石川(小松):ビストロ・レ・アールで最後のバール

b0089578_11492716.jpg
先月、突然のお知らせにまさかの激震が走った・・・そう2月26日に皆に惜しまれながら閉店した小松のビストロ・レ・アール
その最後のレ・アールバールが2月22日(土)に開催されたので参加してきました。

今回は夫の他にアカネちんとミントンさんを乗せて私が運転手、何度も飲まなくて大丈夫?電車で行く?と、どんだけ酒我慢できないと疑われてるん。
18時半スタートながらも八百屋は18時までなので、片付けを手伝い何とか18時半頃にお店を出発(レアールまでだと約1時間)

一応、私はレ・アールには何度も行っているし、運転手なので任せとけ状態に自動的になっている・・・はず。
8号線から国道305号線に入るために左に下りなければいけないが、ここだなと下りたところは何か違う。
「あ、ごめ〜ん、ちょっと勘違いした!」とすぐに8号線に再び合流して、しばらくすると左手にパチンコ屋さんを発見したので「皆様、あそこでした!ごめんなさい」と自信たっぷりに下りていくと、また何か違う・・・。

車の中に漂う白い空気に耐えながら「あれ〜おかしいな〜」と再び8号合流、おかしいのはお前だ!という突っ込みがあえてほしいほど。
しばらく進むと左手にパチンコ屋さん、そして焼き肉「寅亭」の文字、「あ、あれだ!」もう忘れないよ寅亭、いつまでも寅亭のままでいてね、忘れるから

途中、のうもりぃちゃんより「知っている人が誰もいない・・くるの?」とメッセージがきたので、「今、皆で向かってるよ〜」と返してからどれだけたっただろうか。
開始時間から1時間ちょい過ぎたあたりでようやく到着。
b0089578_11494300.jpg
昔からある入り口付近には、金澤もんようメンバーも何人か先に来ていて、奥の部屋には他の方々のグループが盛り上がっていた。
運転手な私は微炭酸のぶどうジュースで乾杯、後ノンアルカクテルもあったのでそれを飲もう。
多少なりとも炭酸を感じると飲んでいる気持ちに近くなる、酔わないけど。
b0089578_11501275.jpg
さっそく隣の部屋に空のお皿を持って襲撃に行く、何品かはもうないメニューもあったが本日の大皿メニューは

パリのキャロットラペ
ポテトとチーズのスペイン風オムレツ
小いわしのエスカベーシュ、
エゾシカレバーのパテ&ピクルス
合鴨ロースのスモークマリネ
菜の花と半熟卵のあっさりパスタ
お豆とソーセージのフランス風煮
b0089578_11501961.jpg
スモークサーモンとシメサバのスモークサラダ添え、自家製スモークサーモンがめっちゃうまっ!

バールの想い出・・・私がレ・アールに初めて来たのは、2007年1月に初めてのバールが開催された日で参加者はなんと4人。
金澤もんようののりさん(元・勝一)がグラスを破壊したのは覚えているわ、その時も運転手だったし。
b0089578_11503047.jpg
ミニピザ

バールの想い出・・・昼バールやコタローシンガーズライブなど何度かバールを経験しているが、この会ではシャンパン1本飲んで真冬の空の中倒れて寝てしまうという失態をくらわす。
b0089578_11503706.jpg
ローストポーク、これはよく食べていたメニュー懐かしい。

ランチ時のメニューに1品追加したり、デリカテッセンのテイクアウトにローストポークのオニオンソースがけをよく注文していたもんだった。
b0089578_11505463.jpg
丸鶏のローストチキンを持ってシェフが登場!よっ待ってました!もちろんチキンじゃなくてシェフです。
b0089578_11505938.jpg
シェフによって取り分けられたチキン
クリスマス時のお楽しみであるローストチキン・ガーリックライス詰めを友人から頂いたことがあったが、ガーリックの風味が程よくチキンに染みて美味しかったのを覚えてる。
b0089578_11511515.jpg
タラと海老のお魚の裏ごしソース

スカタンちゃん遅れてきたからまだコレ食べてないでしょ?ってもう一度作って持ってきてくれたシェフ、やさすい。
b0089578_11512532.jpg
牛ロースステーキ

レアールの想い出、バレンタインの時私が作った創造的な手作りチョコ、カレーチョコを渡しに行ったっけ。
b0089578_11522045.jpg
シフォンケーキ・コーヒー風味あんのサンド、コーヒー風味の餡って洋風に近いね

ブログ上、シフォンケーキを作るのに何度も失敗していた自分に見かねてレシピを教えてくれたり、
マシュマロが羽二重餅になったり、岩石状になったりした時もアドバイスを頂いたお陰でマトモなお菓子を作ることができました。
b0089578_11522786.jpg
ケーキを食べてコーヒーを飲んで皆とお喋りをして、時間は10時過ぎ、距離もあるのでそろそろシンデレラタイム。
シェフやマダムの明るさにお邪魔して、ランチ後もおしゃべりしていたこともあったっけ。
ここに来ればいつでもお二人に会えるという当たり前がなくなってしまう、寂しさ最上級。
b0089578_11550021.jpg
バレンタインの季節になると販売されるトリュフチョコと桜のムラングをお土産に。
レ・アールの桜シリーズが大好きで桜のシフォン、桜のムラング、あとギモーヴもよく買っていたっけ。
また食べたいのでイベントの折に出してくれると嬉しいみたいな。

レアールシェフのブログのバール記事で最後の集団気絶している奴らが私たちです。

本当にレ・アールでの想い出が走馬灯のように、ありがとうございました。
シェフのこれからの勤め先はホテル・アローレだそうです、シェフに会いにいこうかな。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-03-09 23:48 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/22186492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayuminnie1127 at 2014-03-10 01:01
シフォンのコーヒーあんサンド。
シベリア的な??

今日金沢のお友達に、かわいいハートのイチゴの落雁いただきました!!
お店の名前なんだっけな。。
○○屋だったかな。
Commented by sukatan_queen55 at 2014-03-10 13:05
●あんみぃさん
落雁と言えば諸江屋さんかな?地元人ですが数年食べていないかも。
シベリア?餡の口当たりなんだけど、珈琲風味と甘さで不思議な感覚。
最近ではもなかの中に餡子とチョコとか、どらやきにチョコとか、洋風合体化が進んでますが結構合うんですよね~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< タイ(バンコク・スクンビット)... 京都(祇園):祇をん う桶や「... >>