金沢(富樫):パン屋たねさんで「パンとチーズとワインの会」

b0089578_14100854.jpg
泉が丘高校近辺のパン屋たねさんでは、定期的に「パンとチーズとワインの会」を開催しています。
今回は1月18日(土)に、2001年からニュージーランドでワインを作っている楠田浩之さんのワイン「KUSUDA WINE」をテーマにした会に参加してきました。

大手メーカーに勤めていた楠田さん、ドイツで醸造学を学んだ後に2001年からニュージーランドでワイン造りを始め「KUSUDA WINE」を設立。
今ではニュージーランドでトップの評価を得てイギリスでも人気で入手困難になりつつあるワインなのだとか。

もうちょっと早くアップするつもりが、ワインリストを記した紙が旅に出ていてしまい・・・ようやく発見。
そもそも、この日は夫が飲み会で自分は予定が何もなく、1人飲みに街でも繰り出そうかな~と思っていた。

前日にたねさんのお店のFacebookページに、パン・チー・ワインの会の空きが出たとのお知らせを発見。
これはっ!!と即効で連絡して予約を取り付ける自分、前から参加してみたかったのだ。

会場はたねさん店内のいつものパンを置くスペースに長テーブルが設置してあり、参加者は合計8人。
お先に入店しておられた初対面の方と言葉を交わしながら参加者を待つ。
予想はしていたが見知った知人が何人か参加していて、それだけでホッと気が抜ける。
b0089578_14091549.jpg
・自家製テリーヌ

レバーの風味がぎゅっと詰まったテリーヌ、夜20時開催の空っぽの胃袋にしんしんと溶けていく。
ワインリストの種類が結構多い・・うーん、弱くもないが酒豪でもないので最後まで正気を保っていられるだろうか、
身体は多分平気だと思うが舌が心配。
b0089578_14094814.jpg
・NV カヴァ フレシネ コルドン・ネグロ・ブリュット マグナム(スペイン)シャルドネ

スペインのカヴァの輸出量75%を占めるというフレシネ、お値段が手ごろな割に美味しいというコスパが高いと評判。
レモンピールが感じられる透明感のある華やかな風味、と書かれているけど・・さて、ワインド素人がゆく。

味はすっきりさっぱりなテイストの辛口スパークリング、クセがないので飲みやすそう。
しかし、これサイズがマグナムなのでなかなか無くならない・・・というか、端っこにいた豪快なおじさまが飲め飲めと2杯目を注いできた。
最初からこんなに飛ばして大丈夫か!?
b0089578_14093984.jpg
・手打ちタリアテッレとミラノサラミ

やや塩分控えめなタリアテッレとそれを補うようなミラノサラミのコンビ。
b0089578_14120668.jpg
・アルサス リースリング ツェレンベルグ 2009

マルク・テンペが生産するビオワイン、香りは完熟したレモン・パッションフルーツと書いてありました。
やさしくてフルーティーな味わい、辛口です。
b0089578_14123597.jpg
パン屋たねさんなのでパンも忘れちゃいけません、ナッツとドライフルーツが入ったパン。
後は多分カレンズ(小粒のレーズン)が入ったパンやライ麦パンとか、ワインに合います。
b0089578_14122173.jpg
・2012 クスダ リースリング(ニュージーランド・マーティンボロー)リースリング

クスダさんのリースリングって大人気なんだそうですね、香りがよくてフルーティーで美味しい、細かいことまではよく分からないけど、調べてみた説明以下↓
花やライムなどの柑橘系の香りにキレのある酸と甘味。
b0089578_14124310.jpg
・チーズ

(青カビ)エーデルピルツ・ケーゼ(ドイツ)
(ウォッシュ)モン・ドール(フランス・フランシュ=コンテ)
(ウォッシュ)スーマントラン(フランス・ブルゴーニュ)
(ウォッシュ)ラミ・デェ・シャンベルダン(フランス・ブルゴーニュ)
(ハード)ボーフォール・ダルパージュ(フランス・サヴォリ)

