京都(左京区丸太町):楽膳柿沼 (らくぜんかきぬま)割烹・小料理

b0089578_16474441.jpg
夜ごはんは急遽本屋で立ち読みした雑誌からの予約、京都で和食。
丸太町の大通りに面した割烹・小料理の楽膳柿沼
雑誌によるとお魚が美味しく、和食に合わせた洋食器使いも素敵なお店とある。

格子戸の向こうに広がる町屋空間が落ち着いていて良さ気な感じ。
カウンター席、テーブル席のほかに2階にも席がある。
おまかせコースは5500、7500、10000円だが、好みをチョイスしたいのでアラカルトに。
b0089578_164869.jpg
先附
店名が入った器の蓋を開くと、食欲を増進する肴が盛りだくさん。
くみ上げ豆腐、合鴨ロース、あん肝、ちりめん山椒、南蛮漬け、からすみ、etc...
熱燗もいいけどワイングラスがメニューにあったので、そちらを選択。
b0089578_16482414.jpg
五目あん、湯葉お造り、だし巻き玉子
京都らしく湯葉のお造り、ケーキ類が続いていたのであっさりした物が食べたかった。
といいつつ、出汁巻き玉子は自動的にオーダーしてしまう玉子好き。
徒歩で向かっていたので体が温まる五目あんの中身・・・失念。
湯葉のから揚げじゃなかったかな、湯葉ばっかり注文と言ってた気がする。
b0089578_16484439.jpg
野菜天ぷら盛り合わせ
お皿でまとめて盛り合わせが出されると思ったら、1品づつ揚げたてをいただけた。
2月だったのだけど、うるいなど山菜入りで春の訪れを感じたわ~
b0089578_1649178.jpg
京都牛:みすじ
ここの主なるメニューをしめているのは、炭火焼、お造り、釜めしなど。
中でも炭火焼は京都牛、地鶏、魚介類、野菜と各種揃っており、一番目立つかな。
今回は京都牛のみすじ(ロースもあり)←肉星人
肩肉の端に位置するみすじ、後キノコと共にお塩でいただきました。
赤身なのにサシが入って程よく濃厚でうまかっちゃーん!
b0089578_16493363.jpg
蛸の釜めし
釜めしは鯛、あさり、タコ、地鶏、かき、釜揚げしらす、松茸とこれもどれにしようか迷う。
牡蠣も迷ったが今回は蛸で攻めます、炊き立てご飯はと蛸の旨味でもりもり。

釜飯と言えば、バス旅行先での団体専用によく持ち込みされる峠の釜飯
この間、うちの台所の棚を整理していたら、峠の釜飯の器がどっちゃり!!

親がバス旅行先で食べた後の器を持ち帰っていたのか、10個ぐらい積み上げてあった。
そりゃ、陶器で捨てるには勿体無い気はする、何かに使えそうな気はする・・・
だがこれまで1度も食卓にこの器が使われた記憶もなく。

勿体無い病を併発するこの陶器の器・・・何気に魅力的で憎いッ
けど、断舎離行っているので全部処分しました。
b0089578_16491541.jpg
最後に浅利の土瓶蒸しが出され、釜飯のご飯にかけていただきます。
お出汁が利いて最後のご飯のラストスパートがすんなりさらさら食べれました。
b0089578_1649468.jpg
その後は祇園の花見小路の通りをぶらぶら散策、
ぼんやりと浮かび上がった灯りが上品で格子戸の続く家並みがとっても優雅。
今度はこの界隈でお食事したいわ、予約は前もって必須!を心に刻みながら京都を後にしました。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-05-16 06:49 | 京都 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/20445839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by y_flugels at 2013-05-21 23:44
京都牛:みすじの色・・・やばい
悶絶しそうです
Commented by sukatan_queen55 at 2013-05-24 12:59
●y_flugelsさん
みすじって希少な部位なんですよね、京都の焼肉屋でみすじ食べて悶絶した記憶ありますもん。自分が霜降りになりましたわ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(片町):京祇園 ねぎ焼 ... 京都(烏丸):ORENO PA... >>