金沢(片町):tawara(たわら)フレンチ

b0089578_14234026.jpg
1年で一番我が侭を言ってもよい日だと勝手に勘違いしているマイバースディ、外でも内でも祝う所存。
お外は前々から行きたかったフレンチのtawaraさんでのお祝い。
京都祇園「おくむら」やフランスで修行した経験を持つ俵さん、お店ももう一周年ですっかりこの界隈の人気店です。

長町は武家屋敷を流れる大野庄用水に沿った場所にあり、ロケーションは和の雰囲気も漂うフランス懐石にぴったり!
お店の内装も和モダンと北欧を掛け合わせたような落ち着いた空間で、入店するなり「自分の家もこんなんだったらなぁ~」と何度もため息、そこで「その前に家の片付けが先だろ!」と夫に突っ込まれるのは馬耳東風。

コースは月替わりで毎月2日からがその月のメニュー、ランチもディナーも1コースのみ。
乾杯はスパークリングのグラス、クレマン・ド・ブルゴーニュ
b0089578_14234839.jpg
・甘海老とパプリカのスープ

クリーミーでポタージュのようなパプリカの甘みを感じるスープは、食べてると甘海老が出てきます。
そして濃厚な味わいのインカのめざめのピュレ。
b0089578_14241954.jpg
・蟹サラダ

その名の通り蟹身を細かく崩して和えてあります、四角いのはコールラビ。
キャベツに似ていて蕪のような茎を持つキャベツカブ、うちでもよくサラダやお味噌汁などに入れたりしています。
周りはベビーリーフにディルで香りを添えて。
b0089578_14243345.jpg
今回は全てグラスワインを次々と変えて飲みました、2人とも以外と強くはない、弱くもないが。
リースリング・ロシュタイン2011、ブルゴーニュ・ピノ・ノワール・ロシニョールトラベ・・・一番気に入ったのが、このル・カノン・ロゼ、すーーっと喉の奥に自然に流れていく・・・正に葡萄を飲むと言った自然派ワイン、軽い微発砲を感じます。
b0089578_14244769.jpg
・鯛の昆布締めのサラダ

鯛の切り身に昆布の旨味、和出汁に柚子をプラスした柚子ドレッシングで爽やかに。
赤かぶと紅心大根でまるで和食の境界線にいる1品。
b0089578_15124942.jpg
・白子のソテー

この季節ならではの食材、鱈の白子!こんがりトロッと、2日前に白子周遊巡りツアーをしてきたのに飽きませぬ。
野菜は白菜、モロッコインゲン、青海苔、おたふく春菊が白子を囲みます、こちらもやさしくとろろん。
b0089578_14245553.jpg
・牡蠣のグラタン

牡蠣のグラタンと聞いて牡蠣がごろんっと入ってると思いきや、中は舞茸・・?
実はソースに牡蠣が使われているそうで、旨味のエキスが抽出されてコクがあって美味しい。
ソースはレタスを混ぜて生臭さを消しているそうです。
b0089578_14250892.jpg
・ホタテのソテー

何品出てくるのか知らなかったので、次がメインディッシュと心構えていたら嬉しい誤算。
ホタテの貝柱と雲丹にチリチリに揚げられたジャガイモ、海の幸のうまみのウェーヴ!
周りは葱のピューレにエシャロットのソース。
b0089578_14252451.jpg
・フォアグラのソテー

片面がカリカリに焼かれたフォアグラが香ばしく中は柔らかくと焼き加減が絶妙、カリフラワーのピュレと。
さらにオレンジのコンフィチュールをのせるとフルーティーな甘味が相性抜群、横にコロンと転がるのはブロッコリーロマネスコ。
b0089578_14253086.jpg
・牛肉イチボ肉のステーキ

和牛の一頭から2キロしか取れない貴重な部位、割とさっぱりしてるのに肉の甘みもあって柔らかいです。
横にはほりかわ牛蒡、里芋、金時人参、きくいものピューレ。
ソースに添えられてる粒は生のブラックペッパーの塩漬けで山椒のようなピリッと感がアクセント。
b0089578_14254054.jpg
・甘鯛とみぶなのリゾット

京都の伝統野菜のみぶなと甘鯛のリゾット、お米の粒々感を楽しみながらあっさりと和の様な優しいリゾット。
b0089578_14254644.jpg
ワインが残っていたのでチーズを追加、ここの器はどれも素敵でお店にしっくり溶け込んでいる。
b0089578_14255203.jpg
・ココナッツのフィナンシェ・アールグレイのアイス、金柑のソースにピスタチオのクラッシュ
b0089578_14255839.jpg
コーヒータイムにはカヌレが添えてありました、仔犬印のステンレスティーポットがかわゆい。
フランス地方菓子でもあるカヌレ、俵さんはまさにカヌレが作られていた地方で修行していたそうで、そりゃカヌレも美味しいわ。表面はカリカリで香ばしく中はしっとり柔らかく。
b0089578_14260443.jpg
誕生日ということでサプライズケーキが!誕生日だけど想定外!ハッピーバースディの文字が苺に立てられてオシャレ~。


1皿分は少量でも品数が多い懐石料理の様、ワインもお料理もゆっくりと頂きお腹は満腹に。
静かに話される俵さんの人柄が優しいお料理と通じて、金沢ー京都ーフランスの季節感溢れる柔らかい融合を体験しました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-01-31 06:03 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/21911277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fujimac at 2014-02-01 13:19 x
tawaraさん、私もランチで1度伺いました。
インテリアや器が洗練されていて素敵過ぎ・・・
超人気店だし、予約取るの大変でしたよ〜
ディナーも是非体験してみたいです!
Commented by sukatan_queen55 at 2014-02-05 12:51
●fujimacさん
お料理、丁寧で繊細なんですよね~ディナーは品数も多いのでなかなかの満足感。
お店の造りから器まであちこちに拘りが見て取れて素敵です。
ん~やはりこんな部屋に住みたい・・・現実を見て自分の家を片付けねば・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< タイ(バンコク・スクンビット)... 小松→成田→タイ(バンコク) ... >>