タイ(バンコク・スクンビット):11Gallery(イレブン・ギャラリー)タイキュイジーヌ

b0089578_16520989.jpg
タイ旅行記その18、長~~く滞在している様で、元旦0時ジャスト頃から1月2日の夜なんで、一応2日目。
しかも、この後夜中にバンコクを離れるスケジュール。
夕飯ものんびりだらりとしていられるのは、午後9時まで・・・タイに来てまで時間に追われてる。

夕食の場所はスクンビット通りからソイ11に入ってしばらくすると左側の細い路地に入り、
さらに右を曲がると左手にあるタイキュイジーヌ、11Gallery(イレブン・ギャラリー) 

この店に行くまでにも小さなレストランやバーがぎっしり詰まっているが、
どこもかしこも欧米人だらけ、しかも全員外が好きっなので、目立つことこの上なし。
このお店もノスタルジック溢れる内装なのに、中で食べている人は0。
b0089578_16523616.jpg
ウッディな店内はタイのアンティークな飾りが幾つもあり、どこか懐かしげで仰々しさはなく家庭的。
ホテルやバーなどが並ぶ中で伝統的なタイの雰囲気が落ち着いてとても良い感じです。
b0089578_16525035.jpg
料理の方はタイ料理はもちろん、欧米人向けにハンバーガーやパスタなどもあったり臨機応変。
タイと言えばビールのイメージが強いので、夫はまずはチャンビール。
でも、自分はビールが苦手、カクテルやワインクーラーも避けて普通の赤ワイン。

先日、ビンの回収日で買い物カゴにはみ出しぎみな位、ワインボトルを捨てに行った私。
先月捨てるのを忘れていたので2ヶ月分なのだが、傍からみると「こんなに酒飲み家族なのか!!」と思われるのを恐れて、
かなり重かったが誰にも会わぬ様、必死になって走って捨てにいきましたわ。
b0089578_16530153.jpg
・TOM YUM GOONG /PLAA(トムヤンクン)

ここまでトムヤンクンなし!な旅でしたが、遂に注文してみました。
注文したのは海老でしたが、他にも数種類のトムヤンクンがあるのですよ。

海老にレモングラス、こぶみかんの葉、タイのジンジャーなどが入ったトムヤンクン。
冷蔵庫のドアポケットにトムヤムペーストを忍ばせているほど、好きなスープ。

酸っぱ辛くて、時にレモングラスをガリガリ噛んで、香りを鼻腔に送りながら味わう、うま~
ココナッツミルクが入っていて、激辛というほどでもない辛さ。
b0089578_16531139.jpg
・SOM TUM KHAI KHEM (ソムタム カイケム)

サラダが欲しかったのでソムタム、横の胡瓜のサラダも一緒に来たかな。
塩漬け玉子(カイケム)入りのソムタム、カイケムは一般的にアヒルの卵が多いらしいのですが、これの違いは分かりませんでした。

青いパパイヤ、人参、トマトなど、甘酸っぱ辛い味付けで、中々辛い、そしてカイケムの塩気がまたアクセントになり、横の胡瓜で舌を休ませる。
b0089578_16532012.jpg
・KAO OB SAPPAROD(カオ・オブ・サッパロッド)

見た目の派手さから選びました、あなたに決めてました!ベイクド&スチームなのでタイ風パイナップルに入った蒸し焼きピラフかな。

炒め蒸しご飯の中にはミンチ海老とチキン、揚げソーセージ、パイナップル、トップにもやもやっとした乾燥豚肉のフロスとカシューナッツ
辛いものを一緒に食べていると、パイナップルの爽やかな酸味がアクセントというか。
味付け自体の強さより色んな具の風味が混ざり合って美味しい。
b0089578_16533474.jpg
全体像、そんなに種類は頼んではいないが量は結構あります。
b0089578_16535154.jpg
・MAS SA MAN GAI(マッサマン・ガイ)

アメリカの人気情報サイトが「世界一美味しい50種類の食べ物」の第1位に輝いたという
あの!!!マッサマンカレーを本場タイで食す!!!!と、自分で盛り上げてみる。

タイ南部に多いイスラム教徒経由で庶民に伝わったカレーで、宮廷料理としても食べられていたとか。
一度、タイのお土産でペーストを頂いて作ったことあるけど、その時は牛肉を入れた気がする。←宮廷仕様!?

中身はチキン(ガイ)に人参、ごろごろと塊のジャガイモ、玉ねぎと、日本のカレーと似た具材。
肝心のお味は、どちらかというと辛味よりもほんのりした甘みが感じられ、
もちろんスパイシーさもあるんだけど、やや甘酸っぱく不思議なコクがある。
調べるとナッツ、ココナッツミルクなどを入れるので、よりコクが深まるのか。

グリーンカレーからタイ道場の門を叩いたので、パンチの効いた辛さはないけど、
タイ料理に慣れていない日本人には、具も含めて受け入れやすいのかもしれない。
グリーン、イエロー、レッドとはやはり別物のカレー。

横には付け合せとして、玉ねぎや胡瓜、唐辛子などの甘酸っぱいアーチャート。

で、自分だけあんたがったマッサマン!と盛り上がっていたが、
夫は好みじゃなかったらしく半分以上私が受け継いで食べました・・・ジャガイモが塊なのでお腹膨れるのだ。

お値段的にはアルコール分全部合わせて、2000円やや越えくらいだったかな。

タイにもっと浸っていタイ!気持ちは山々だけども、夜中の飛行機発なので、
ホテルに荷物を取りに行って、一路空港まで・・・この便しかチケット取れなかったのだが、ダイハードな旅だわ。

まだつづく


[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-04-10 06:01 | タイ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/22386599
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ken at 2014-04-10 23:01 x
いろいろ行っているねえ。
あの通りは、ほんの数年前は「怪しいマッサージ屋」しかなかったのだけど、急速にビンボ西洋人向け屋外バーとか盛り上がっています。
このレストランも新装オープン。このあいだ、ボクも行きました。安くはなかったね。
Commented by sukatan_queen55 at 2014-04-11 12:52
●kenさん
この一体西洋人だらけ、しかもほぼ全員が屋外にいるから目立つ目立つ。
皆さんどこから来たんでしょうね?帰りの空港でオスロ行きには沢山並んでいましたが。
北欧の寒さから比べると天国のような。
kenさん、この辺りのレストランは行き尽くした??

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(香林坊・せせらぎ通り):... 金沢(竪町界隈・池田町):池田... >>