フジロックフェスティバル13(その8)

b0089578_1624437.jpg
フジロックの続きです、これを先に終わらせねば・・・もう少しお付き合いください。

午前中からライブも聴かずに河原でまったりくつろぎ、各ブースの屋台を吟味しながら
会場を練り歩いて散策する私、3回目の余裕なのか。

アバロンフィールドの一番中心地にある朝霧食堂。
ぐるぐるウインナーや牛乳、富士宮焼きそばと食欲を刺激される物がいっぱい。
他にもエスニック系など色んなお店があって、オアシスだけに留まっているのは勿体無い。
b0089578_1625747.jpg
ホワイトステージに戻ってきて後方からボサーーッとライブを鑑賞。
多分、PORTUGAL. THE MAN(ポルトガルザマン)、ポルトガル出身かと思いきやアラスカ出身のサイケデリクバンドだそう、へヴィなギターサウンドが耳に届いてくる。

ライブを何気なく聴いている時点より、後になってyoutubeで復習すると急にファンになるアーティストも少なくない。ブロンド・レッドヘッド (Blonde Redhead) はそんなバンドの1つだったな。

後姿だがメッシもライブを鑑賞中、じゃあそろそろメッシーにするか!←何度目?
b0089578_1631474.jpg
リターンズ!ところ天国、前から狙っていた「天国バーガー」へは長い地獄の行列。

視界に入る「パチパチパンケーキ」が気になる、アニマル、島木譲二。
胸を叩いてパチパチパンケーキください!とやってみたい(by よしもと)
b0089578_1631761.jpg
天国バーガー
和牛:豚=8:2の肉100%使用の天国バーガーはかなりのボリューム。
ちょっと豚を入れてるところがミソらしく、ジューシーに仕上がっていて美味しい。
鉄板で一斉に大量のパテを焼いている風景も山中ならでは、煙も気にしない!
b0089578_1641995.jpg
雨も上がって日差しが照りつける中でのグリーンステージ後方。
ウィルコ・ジョンソンを聴きながら休憩しながら・・・後で読んだけれどウィルコ・ジョンソンって今年すい臓がんの告知受けてるんだ、治療も施してないとか。
現在10月は余命わずかながらレコーディングに参加しているそうで、最後のフジロックライブだったのですね。

何かを覆って重石にしている椅子に急遽座りながら、今更ながら折りたたみ椅子が欲しい~と思い始める。
雨が降ったり止んだりした地面は濡れてるので座れないし、
前日の数時間のライブ立ちっぱで腰痛になったので、今夜はもっと過酷なことから折りたたみ椅子を購入決意!
b0089578_1642386.jpg
午前中の雨は何?と思い返したくなるほど、急激な暑さに見舞われる・・ここはオアシス。
RISING SUNのブースにあった冷たそうな「いちごけずり」、考えることは皆同じで大行列。

凍ったイチゴを削って、その上に練乳と牛乳のホイップがのっかっているのだが、
イチゴのシャクシャクっとした食感と冷たさにホイップのふわっとした甘さが天国ぅーーっ!

時間は3時過ぎであろうか、トイレが気になるライブ頃。
ライブが終了する真夜中まではこれ以上、口にしまい!と心に誓ったのであった。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-10-23 01:10 | 新潟 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/21240412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(進和町):上海料理・華林... 石川(野々市市):イルガッビア... >>