金沢(進和町):上海料理・華林楼(中華)、4月にリニューアル!

b0089578_11161795.jpg
昔々、金沢市の進和町に「北方菜」という中華料理屋があったそうな。
そのうちお店が「華林楼」と変わり、シェフの入れ替えも何度か行われたそうな。
現在、4月にまた新しくシェフが変わってニューオープンした「上海料理・華林楼」

上海料理 華林楼進和町店
金沢市進和町49-2 オーシャンビル1F
076-291-1220
11:30~14:30、17:30~22:30
火曜日定休

シェフの高木大介さんは、東京の赤坂・新宿・青山などの名店で修行を積み、
地元に戻ってきた後も金沢の有名中華料理店で腕を磨いてきた期待の星。

実は大ちゃんとはガレタッソで知り合い、最初は席も離れていたので顔覚えからスタート、偶然お隣に座った時からコミュニケーション開始。
大抵は食べ物の話ばかりしていて大ちゃんが何者かも知らず、以前勤めていたお店に食べに行ってたことも何度か。深夜に皆で語る内にじょじょに仲間意識も生まれて応援したい気持ちもふつふつと。
恋人との馴れ初めのような展開ですが、全く違いますバージョン。

そして満を持して華林楼の名前もまるごと借り入れて自らのお店をオープン!
私たちが行ったのは4月始め、オープン2日目という、まだ落ち着かないバタバタ状態の時。
彼氏と2人でプレッシャーを与えに行ってきました!←いやな奴じゃないか
b0089578_11163359.jpg
オープン情報は大々的に宣伝しておらず、時間もやや遅めだったせいか、
お客さんは麺や定食を食べて即帰りな2人だけ、ほどなく大食い2人が残される。
メニュー表を見ながら、アレもコレも食べたいと吟味している私たちに、
点心を2人分にしてもらったり、大皿を半分の量に合わせてもらいました、有難い。
ちょっとしたおつまみは「山くらげ」、茎を食べるレタスの仲間・コリコリとした食感。
b0089578_11164963.jpg
大根もち、海老にら焼き饅頭、春巻き
まずは香港飲茶的な品を何品か、大根餅を食べるのは久しぶり、昔片町の龍龍亭で必ず食べていたな~あの時の大根餅は摩り下ろされた柔らかいイメージがあったが、こちらはシャキッとした食感で、中に混ざってるのは干し海老!?お焦げ部分が香ばしい。
ちょいピリ辛なタレには海老ミソが混ぜてあるそうな、春巻きも海老にら饅頭もGOOD。
b0089578_111769.jpg
ホタテのチリソース、鶏のから揚げ、酢豚
チリとから揚げを量を半分にしてもらった我侭部隊、酢豚は他のお客さんで作りすぎたのを味見。
エビチリじゃなくてホタテにしてみた、ホタテは新鮮でほわっと柔らかく味も濃すぎず。
b0089578_11172149.jpg
海老たま
中華の定番、かにたまもメニューにはあるが海老たまにしてみる、こちらも量半分。
海老がぷりっぷりでしたわ~ウマッ!玉子もふわふわでこれ気に入った。
b0089578_11173411.jpg
マーボー茄子
これは普通の量、何かとっても複雑な味がする中華の迷宮~これも旨いっ。
どちらかというとコクのある味なのでご飯にぶっかけて食べたくなるわ、お代わり無限大。
b0089578_11175020.jpg
五目チャーハン
やはり海鮮類はとても新鮮な様で、こちらの刻まれた海老も歯ごたえ良し。
玉子やお肉もたっぷりで味わい深い、チャーハン大好き♪
チャーハン好きなのに自分で焼き飯作るとあんまり上手く出来なかったりする、手際の良さが肝心だよね。
b0089578_1118666.jpg
海鮮あんかけ焼きそば
カリカリになった焼きそばの上に、とろ~っと海老やホタテ、野菜のあんかけ。
こちらは上品な味付けで香ばしい麺との相乗効果で満足感。
b0089578_11182475.jpg
こちらはウーロンミルクタピオカ・・・だったはず。
台湾に行った時、よくあるスタンドのタピオカミルクティーを飲んだ、紅茶とは別にウーロンミルクティーもあって、そちらはさっぱりとした味でそれも気に入っていたけど、それに似た感じかな。

自家製タレや調味料も少し味見させてもらったけど、山椒の効いた名前忘れたタレ(おい)が、それだけでお酒が進む勢いで食べすぎ注意を言い渡されそうな。
で、豆板醤、甜麺醤、XO醤まで自家製にこだわっているそうで、仕込みの量が半端なさそう。
もちろん拘って作った自家製の調味料で作られた料理は、味に深みをもたせて
街の中華料理屋さんのイメージとは良い意味で違った形でになりグレードアップ。

華林楼と名は付いているけれど前のお店の味と比べてならず、大介さんの味。
1人で全てやってるのでいっぺんに頼むと時間かかるかもしれないが、おススメのお店。

お酒などはサービスの女性が出してくれていたので、計算時に大ちゃんが
「あんたら、こんなに飲んだんっ?」・・・って、そんなに飲んでいたかしらん?
確かに彼氏の方は無駄に明るいナショナル的な酔っ払いにはなっていたが。

お店に行ってから数日後ガレタッソに行くと、「お前ら、むちゃくちゃ食べて飲んだらしいな!」
・・・って、どんだけ話に尾ひれ付いてるん!!

人の噂っておそロシア、2人でたったこれだけ食べて、ちょこっと飲んだだけなのに。
ご馳走さま、また食べにいきます!ジム帰りすっぴんで行ってもいいかな・・・・?
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-04-25 06:15 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/20247088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayuminnie1127 at 2013-04-26 18:29
こんばんは^^

山くらげっていうのがあるんですねー。
きのこのきくらげとはまた別なのですね。
こりこりしたものは、「くらげ」っていう名前になりがち??(笑)

ウーロン茶のタピオカミルクティー、おいしそうです(〃∇〃)
Commented by sukatan_queen55 at 2013-05-01 14:51
●あんみぃさん
山くらげ、コリコリとした食感がまさにきくらげに似ていますよ。
海のくらげもあまり食べる機会はないですけど、やはり同じですよね
ウーロン茶で沸かすロイヤルミルクティー、お家でも出来るのでやってみよーっと。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< つぐまたかこさん家で特別熟成フ... 金沢(野田): ムシャリラ・ム... >>