タイ(バンコク・スクンビット):ターミナル21「ピア21フードターミナル」

b0089578_11405480.jpg
タイ旅行記その9、王宮付近からチャイナタウンにかけて迷子に近い状態から、タクシーでホテルまで送ってもらいふりだしに戻る。
お昼は軽く麺1杯だけではとても足りない、とホテル近くの大型ショッピングセンター「ターミナル21」へ。

空港のターミナルをイメージした9階立てのショッピングセンターと20階のサービスアパートメントから構成されており、
各フロアに東京、パリ、ローマ、イスタンブール、サンフランシスコなどの名前が付けられ、ファッションやレストラン街、スーパー、映画館、ジムなどあらゆる面で充実されたエンターメント性が高い建物です。

フードコートと聞くと何となく味も雰囲気もチープで大衆的なイメージがあるけど、ここは2011年10月にオープンしたこともあり、綺麗で衛生的、さらにお店も多くて値段も良心的。
現地の食堂的な雰囲気は味わえないけど、変な屋台でイマイチ&ややぼったくり値段に引っ掛かることを思ったら、一度行っておいても損はないかも。
b0089578_11412566.jpg
約30店もの店舗はタイ料理中心で、中華やジュース・アイスのお店など種類が豊富、かなりお昼時間を過ぎていたのにまだまだ行列の出来ている店があったりと地元タイ人にも観光客にも人気のフードコート。

お互いに食べたいものが違うので、分かれて購入してからテーブルに集合しようということになった。
ちなみに支払いは「フードターミナルカード」というプリペイド式のカードをクーポンブースで貰って課金し、そのカードで支払う。
カードの金額の残りはまたブースに行けば返金してもらえる仕組み。
b0089578_11413242.jpg
デザインがすっきりしていて綺麗でまるで日本にいるのと同じ感覚、しかもタイ料理ばかりなんて・・・ドラえもんの扉が今すぐ今でも欲しいっ
新鮮なフルーツジュースを販売しているお店、こちらも飲みタイ!←すでに単独行動
b0089578_11413707.jpg
マンゴー、バナナ、ベリー、ミックスベリー、オーダーしてからミキサーに入れてガーッと作ってくれます。
b0089578_11414789.jpg
・カオマンガイ(蒸し鶏ごはん)

夫が頼んだのはこちら蒸し鶏ごはん、鶏のゆで汁の出汁がしっかりしみていて普通に美味しい。
鶏肉も柔らかくて結構量があり、タレはちょっと味噌のような旨味のある濃いタレでニンニクがガッツリ効いている。
b0089578_11415228.jpg
・レッドカレーとムーパロー(豚肉の香味煮込み)
あれだけ野菜たっぷりのブースを眺めつつも肉肉しいメニュー、そういえばカレー食べてなかったから。
カレーはやや辛めでココナッツミルクの風味が効いている。
豚肉は八角とシナモンの香りがふわっとしてトロトロに煮込まれていてうまーい。
さらにその上からレッドカレーをかけるんだから、どんだけ濃い味なのか!でも混ざるとこれもうまっ!

b0089578_11415701.jpg
・ベリーミックスジュース
先ほどのジュース屋さんで苺とブルーベリー、ラズベリーのミックス、少し飲んだ後だがかなり量がある。

タイに行く前に空港職員用の食堂も推薦されたけど、多分営業していない時間帯に帰国するのでニュアンス的には違うけど大勢で食べる・安い・美味いという意味では来れてよかった。

この後はこの建物自体を見回ることになるのだが、こういう時って必ず2人で仲良く一緒に見回るってことが自信を持ってないと言える。
お互いが見たい物を各自見て回るので(特に夫がそう)、今回も待ち合わせ時間と場所を決めた後、建物の中を生き別れた2人。
一応海外なんだけどね・・・まぁ建物の中をうろつき回るだけだから安全かな。

日差しと気温が高い外回りをしたので汗をかき、カットソーがベタベタで気持ち悪い。
各階フロアは数え切れないほどショップがあるけどそんなに見回れない・・・で結局、H&Mのカットソーのセール品をゲット、後からホテルで着替えよう。

男性にとっては女性物のショップが多くて退屈だったらしく、予定時間よりも早々と電話がかかってきた、私は地下のスーパーを物色しつつだったのに・・・。
翌日は絶対にスーパーに行って御土産や食材を買い込むっと決意、これ絶対。


つづく

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-03-06 06:12 | タイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/22186430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 京都(祇園):祇をん う桶や「... 金沢(深谷):深谷温泉・元湯石... >>