金沢(本町): Anniversary Restaurant BEIGE(アニバーサリーレストランベージュ)フレンチ

b0089578_169835.jpg
時をさかのぼることウン十年前、新入社員でまだ安月給な私は職場の毎月1000円の積み立てで、暮れの忘年会にフレンチのコースを食べに行くのが楽しみでした。(年配の男性には内心不満であったらしいが、女性の割合が高かったのでフレンチ希望になる、女性強し)

学生の時の宴会は当然チェーン系居酒屋に食べるのは喫茶店など、フレンチとは無縁。
社会人になってちょっとお洒落にフレンチも体験したい気が満々だったあの頃、懐かしや。
プールバー、肩パッド入りスーツ、ハウスマヌカン←死語の世界乱立

「誕生日くらいフレンチに行きたい」から始まったバースデーフレンチ伝説。
今年はAnniversary Restaurant BEIGE(アニバーサリーレストランベージュ)
「ビストロノミー」(Bistronomie)とは、気軽に利用できるカジュアルなレストランを意味するビストロと、美食を意味するガストロノミーを組み合わせた造語。
確かな信頼出来る料理を気軽な雰囲気で楽しめる新しいフレンチスタイルを発信するお店。

自家製ピクルス・フォアグラのテリーヌサンド
テリーヌを挟んでいるクラッカーが薄くてサクッと香ばしく、中は濃厚なフォアグラが舌にまったりときて旨っ!
アルコールは大体いつもスパークリングから始まり、白→赤に移行で何杯か。
二人ともあまりアルコール耐性度が高くないので、ボトル空けはあまりなし。
b0089578_1692369.jpg
ベーコンと玉ねぎのフラン
卵・クリーム等と混ぜて蒸して固める洋風の茶碗蒸し的なフラン、上にはチーズがのっています
付け合せで出てきたのは、岩塩が走ったバターにブーランジェリーヤマネコさんのパン。
b0089578_1694146.jpg
たいらぎ貝とメジマグロ・タルタルソース
新鮮なたいらぎ貝とメジマグロには濃厚なタルタルソースで、付け合せにはラタトィユに温泉玉子。
周りには細かく刻まれたブラックオリーブとピスタチオ、ピンクペッパー、香草パン粉でアクセントを付けながらいただきます。周りにはオゼイユも散らされている。
b0089578_1610048.jpg
鱈の白子のオニオンソース
宇宙人の秘密基地の様な外観、中には大好物の白子~幸せ~♪
玉ねぎの甘味がじっくりと出てるソースと合わせていただきました。
b0089578_16101263.jpg
アワビのソテー・丸麦とキノコのリゾット
アワビなんてこれまた贅沢で柔らかい、上のアワはバジルだそうで香り付きアワ繋がりダイナマイッ
丸麦はムギムグッとサザエさん風に歯ごたえよい食感。
b0089578_16102569.jpg
羊のもも肉の煮込み
ヒツジ肉の他にメルケーズという 香辛料を効かせた羊肉のソーセージも中に入ってます。
私がヒツジスキー&エスニック好きということで、用意してくれたそうで、
ちょっとスパイシーな香辛料の味付けになっていて、好みの味、美味しい!至福の時!
これまた、ひよこ豆が存在感負けてないほど大きくて食べ応えがある。
b0089578_16103962.jpg
ヒツジの煮込みに合わせるのはクスクスでモロッコ風。

私もタジンブームの時に、一時期クスクスを購入してカレーや煮込み料理などに合わせて食べていたが、クスクスって戻すのが面倒くさくて、いつも電子レンジにオリーブオイルと塩・水などを入れてチン!で終わらせてましたわ・・・次回こそはちゃんと作る!と自分に言い聞かせ。そして次回もチン。
b0089578_1610525.jpg
散々食べているのにワインが残っているからという理由づけをしてチーズを追加チョイス。

「大地のほっぺ」というナチュラルチーズが、なめらかクリーミーでコクがあって美味しい。
白かびタイプの「コバン」もクセが無く滑らか、黄色の長いのはハードタイプ。
どれも北海道のチーズ、本当に滑らかで美味しかった~
b0089578_16111026.jpg
なんか、船盛りキターーッ!
イチゴやピスタチオのジェラート、マカロンだったりと乙女の宝箱(80歳になっても乙女使うで!)
ハートは乙女戦艦のデザート波動砲によってぶちぬかれるっ!!

中でも戦艦を彩る大粒の苺、イチゴ作法にのっとり、おしり(ヘタ)側から食うべし!食うべし!
(イチゴは先の方が甘いので、ヘタ方向から食べることにより、より甘さを感じる)

身もしっかりしていてこの苺の糖度とコクが全体にぎっしり詰まった感じの本当に(何度も使うが)美味しく甘いイチゴだった。
b0089578_16112882.jpg
ここで食べたイチゴは、「寒熟」という愛知県新城市の「紅ほっぺ」を標高500メートルを越える作手高原でじっくりと熟成させた極上苺。
この箱に1粒というまるで宝石のような大玉の苺は、1粒の感動を与えてくれます。
シェフとみっちゃんからの私へのバースデープレゼント、お持ち帰り付きありがとうございます!
b0089578_16114188.jpg
北海道などの経験や、地元素材の良さを生かした料理を提供してくれる西山シェフ。
今回もとっても美味しくいただきました、季節ごとに楽しみたいのでまた連れてけ婆にならなくては!
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-03-06 06:02 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/20072774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(荒屋町):Orienta... 金沢:ラーメン(福座、じゅん、... >>