金沢(兼六元町):手打ちそば・徳川(蕎麦)

b0089578_15512007.jpg
また週末が来てしまった・・・最近休みの日の前日になるとそればかり。
やることが色々あるのに平日では追いつかず休日に回されること多々あり、
しかし2人で行動できるのは日曜の午後だけに出来ることは少しだけ。

そんな曖昧な愚痴を3行ほど書いてみたけど、とりあえず記事は休日ランチ。
ご近所さん徒歩圏内だけど、行ったことがなかった手打ちそば・徳川

住宅地内のど真ん中、私は町内地図が頭にあるので分かるけど、
初めての人に説明するには難しい場所、でも近くに駐車場もあるので便利です。

一般の民家を改装した様なお店は1階に畳と囲炉裏のある部屋があり、
他のお客さんと囲炉裏を囲んで落ち着いた静かな雰囲気でお蕎麦がいただける。
b0089578_15513048.jpg
この時のお昼のランチメニューは3種類あって、

A:おろしそば・炊き込みご飯・小鉢・香の物・手作りデザート:1000円
B:もりそば・炊き込みご飯・小鉢・香の物・手作りデザート:1100円
C:おろしそば(きのこ)・炊き込みご飯・小鉢・香の物・手作りデザート:1200円

味付けはしお・しょうゆの2種類、
炊き込みご飯は桜海老と生姜、茸の炊き込みご飯の2種類、
デザートはコーヒーゼリー、寒天、杏仁豆腐など数種類あったかな。

私が食べたのはもりそば、平たくて太麺の田舎そば、コシがあって美味しいです。
選んだのはしょうゆだれ、つけだれは醤油味が強くて甘みはあまりない方。

小鉢は冬瓜、シイタケ、にんじん、ベロベロ・・・お蕎麦屋さんでベロベロを見ようとは。
醤油味の出し汁に卵を溶きいれて寒天で固めた金沢の郷土料理。
よく家のお節に入っていたな~うちはちょっぴり甘めの味付けだった。
こちらの煮物は薄味だったけどちゃんと味は染みていました。

炊き込みご飯は海老の香ばしさと生姜の香りが爽やかでいい、これ家でもやろう。
コーヒーゼリーはしっかり固め。
お蕎麦と小鉢の他に炊き込みご飯もあるので結構お腹膨れます。
b0089578_15514012.jpg
相手が食べていたのが、おろしそば(しょうゆ)
こんもりと大根おろしがのっかっており、まさに福井の越前そば。

後から聞くとしおだれとおろしそばが人気なのだそうで、何にも知識なく行ったので私どちらも食べていないーーまた行けばいいのだが。
お腹も膨れたしリーズナブルといえます、座席が少ないので予約したほうがよさそう。

BOW隊長情報だとデザートは梅のアレ(あれやで、あれ・・って寒天?)がおススメだとか。
ご飯ものは他に見かけたのはいなりずしと牛丼も見たことがあるとか。

なぬー牛丼!!食いたいっ肉星人の血が騒ぐ。
それでも1回しか見かけたことがないというから幻の牛丼なのかも・・・。
蕎麦より牛丼なのかっ!いえ、あくまでも蕎麦あってのご飯ものです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-12-01 23:57 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/21558137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ミッシェル at 2013-12-02 23:46 x
べろべろ〜 懐かしい!! 富山にもあるよー
うちの御節にも入ってたし、地元のスーパーで普段でも売られてるので 時々買ってたよ。
あー 食べたくなった!
Commented by 委員長 at 2013-12-02 23:57 x
お店ができた当初はおろしそば430円というイッツ・ア・ミラクルなお値段でしたが、最近はやっと値段相応になった気がします。
長い間お休みの期間があって、もう幻の味と諦めかけていたころに再開した時は、店主を抱きしめたくなるほど嬉しかったものです。
Commented by sukatan_queen55 at 2013-12-03 12:51
●ミッシェルさん
べろべろ、別名はえびすだったかな、富山にもあるんだ。
うちではお正月にしか出てこない代物だと思っていたので、懐かしくいただきましたよ。
Commented by sukatan_queen55 at 2013-12-03 12:52
●委員長さま
派手ではないけれどコンスタントに人気を保っているお蕎麦屋さんですね
私たちの他にも次々お客様が来店していました。
オープン当初はそんなにリーズナブルだったのですね、今でも適正なお値段だと思いますよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(本町):アニバーサリーレ... ウエディングロード(その2) >>