金沢(松村):上海小籠湯包(ショウロンタンパオ)

b0089578_16552193.jpg
まだ後少し続きます独身時代の記事、こちらは9月。
台湾に行く前も行った後も時々食べたい発作に教われる小籠湯。
松村に気軽に小籠湯が食べれるお店に再訪、上海小籠湯包(ショウロンタンパオ)

上海小籠湯包
お店の前と道路を挟んで駐車場があり、入り口の窓から中国人の職人さんが黙々と小籠湯を作っている姿が見える。平日の夜、満席ではないもののお客さんチラホラ入ってます。
まずは、店名になっているほどの小籠湯、お店の看板を注文。

以前、六本木ヒルズの小籠湯のお店で食べた時、スープが熱々過ぎて火傷しそうだったので戦々恐々。蓮華にのせてお箸で突いて出てきたスープを飲むと、熱いけど熱すぎることはなく安心して食べられた、中々ジューシーな肉汁の味。
針生姜と一緒に口に入れるとさっぱりとして美味しい。
b0089578_16554141.jpg
ほうれん草練り蒸し餃子

ほうれん草は濃厚という訳ではないけど、蒸し餃子として餡がぎゅっと詰まっており、ここのお店で一番印象に残ってるのはやはり点心かな。
他にも幾つか餃子メニューがあり、そちら責めでもいいかもしれない。
b0089578_16555019.jpg
酸辣湯(サンラータン)
麺は入らないスープのみ、酸っぱ辛い酢の酸味と唐辛子の辛さ。
結構、2人だと量が多いのでお腹が膨れてくるかも。
b0089578_16564112.jpg
大根餅
割としんなりした柔らかめな大根餅。
b0089578_1657012.jpg
鶏肉のから揚げ
下にはドサッとキャベツが盛られていてこちらも結構量多いね、がんこに揚げられていた感じだったかな。
b0089578_16563486.jpg
揚げパン(メープルシロップがけ)
彼氏が所望して注文、揚げパンって別の物を想像していたら、本当にパンを切って揚げてあるのでちょっと受けた。えぇ、これが揚げパンですよ、何かと威勢堂々。
でも、カリカリに揚げられた揚げパンは粉砂糖がかけられ、メープルシロップをかけると香ばしくて意外に美味しい。スイーツの領域ですね。
b0089578_16564982.jpg
海老チリ
1品料理は600~980円のものが多くてリーズナブルな方だと思う。
メニュー数も豊富だけど2人だと量が多いので中々選びきれずに終わったので、
団体だと色々頼めていいのかもな。
と、中華ではごく当たり前の意見を述べてみたりする。
b0089578_16571916.jpg
カニ入り炒飯
普通のチャーハン、スープが大きめ。
この近辺じゃ本格的メニューが揃う中華はあまり見ないので貴重な存在だと思う。
小籠湯を食べて再び台湾に行きたくなった復習のお店、上海の有名な小籠湯のお店もっと、いつか旅行する夢見ながら。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-11-12 06:17 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/21211544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 八百屋のうちごはん(その2) ウエディングロード(その1) >>