金沢(片町):勝一(割烹)で白子づくしコース

b0089578_16355038.jpg
冬になると大好物のせいか、お店での摂取量がうなぎ上りに増えてしまう鱈の白子。
今年も恒例のプリン体キャンペーン、割烹・勝一白子づくし会席に行ってきました!

メンバー:白子、豚のシロ、美白大好き!ホワイト家族のエリソンさん、だるまちゃん、スカタン

カウンターで料理について突っ込みを入れようと目論んでいたのに、今回はお座敷。
うざい3人を葬りやがったなっ、単に予約状況が混雑していたらしいが。

前菜:白子の南蛮漬け、白子のポワレ、鱈の肝のソテー
白子のポワレはバターの香りがふんわり、南蛮漬けの酸味と肝のソテーのコクのあるまったり感が最初のお酒のおつまみにぴったり!
b0089578_1636350.jpg
白子のグラタン
今回の白子コースにあたり、何かリクエストある?と聞かれていて、まず思い出したのはこれ。
何回か食べているが、白子のとろとろ感とホワイトソースのマイルドさ、
こんがりチーズの組み合わせは万人に受ける味!んまいっ

白子惑星直列で喜びを示す
b0089578_16361672.jpg
炙り白子
生の白子の回りをバーナーで少し炙ってお刺身のようにいただく。
中が生のままなので、とろ~んとしています、レモン醤油でさっぱりとして美味しい。
b0089578_16363093.jpg
白子のはす蒸し
加賀レンコンを使った蓮蒸し、粘りがある生地の中から白子が顔を出す。
もちもちとした食感を楽しむ、温かくてほっこりとした金沢の味覚な1品。
b0089578_16364365.jpg
白子の天ぷら~たこ焼き風
天ぷらだけど不思議な料理がやってきた、食べるとお好み焼きかたこ焼きのような!
衣に青海苔、紅生姜、塩昆布が混ぜてあって、ソースには天つゆベースのウスター風味。

最初に噛んだ食感はサクサクのたこ焼きのような味なのに、中から濃厚な白子がとろ~り。
和風ソースとの相性のばっちりの意外な美味しさ!これヒットだったね。
b0089578_163708.jpg
白子酢
定番中の定番だが、だるまちゃんの「これさえあればいい!」と懇願してた白子酢。
人生初の白子は確か「白子の石焼」を居酒屋で食べた時だったが、
いつのまにかより生に近い白子酢に好みが移行、濃厚とろとろ感と三杯酢の酸味がタマランチ。
器も何とも可愛らしい、一気に白子を食べようと顔を近づけると刺さるバリケードの様な。
b0089578_1637144.jpg
焼き白子茶漬け
〆はあっさりとお茶漬け、浮かんでいるのはぷかぷかと焼き白子。
焼き白子は水分が抜けて口に入れた時に多少もちっと感が増えている。
b0089578_16372974.jpg
苺とチョコ、キウイのアイス
最後は自家製のアイス、さすがに白子アイスではない(前も期待していたような、いらないような)
今回もあますところなく、白子を堪能!冬期の分全部食べたかな。

微妙に違うお料理もあるけど勝一blogでも白子コース紹介されていました。

カウンターもいいけど、お座敷に座って女子オンリーの会話に花咲かせており、
これはこれで特に「婚活」について超盛り上がっていたので楽しかったです。

嫁にこないか♪と言われるために、婚活を積極的に行ってるという人の話だったが、
あまりに失敗が続いて、婚活疲れが出てきてしまったという。
婚活していない、トンカツ食べてる派の自分は聞き役だったが、
毎回知らない人に会い、会話してという行動は、それ相当のエネルギーを消費するとのこと。
こればかりは偶然の出会いを待つか、疲れと言わず自分で運命を切り開くしかないか。

二代目のりさんの仕事もそろそろ終盤になったところで、合流して2次会に突入。




b0089578_1638431.jpg
のりさんリクエストによる伝馬町通りに新しくオープンした串焼き屋さん、八十四番地
町屋っぽい落ち着いた雰囲気の店内はカウンターとテーブル席が幾つかあり、
午前2時まで営業しているので、2次会、3次会としても使い勝手は良いかも。
b0089578_16381718.jpg
上シロ

