金沢(東山):六角堂・本店でステーキランチ

b0089578_16140519.jpg
GW中は夫のお店自体はお休みだけども、配達などで午前中はつぶれていたので、
どこかに旅行ということはなく、家を片付けたりご飯を食べに行ったりといつもの日常の様だった。
とはいえ、皆との楽しい食事会が幾つかあったので、順番にアップしていきます。

4月下旬の日曜、夫が仕事を終えて帰宅して~の、どこかでランチの予定で私は家で待機していた。
開口一番、「お昼は卯辰山にある六角堂いってみん?」と言われる。

実は私の部屋の窓からは六角堂・・・の手前に建つ松魚亭を望むことが出来ます。
私の部屋は結婚前に片付けなくてはならないあらゆるものを部屋へと押し込んだので、
現在、禁断の押し込み荷物部屋と化していおり、暖かくなったら片付けるから!の宣言の元、
今、少しづ~つ、マトリックスレベルの速度で休日に片付けているという部屋なのです・・説明が長いな!

自分にとって六角堂本店(隠れてるけど一部見えるかも)は、昔から当たり前の様に存在しているので、
ランチに行く!という選択肢の中ではあまり浮かんでこなかったかもしれない。

昔から親と一緒に何度も食事に行っていれば、多分違っていて「六角堂」は近いし便利なのだが、
家族で外食をあまりしない、しかもガツンとお肉を食べない家族だったので、外で焼肉とかステーキは皆無。

それが今の反動になっているのが無きにしも非ず、学生の頃に友人とホルモン食べて以来の病み付きぶり。
話を六角堂に戻すと、私も学生の時にランチ1回行ったきりなので・・・・ぜひ行きたいです!


浅野川・天神橋から卯辰山を1カーブ曲がって登り、左手に曲がった場所にある六角堂・本店
地元の人には説明不要なほど老舗中の老舗な鉄板焼きステーキ専門店。

店内に入ると六角形の大カウンターと、周りには個室や別カウンターがあり、
ステーキとは言っても、片意地はらずに家族大勢でもカップルでも落ち着いて食べれるし、
職人さんの手さばきから老舗ながらの安心感もあり、休日だからか入れ替わり立ち代りお客さんが入店してきます。

私たちはその大カウンターの一角に案内される、学生の時に来た思い出がほんのちょっと蘇ったかな。
あの時は平日限定1000円台ステーキ定食がだったが、今はもう大人・・・今回は休日なのでランチコースをいただきました。
b0089578_16141765.jpg
ランチメニューは、お肉にサラダ・ごはん・味噌汁・香の物のステーキ定食と、
そちらに前菜・飲み物・デザートが付いたステーキコースの2通り、
さらにお肉の種類や部位によって値段が分かれている。

今回は、ニュージーランド産牛・ヒレの150gのステーキコース:3500円

もっと階段を見上げてランク上にはUS産牛、国産牛、黒毛和牛が待ち構えているが、
最初からトップ・オブ・ザ・ステーキワールド目指さなくてもいいんじゃないかと(単に財布の問題か)
次回のリクエストのためにとっとこう!でも量は多く・・な100gよりも150g

前菜はカジキマグロのタタキだったかな、お肉の前の魚介なのね・・さっぱりした和風ソース
b0089578_16142408.jpg
林檎やニンニクの香りで野菜との味が深まるドレッシングがかかったサラダとお肉のタレ、
チリソースと山葵しょうゆのソース
b0089578_16143402.jpg
席について店員さんからエプロンを結んでくれたり、上着をかけてくれたりと接客は丁寧です。
コックさんが目の前で鮮やかな手さばきでお肉を焼いてくれるのを待つのが鉄板焼きの醍醐味。
ごはんとお味噌汁が到着、後はモヤシをのせれば完全体。
b0089578_16144658.jpg
ニュージーランド産牛・ヒレのアップ、柔らかい赤身で殆ど脂はなくあっさりしたお味です。
こちらでは梅干しも焼かれており、梅肉をお肉につけて食べると口の中がさっぱり。
ご飯と一緒でもいいし、これはいいですね~♪

パリパリに揚がったニンニクスライスは少し量も多くてまた嬉しい。
夫はご飯のお代わりをいただいていたので、丁度よかったとか。
b0089578_16145188.jpg
お肉を食べるとほぼ皆さんが奥の部屋に入っていくので、多分私たちも行けばいいのだろうな、と思っていました。
コース料理のデザート&珈琲は奥の喫茶か外のテラスで出されます。

以前、来た時は定食オンリーのデザートなしだったので、知らないのは不安なこと。
奥にいってもいいものか目が挙動不審になってたけど、どうやら当たっていた。

イチゴのシャーベット&珈琲
b0089578_16145644.jpg
圧倒的に喫茶室でお茶するお客さんが多い中、何故かやや肌寒いのに外のテラス席でくつろぐ。
テーブルも椅子もレトロ感たっぷりだけど、ようやく冬を抜け出した太陽の光が恋しい。

普段着でも来れる気軽さを持ってるし、厳選されたお肉の贅沢感も味わえるし、
大勢のファミリー、特に年配の方でも昔からの安心感があるので、ステーキ食べるならここ!
という地元の方も多いのだろうと思う、年齢を問わない地元の愛され度もピカイチ。

次回はランクアップしたステーキをいただくぞ~と、RGB的にまとめました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-05-06 23:10 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/22523223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by abu71_nomin at 2014-05-08 19:46 x
ただ愛しくて
もう言葉なんていらない
貴方に会えてよかった~
nice to meat you

このメロディーが走馬灯のように頭の中をぐるぐると回ってます。
六角堂の戦略にまんまと嵌ってますね(^^;
Commented by sukatan_queen55 at 2014-05-13 12:51
●アブさん
あれっ、オフコースの名曲が使われていたんでしたっけ。
せせらぎ通り店の支店も行ってみたいです~
Commented by スカ☆ポン☆タン at 2015-03-03 00:13 x
うまそー…僕もイキます試します!!
Commented by sukatan_queen55 at 2015-03-05 23:42
●スカポンタンさん
ディナーも行ってみたいですわ〜
最近、ステーキとか食べてない。。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(主計町):嗜季(しき)割... 金沢(堀川町):テーブルナナ(... >>