金沢(小将町):まるよし寿司(寿し・おでん)

b0089578_16381444.jpg
今年の桜は満開になってからお天気が荒れることもなく、例年よりも長く楽しめましたね。

咲き始めた時はそんな予想も立たなかったので花冷えの中、兼六園へと夜桜見物に行ってきました。

毎年の事ながら、これをやり終えないとスッキリしないというイベントの1つ。
もちろんスッキリ課題には花見だんごも含まれている。
b0089578_16382348.jpg
時間も午後9時過ぎ、お花見見物の後に兼六園下から賢坂辻の通りを歩いてきて、
昔から佇む存在感をそことなく放ちながら、通り過ぎてきたまるよし寿しに初チェックイン。

パッと見、カウンターのみの店内には常連客と思われる女性と、県外の観光客がおり、
なんでも暁町に町家ゲストハウスがあるとかで、近くのこのお店に来たらしい。(あかつき屋 )

店内はかなり年季が入ったおりご主人と明るい奥様の2人で経営している模様。
b0089578_16383109.jpg
う~む、メニューらしきものがないな・・・
とりあえず寿司ネタケースとおでん鍋が見えるので、おでんを頼んでみる。

糸こんにゃく、いか団子、大根、里芋

とっても透明に近い出汁はかなりの薄味であっさり系、でもちゃんと味は付いている。
b0089578_16383671.jpg
牛すじ

ポン酢がかけられている牛すじ、いいアイディア~さっぱりして美味しい
b0089578_16384288.jpg
ご主人が「これちょっと食べてみて~」とカウンターに出してきたものは、なんと、「シロウオ」の踊り食い!

ちょっと食べてみて~とさり気なく出すにしては、ハードルが高くないですか?

水が張った器にピチピチと元気よく跳ねてるわ~

「頭をお箸で挟むとうまく掴めるから」とのアドバイスにガッシ!と頭を挟む。

尾っぽが激しくジタバタするけど、とりあえず安定して食べられるわ。

酢醤油に付けて、噛むのが恐怖なのでそのまま飲み込む。

味わう余裕がないのだが、春の風物詩を体感しているのだな、と・・・微妙に汗かきながら。

逆に尾っぽの方掴んだら、激しくヘッドバンキングして暴れるので頭の方を掴めと言われるのがよく分かりました。
b0089578_16384823.jpg
・ばくだん、信田巻、ロールキャベツ

おでんの中の玉子ってどうしてこんなに美味いのか、実質取り合い。
b0089578_16385528.jpg
「えっと、他にメニューはありますか?」
「寿司とおでんだな」・・・って、こちらが見たそのままなのですが。

お刺身をおまかせで切ってもらうと、ネタがどれもなかなか美味しい。
マグロの赤身、ぶり、タコ、タイの昆布〆、ホタルイカなど。

いつからここでお店を?の質問に「60年くらい・・・」って、な、長いじゃないですか!
ご主人は二代目なのだそう。

自分がこの割と近所に越してきたのは小学校4年の頃なので、その頃にはすでにお店はあったのか。
さすがに小学・中学では文房具店と駄菓子屋くらいしか興味もてません時代です。

そんな話をしている内に、常連のお客さんからこちらに何処に住んでる、何年生まれや
などと質問が相次ぎ、「私の娘と同じ年や!」「あんたの家あの辺か!」
と、まもなく身バレしました。

本当の近所からはちょこっとだけ離れてるだけなのだが、知らないお店が幾つも点在してるうちの1軒。

地元民に親しまれて自然と溶け込んでいるお店、まだまだ発掘隊はゆく!の精神で今夜も飲み~

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-04-23 22:39 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/22494882
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(武蔵地区・袋町):LaC... 金沢(東山):エルパソ(ELP... >>