り立つパスタ。
b0089578_13425722.jpg
イベリコ豚のグリエ

メインはお肉とお魚からチョイスできるそうだが、全員が肉!!!
イベリコ豚〜ジューシーでうま〜と何とも分かりやすい4人ですよ。
b0089578_13430771.jpg
デザートはチョコタルトにジェラート、お皿のカラーが各自違ってて私は緑。
皆のイメージで、ゆうちゃんがピンク、しょうた君が黄緑、ヒサナオが紺、私のグリーンってニュートラル。
自分自身が抱いているマイカラーと他所からのイメージのずれを感じる。
自分は?イエローと言われたことがあります、色っぽいイメージがないなぁ〜カレーと車のせいだろうか。
b0089578_13431270.jpg
パリミラさん、お料理はシンプルなものもありつつ、ちゃんと味のバランスはまとまっている、お洒落なお店です。

さて、ここから片町の「ヒゲの店」までタクシー?と思ったら、このメンバーだと泉野のガレタッソへ。
なぁるほど、ヒゲのマスターでヒゲの店、自分が勝手に勘違いしていたわい。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-05-25 23:59 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/22612986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 福井(福井市):レストラン・サ... 金沢(西泉):ホットハウス(イ... >>