パンとワイン、そしてチーズの会なので満を持してチーズの登場!
ウォッシュ、ウォッシュ、ウォッシュ・・いかりや長介の挨拶のようにウォッシュ続き
こ、こんなにチーズいただけるのですか~大盤振る舞いに大喜び♪←どれだけ食べる気なのか
b0089578_14131156.jpg
1人皿チーズ盛り合わせに気持ちも小躍り、昔は山葵と並んで苦手だったブルーチーズ、今は食べれますが、やはりこの中だと自分の中の人気は後回しになっちゃうな。
好きだったのはスーマントラン、やや塩気がある外側に比べて中はとろんと穏やか。
ハード系のもミルクの旨味があって美味しい、あーチーズうまっ、ビバ発酵!
b0089578_14130579.jpg
・2011 クスダ ピノ・ノワール(ニュージーランド・マーティンボロー)ピノ・ノワール

この辺からじょじょに怪しくなってきた酔っ払い模様、チーズやパスタは食べているがそれよりもワインの浸透率が高い様な気がする・・・果実的でやわらかい感じでスパイシーでもありました。

・2011 ルイ・ジャド・ブルゴーニュ パス・トゥ・グラン(フランス・ブルゴーニュ)ピノ・ノワール

パス・トゥ・グランとはピノ・ノワール1/3以上、ガメイ2/3以下えのブレンドが許されるワイン。
これはあまり記憶がないけど・・というか酔っているのでそんなに頂かなかったかもしれない、記述によるとピノノワールの繊細さとガメイの果実さを味わえるそうで・・・ふーっやばいわぁ・・・

少し休憩がてらにおトイレに行くと、戸口前で知り合いがぐったり~した状態。
「だ、大丈夫!?」 ね、寝たら死ぬぞ!!!←外じゃないけど
「う、うーー・・・ん」となんとも朦朧な様子、明日(数十分後)はわが身かっ
b0089578_14132116.jpg
・2011 クスダ シラー(ニュージーランド・マーティンボロー)シラー

ちょっと復活してラストのシラー、一番深みがあってスパイシーでタンニンを感じます。
その間にタクシーが呼ばれて知り合いはシラ~っと(しなぁ~)帰宅の途に・・・。
確かにワインお代わりを入れると6、7杯は飲んでいるから、結構強くないと無理なのかも。
でも、他の知り合いはシラーッとした顔していましたが、シラーだけに。
b0089578_14133077.jpg
・季節のデセール&コーヒー

パイ生地がサクサクッ、中は自家製のカスタードクリーム。

強くもない自分の身体に鞭打ちながらだったが、貴重なワインとチーズを味わえてまた1つ勉強になりました、機会があればまた参加したいです!

で、その足で酔っ払いはガレタッソに向い、あさってバースデーだ~と泡物を注文したけど
途中でギブアップしてしまう波乱。
↑単に自分に限界が来たと分かっただけで帰宅を決意しただけ、倒れてはいない

やっと自分の臨海地点が分かってきた気がします、この年で。
はるか昔、20代前半は酔っ払って醜態を晒すことが幾度か、
その後成長して死体は仲間の前に晒さないエレファントクラブだったわけですが、今は死体にもならない・・やるなら帰宅後。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-02-27 06:22 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/21911209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chidoriashi55 at 2014-03-03 05:01
なんて素晴らしいワイン会!
ワインのラインナップもステキですが、なんたってチーズぅぅ♪
お一人様これだけのボリュームが頂けるなんて
羨ましすぎです!
ウォッシュ大好きなんで、トロトロ具合を見てるだけでもう・・・(笑)
スンマートランは初めて見たのですが、メモしておかねば!
Commented by sukatan_queen55 at 2014-03-03 12:49
● chidoriashi55さん
私もチーズ大好きなんですが、スーパーだと種類が限られてしまうし
デパ地下でも似たような種類ばかり買ってしまうので、
このワイン会ではお初のものが多くて興味深かったです。
もちろん量も多めで大満足っ!ワインは許容量を越えてしまって最後の方はやばかったです(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(進和町):華林楼(上海料理) タイ(バンコク・王宮寺院地区)... >>