金沢(旭町):中華名菜マスタム(中華)、山菜ツアー2014

b0089578_13065410.jpg
毎年、山菜の先導役であるアブさん主催で行われている山菜ツアーも今回が第7回目。
皆勤賞ではないがほぼ私も毎年参加していて、いつもはGW最後の日だけども今回は29日(火)になりました。

最初は子供たちや山菜のさの字も分からん大人たち(自分含む)が、オロオロとお遊びも交えながらだったが、
現在ではかなりふるいにかけられたメンバーだけの参加になりました。

服装は破れても汚れてもいいような物を着用、帽子・長靴・軍手・手ぬぐいは必須!
念のために雨合羽も準備、山菜用にスーパーの袋を用意。
などと、遠足にいくような箇条書きが送られてくるのはいつもの通り。

なんせ、現場に到着するやいなや勝手バラバラに分かれ、崖を降りていく者・這い上がって行く者とかなりハードでその行動は自己責任。
何度もツアーに参加していると、この辺りまでなら大丈夫などと経験上分かってくるのだが、転がって泥だらけも日常茶飯事。
疲れたなら休めばいいのさ、無理は禁物。

いまこそジムで鍛えたこの体力を発揮する時がきた!って人数人、日常的にサクッと山菜採りしてしまう人数人、
立ちっぱなし仕事で足腰つえーぜ!って人も数人、要するに体力がある山菜の精鋭たちよ!山が呼んでるぜ。

早朝7時に集合し、コンビニで朝ご飯と朝最後のトイレを済ませて、山に分け入る6人。
メンバー:アブさん、のりさん、パオ子ちゃん、なちぼん、ミントンさん、スカタン。
b0089578_16410414.jpg
まずは第一ポイント、毎年参加していても1年経つと毎年山菜の顔も忘れているもんだが、今年はひと味違う!
なんせ、私は八百屋さんと結婚したのだから、お店にも山菜は販売しているし何となくつかみ的なものは覚えてるぞ。

とはいえ、販売されているたらの芽、コシアブラ、ウドなんかは簡単に発見できませぬ、もうかなり採られちゃったりして。
あぁ〜ワラビだ・・こっちもワラビとワラビばっかり、途中アブさんにアマナを教えてもらいそちらも採ることが出来た。

先導役はさすが経験値が違うので、自分には見分けがつかない草むらからどんどん山菜を見つけてくる。
私はそんなアブさんについて、センナ狩りについていきました。
途中、坂から滑り落ちても登山用のズボンを履いているから破れないし、
小川にジャブジャブ入っても長靴のおかげで濡れませぬ、装備って大切だわ〜
b0089578_13072582.jpg
そんな中、ちょっと周りとは違う存在感のある草を見つける、「もしや・・これはウド?」
私ったら大金星?と、浮き浮きで車を停めてある位置に戻って100万ドルの笑顔で差し出すと、
「これはマムシグサ〜」とアブさんからの無情な一言と共に、ポイッと山に向かってほおり投げられた・・・。

数年前のスカンポ事件よ再び・・またつまらぬものを採ってしまった(五右衛門調)。
マムシグサはシュウ酸が多く含まれる有毒で、手前がマムシグサ、上のフサフサな草がウド・・似ていませんね。

7時から11時過ぎまで、ポイントを変えながら採取しつづけるのだけど、さすがに上ったり降りたりの繰り返しで太ももが笑って限界に。

今回の戦果はこちら!
ウド、ウルイ、甘草、えら、みつば、たらの芽、コシアブラ、センナ、イラクサ、カタハ、アマナ、セリ、クレソン、わらび、ぜんまい

少量のもあるので、それぞれが持ち帰りたい物を6等分しました。
全種類持ち帰ると灰汁抜きやら処理だけで死亡しそうなので、自分も数種類だけ。

b0089578_16372149.jpg
山菜の打ち上げランチはここ何年かは笠舞の「碧羅」という大連出身のお父さんが営む中華だったのだが、
その「碧羅」がお父さんが中国に帰国するそうで、なんと29日の山菜ツアーの日に閉店!
しかも29日のランチは営業していないので、どこか別のお店探さなくちゃ〜。

山から下りてきてそう遠くない場所で、腹ぺこ共の胃を満たすような昼でもアラカルトオッケーなお店。
その条件で選ばれたのが旭町にある中華名菜マスタム、マンション1階にあり存在は知っていたがまだ未訪でした。
う~ん、マスタム←それはマンダム
あんたがったマスタム←それはタフマン・・全然関係なし

