金沢(片町):鮨処あいじ(寿し)

b0089578_15534732.jpg
イベントや年末の大掃除などやることてんこ盛りの12月。
ジムもあまり行けてなにので、体重もじわりじわりと元の体重に近づいています。

この記事は11月、結婚式二次会でお世話になった鮨処 あいじさん、
お礼もかねてお寿司を食べに行ってきました!1年ぶりくらいかな。

通常のネタケースは外された白木のカウンターが広々とした明るいお店です。
流れはつまみから握りまでお任せにしてもらいました。

・香箱がに

うちめし記事で香箱アップはしているが、それより前にこちらが今年初の地元香箱蟹。
なので余計に感動が~家で自分で適当にさばくのとお店で綺麗に詰まれているのとは訳が違う、土佐酢ジュレの出汁の旨みをふるふる浸透させながら、じわじわ味わう。
b0089578_15540264.jpg
イカのお刺身を摘みながら~の間に鍋の支度も準備完了。
お刺身としてそのまま食べてもよし、出汁の入った鍋にくぐらせてしゃぶしゃぶしてもよし。
b0089578_15541388.jpg
・白子
身が固くなりすぎる前にしゃぶっと少しだけくぐらせた白子、十分に熟されていて
口の中でとろけるようにねっとり濃厚さが伝わってくる、ポン酢でキリッと。
b0089578_15541752.jpg
・きじはた、地あら

きじはたは別名「あこう」、どちらも身がしまっていて適度な脂がのってます。
さっと出汁にくぐらせてポン酢で食べると食感があってまろやかで美味しいですね。
b0089578_15542129.jpg
・ぶり

どぉーん、と堪能出来る量で出てきた脂ののった鰤、
やはり北陸人に鰤は見慣れているとはいっても飽きない鰤、大好物。
b0089578_15542878.jpg
・香箱の蒸し寿し

上にのっているのは大葉のベビーリーフ、普通の大葉ほど固くないので
散らせて飾りにするのに最適ですね、香りも赤ちゃんなのかきつくはないので、
蟹の風味にさわやかなアクセントをもたらせてくれる。
蒸し寿しには餡がかかっててあつあつをいただきます。
b0089578_15543207.jpg
・ぼたん海老

ここから握りに移行、あいじさんのお寿司は最初から味が付いているので、
醤油に付ける必要はありません、ボタン海老まったり。向こう側は野菜のピクルス。
b0089578_15543660.jpg
・かつお
脂をたっぷりかかえたかつお、私は山葵が苦手なのでALLさび抜き・・でも職人さんはもう山葵を加えるのがクセになっているんですよね、何度も迷惑おかけしてすみませんっ
b0089578_15544137.jpg
・甘鯛
b0089578_15544517.jpg
・とろ

千葉で337キロのマグロがあがったとか何とか~そのマグロからのお便り。
しばらくトロを食べてなかったな~うまっ
b0089578_15545008.jpg
・こはだ

こはだを食べた回数は少ない方なのですが、どちらかというとさっぱりとしたイメージ。
こちらは厚みが適度にあって脂がのって旨みがあって美味しかったです。
b0089578_15545565.jpg
・うに

たっぷりとのった雲丹、とろんととろける甘味♪
b0089578_15550034.jpg
・きんき
炙ってあるせいかほどよく香ばしい、脂ものっていましたがしつこくないです。
b0089578_15551750.jpg
・穴子
ふっくらと柔らかい穴子
b0089578_15550361.jpg
海苔がたっぷりのお汁で〆っ

結構遅い時間から予約したので、お客さんは殆ど終わりがけの1組と私たちだけ。
ゆ~っくりと時間をかけつつお寿司を堪能しました。
途中で常連の市場の人がお客に加わったのですが、共通の知人がいたことで一緒になって話しが盛り上がり!こんな出会いも楽しいっ

ご主人の対応も気さくで丁寧だし、CPが高いのでも評判のお店です。
久しぶりの廻らないお鮨で表面的には静御前でも内心はテンション上がりまくりでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-12-23 17:43 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/21627044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 八百屋のうちごはん(その4) 金沢(堀川町・金沢駅近辺):麺... >>