フジロックフェスティバル '13 (その6)

b0089578_155387.jpg
わ、忘れてません・・なフジロック記事の続き、2日目。

越後湯沢駅近辺の旅館で起床、やはり現地だと早朝に金沢を出発するより早く行動できる。
お1人様雑魚寝ツアー、1日目は4人部屋に見ず知らずの3人が雑魚寝。

そんなに早い時刻に起きたわけじゃないが、後の2人はピクリとも動かず爆睡状態。
もしかしたらもう帰るのかも、と考えつつ・・勝手にクーラーを付けて用意をし始める。
2日目のメインステージがキュアーなので、昨日買ったキュアーTシャツを身に着けて準備万端!

旅館を出発して駅のすぐ傍にあるコンビニは一目でフジロック目当てな奴らの溜まり場。
朝の日課として野菜ジュースを飲むのが欠かせない私は、まず野菜ジュースを手に取る。

その後、ウーロン茶のミニサイズでも買っとこかな・・と店内をふらついていると、
男の人が私のTシャツをチラ見した後「・・・キュアー」と呟く。

ここで同じTシャツを着ている人なら満面の笑顔を称えつつ直角に親指を立て、
グッ!!とバカ同盟やってもいいんだけど、どうもファンでも何でもないらしいのでスルーッと。

思わず呟きが漏れるTシャツを着る女、他にも会場で同じTシャツ着用している人を見かけたが、いずれも女性ばかり、しかも妙齢な女子が多かったような気がする。

出発するのが早ければバスの待ち時間も短い、山道移動40分は変わらねど、
10時前には会場に到着!そしてリストバンド交換の列も短くスムーズ。
b0089578_152323.jpg
着いた途端にライブ!ではなく、腹ごしらえのため「ワールドレストラン」へ直行。
こいつ、ライブより屋台目当てなのかと、疑惑の目で見られてもおかしくはないが、
私、やるときはやります(意味不明)、とりあえず朝ごはんタイム。
b0089578_1555457.jpg
オアシスエリアの膨大な屋台群を眺めるより、限定されたお店のエリアの方が迷うことなく選びやすい。
朝からスペインのパエリア、ブラジル料理は胃袋に激重なローパンチをくらいそうだな・・・
b0089578_1574750.jpg
本場の!フランス料理の看板が心の隙間に入りこんできた、本場の!だけど私が気になるのは軽めなサイドメニュー、本場の!がおすすめだろうが、今は朝食向きなのを選ぼう。
b0089578_1594233.jpg
ブロッコリーのキッシュとお隣のブラジル料理のお店からカイピリーニャ。
昨日は同じ店でピンクモヒートを注文したのだが、カイピリーニャはサトウキビの蒸留酒カシャッサをベースにライムジュースと砂糖を砕いた氷で作るブラジル伝統のカクテル。
口当たりの良さはモヒート同様、爽やかで飲みやすい。
b0089578_15103756.jpg
合い席の方は森の妖精的な花冠をあしらった外人さん、ラブリー。
しかし、いつ雨が降ってもおかしくない会場を予想して、長靴・ポンチョ・水滴はじくパンツの三種の神器をそろえた山ガールの格好をした私を含めて大勢の山ガール・ボーイ中でのメルヘン。

その気にしない潔さが羨ましい、雨が降ったらメアリーポピンズの様にどこかに飛び立ってしまいそうな・・・ってメルヘンな妄想を抱いたが、その後やっぱり雨は降ったので彼女がどうなったのかは知らず。
b0089578_15104843.jpg
一端メルヘンは切り離してカイピリーニャを呑んだら勢いがついてきたのか、
ここでやめておけばいいのに勝手に体がエチオピア料理クイーンシーバの方へ。
b0089578_15111493.jpg
エチオピア・プレート
辛口のチキンが入った煮込み(アフリカ風カレー?)とほうれん草とニンジン
カレーに対してご飯の量がやや多いかな、結局、朝カレーおつカレーしちまった。
b0089578_15114734.jpg
ライブの音源をBGMにカレーを食べながらまったりのんびり~な午前中。

ハッ!フェス記事なのに、いつもの食べ物記事と変わらない件
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-09-26 06:12 | 新潟 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/21079184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(東山):東山ロベールデュ... 金沢(金沢駅西口):VINI ... >>