私たち6人は、アラカルトでどんどん単品注文をこなしていく、さらに全員車なのでノンアルコール。

・クラゲ
やはり中華の前菜はクラゲでしょう!こんな山菜帰りの疲れた集団でも、前菜から頼もうという粋。←単に食べたいだけ
b0089578_16372748.jpg
・豚ヒレ肉の天ぷら
豚ヒレ肉の中に咲いた一輪の赤いバラ、なんてスイートな演出。
テーブルの上にのせた瞬間に6人の皿に分けられ食べられ、一瞬にして空になる。
b0089578_16373759.jpg
・ぎょうざ、ザーサイ

この餃子が皮いっぱいいっぱいに餡が入っていて、通常の餃子の2倍くらいはあるボリューム。
懐かしくも味わい深い餃子で具のボリュームの満足感、一番印象に残ったのがこの餃子でした。
b0089578_16374220.jpg
・イカとセロリーの炒め
6人もいると色んな種類食べれてよいわ〜あっさり系を頼んだのは女性陣だったね、確か(私ではない)

1皿運ばれてくるとは一瞬で分けられ、次々と料理を注文、まるで夜の宴会の様。
ここの奥様はそんな私たちの注文にも平然と「かしこまりました」、K点越えの丁寧さが際立つ。
b0089578_16380717.jpg
・陳マーボー豆腐
普通の麻婆豆腐もあるが、陳マーボーとはなんぞや?東京で修行されたご主人のようだし、まさか陳一族系列の味!?
・・か、どうかは分からないがとろんとしたマーボーはなかなかスパイシー。
b0089578_16393219.jpg
・ホタテの生クリーム炒め
え・・っ、この思いがけない感たっぷりの外観、「ホタテは人数分入っていますか?」とミントンさん。
かくれんぼしているから見えないが、心配はそこか!密かに考えていた人もいたとかいないとか、きっちり人数分ありました。
b0089578_16393852.jpg
・鶏肉とカシューナッツの辛炒め
こちらは激しい色彩ながら、そこまで辛くなくご飯が欲しくなる定番の味です。
b0089578_16394219.jpg
・焼麺(あんかけ)
海鮮風のあんかけ焼きそば、レモンが添えられているのが新鮮ですね
b0089578_16395270.jpg
・ロースー麺(ピリ辛醤油味)、ピリ辛の野菜入りのラーメンです。
b0089578_16400258.jpg
・炒飯、普通に美味しいです

なかなか長く営業しているだけありそつがなく、特に餃子は一番のお気に入りに。
お昼に単品でこれだけ色々作ってもらえるのは有り難かったです、そしてノンアルのおかげか会計は1人1500円ほど、やすっ!!
まだまだメニュー欄には選択肢が多かったので、また団体で訪れたいですね。
山菜ツアーのメンバーは単品アラカルト大食い希望なので、来年の山菜ツアー後のランチ場所の定番に決定か!?

さてこの次の記事、収穫した山菜を仕分けする作業が待っている・・・

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-05-17 16:32 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/22534456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by quebuta at 2014-05-19 11:01
マスタムさん、ランチ系しか食べたことないんですが、アラカルトも非常に美味しそうですね!
フカヒレ麺が食べたくなりました!
Commented by sukatan_queen55 at 2014-05-20 12:11
⚫︎クエブタさん
マスタムさんお初でした〜ランチ系は麻婆豆腐など定番ものチラッと拝見しました。
手際よく作ってもらって美味しくいただきました。
やはりパンパンに身の詰まったギョウザが一番インパクトあったかな。
他の麺もたべてみたいです。
Commented by abu71_nomin at 2014-05-20 19:31 x
エラとイラクサは同一ですよ~

マムシグサはこうやって写真で見ると、スーパーで売ってる軟白ウドにそっくりや~ 間違えるのも無理はない…。

って、んなわけないやろ!!
よりによって【マムシグサ】なんて云うインパクトのある毒草をチョイスする辺りが貴女らしい。。
Commented by sukatan_queen55 at 2014-05-22 12:43
⚫︎アブさん
師匠!後でなおしておきますわ。
あれからお店のウドもよくよく見たけど、売ってるのは切ってあるから分かりにくいわ・・と言いつつ、色とか大部ん違うね。
あれだけ言われてもスカンポもまだ採ってるし、成長しないな〜
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 八百屋のうちごはん(その9)山... 石川(野々市御経塚):IL C... >>