串焼きは「くび皮、上シロ、シロ、豚バラ、豚のど、豚タン、ハツ、カルビ、四つ身、つくね、玉ひも」
牛・豚・鶏と揃っていますが、メニュー数は割りと少な目の印象、落ち着いてゆっくりと食べたい感じです。
肉のほかは、とまとベーコン、えのき巻き、玉子、厚揚げ、各種野菜焼きができるそう。
b0089578_16383083.jpg
玉ひも、牛ホルつけ串、最後に出される鳥だしスープ

牛ホルはおでんの様に煮込まれた串、シロには辛子味噌がついてきたなかなか美味しい。
白子コース食べているので、胃袋休憩中タイム・・肉だけど!でものりさんは夕飯タイムだからね。
b0089578_16384264.jpg
鍋底煮

煮物系はテール煮(1000~1600)、ホホ煮(980)、鍋底煮(680)などあって、鍋底煮はホホ煮の煮込まれた鍋に残ったお肉だそうで680円とお得だったので。
じっくりと煮込まれたお肉がんまかったです。
b0089578_16385623.jpg
定番のラストスパートはやっぱりここ!スパイスボックス
だるまちゃんが門限があるのでお帰りの後、エリソンさん、のりさん、スカタンの悪の胃袋三人衆。
スリランカの甘くないドーナツ、ウルントゥワダイ
b0089578_16391431.jpg
メニューにないけど、最近自分の中で流行りのチーズナン、と中身忘れたカレー(酔ってるし)

ジムの後のスパイスボックスお一人様利用時の最近のパターンがこれ。
何か野菜系のタパスを注文した後に羊のカレーとチーズナン。
チーズナンは単品で食べるのが美味しいので、カレーを注文するとカレーは単品で食べなくちゃいけなくなる。
カレーは飲み物!なレベルにそろそろ来たか。
b0089578_16393562.jpg
スパイスボックススペシャルなビリヤニ、目玉焼きのせ付き。
さすがに食べきれないので、次の日のお弁当用にテイクアウトしました。


写真を撮っていなかったのでここにこっそり書いておくと、昨日は「よこっちょ・ポッケまーと(金澤表参道のイベント)」の打ち上げだけ参加していたのですが、1次会「凱/KAI」→2次会「池田町バルバール」→3次会「スパイスボックス」だったのです。

バルバールで会計を済ませて出掛けに何故かバナナが1本づつ配られる。
昨日はお空の月が三日月だったので、夜空にもバナナがあるぞ!と酔っ払い共で盛り上がりながら、そのままスパイスボックスへ。
フェルナンドさんへお土産~と次々とバナナを渡す、その合計は10本以上!

さらに「このバナナでバナナラッシーサワー作って!」と我がままこいてみる。
しょうがねぇ奴らだな!と思っていたかは分からないが笑顔のフェルナンドゥー作のバナナラッシー、
めっちゃヨーグルトと合って美味しかったです。
新メニューにしたらいいよ!!とまたまた酔いながら暴挙言い出す、材料は持参かしら。

4次会は特別に営業していた新天地のメキシカンバーGECKOS(ゲッコーズ)
桜のワインを飲んでメキシコの話を聞きながら、いつのまにか船こいでましたわ・・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-03-18 12:26 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/20146848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yellow-17gou at 2013-03-19 20:44
悪の胃袋三人衆に爆笑してしまったわっ!!
さすが、強靭な胃袋を持つ人達やわ(笑)
ここまで食べるとは・・・ハハハハ
勝一さんの白子は毎年美味しそうやなーと思いながら見てるよ。
炙り白子?ってのが凄いわー。
是非食べてみたい・・・いついけるだろうか・・・。

スパボのドーナツみたいなのも変わってて美味しそうや。
フェルナンドゥーやるな(笑)
無理を言っていろいろと作ってくれるのも嬉しいねぇ。
バナナ10本!?
爆笑したー^^
Commented by sukatan_queen55 at 2013-03-22 14:05
●イエローちゃん
勝一の白子ツアーは、鱈の白子が美味しい時期だから、
やはり秋~2月くらいかな。大体、12~2月の間に行ってるよ。
毎年ちょっとづつ趣向こらしてくれるのが嬉しいね。
スパボのドーナツは甘くないからあっさりしてるよ、パクチーとココナッツのタレにつけて、これは家では作れんなぁ~
バナナラッシーは熟していたのか美味しかったよ、持参するかな・・w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(もりの里):欧風食堂Ce... 金沢(柿木畠):ビストロ アン... >>