台湾(台北):士林夜市(シーリンイエシー)で食べ歩き

b0089578_15524959.jpg
台湾旅行最後の夜は、台北市で最大規模を誇る夜市である士林夜市に行ってきました。
あらゆる屋台にファッション、雑貨が軒を並べるナイトマーケット、最大なるカオス。

MRT劍潭駅を降りて士林駅方向にしばらく歩くと、見えてきた眩しい明かりと人の渦。
夜市の攻略法地図も持たず、これから本能のままに歩き回り食べまくり宣言!
b0089578_1553626.jpg
まずはメインストリートである大東路、衣類店が中心で人はあふれんばかり。
洋服や小物てんこ盛りの店は、どことなくアメ横ちっく、揃えれば台湾風ファッションに早代わり。
飛びつきたいほど欲しい服とかはないが、変なTシャツ売る店で台湾Tシャツを勢い購入!

日本で外国人土産用の「一番」Tシャツほど変じゃないが、
この夏はイベントで似非台湾人にへ~んしん。
b0089578_15532172.jpg
こ、これは・・・某団体の間で有名なアイツ、シャウティングチキン

こんな所でお会いできるとは、しかもこんなに数が・・・養鶏場かよ。
日本よりも値段が安く泣き声も一緒だった、クワッ!
b0089578_15534369.jpg
大東路を入ってすぐ左手に見えるパン屋さん、Top Pot Bakery・パン達人手感烘焙
とにかく人でごった返していて、夜市だからという訳でもないらしい。
パンの達人が手作りで提供してると漢字から伝わってくるが、なぜ日本語で「パン」表記。

店内のパンは色んな種類があって一見日本と同じようだが、どいつもこいつもサイズが大きい。
日本のパンより普通に2倍くらいはある、1個でお腹が膨れてしまいそう。
アンバサダーホテル隣接のスイーツ屋もエグゼクティブな雰囲気をかもし出しているのに、
何故かパンのサイズがでかくて違和感、オンリー台湾か。
b0089578_1554342.jpg
横道を入り小物屋台の群れに囲まれつつ、リニューアルされた士林市場へと移動。
前の場所から移動した新士林市場は屋根付きなので雨の日も安心、多い日も安心。
フードコートである地下の美食広場、予習していなかったので最後の方まで気づかず仕舞い。
b0089578_15542589.jpg
「現切水果(カットフルーツ)」の屋台、市場に同じようなフルーツショップあり。
何か珍しいフルーツはないものかと物色、ドリアンの姿も見える。
今まで食べたことないけど、今はいいっっと叫ぶ エイドリアーーーーーーーン!
b0089578_15544688.jpg
芭楽(グアバ)
日本では沖縄と鹿児島で収穫されるらしいが、生ものは食べたことなかったグアバ。
少し甘味を感じる程度で、固くて小さな種がたくさんあって食べにくい。
あんまり熟していなかったのかしら・・・次々とカットフルーツ試食攻撃に合うので、これで終了。
b0089578_1555490.jpg
童心に戻って輪投げゲーム、だがいつの間にか手に汗握る真剣モード。
昔なつかし射的ゲームなど、その場の雰囲気を楽しむ心を堪能させるものがたくさん。
どれ1つ景品をもらえた試しがないのだが・・一応、スポンジボブの隣の仲間がお目当て。
b0089578_15552535.jpg
士林市場を出て、また外の屋台をふらついていると、「あ・・・あれはっ!!」
思い切り指差してしまったその先には男性のシンボルのお菓子が。

和歌山の「白浜美術館」と「歓喜神社」とお土産のシンボル飴が走馬灯のように頭をよぎる。
笑顔でほおばってシモネッタになるのは大得意なんですが、連れを気にしてやめました・・・ぐっ
b0089578_15561080.jpg
大南路の通り、特に慈誠宮というお寺の前には食べ物屋台が集結していた。
彼が「何か麺が食べたい」と食べたいわん要求してきたので、ここらでご飯第一弾。
b0089578_15562595.jpg
大腸蚵仔麺線
にゅうめんの様に細い台湾の麺、豚の大腸と牡蠣を入れて煮込まれている。
とろみがあって割とさっぱりした出汁の味がする、牡蠣の旨みも出てるんだろうな。
味はいいものの大腸は駄目らしく食べてくれと言われました・・・私はだいちょーぶっ
b0089578_15564692.jpg
大南路から文林路の大通りに出て、陽明戯院の近くにある葱油餅の屋台、「郭家葱油餅」
「Taipei Walker」に掲載された記事も貼られている様に、この屋台の前は大混雑。
人気のあるお店に即反応!「食べたいわん」欲求発信。
b0089578_15572715.jpg
葱油餅(卵入り)
葱が入った平たい生地を油で揚げたもので、片側には焼き玉子がくっついている。
外はカリッと中はふわふわ~これは美味しい!口の周りは油でギトギト、リップクリーム要らず。
b0089578_1557116.jpg
その次は、大上海生煎包という屋台で生煎包
「肉包」「菜包」と二種類あって、肉まんと野菜まんの様な形しているが、焼き小籠包。
周りは香ばしくて弾力があり、私たち(私?)はもちろんぎっしり詰まったお肉~♪
b0089578_15574876.jpg
次に注目したのは、鐵板と書かれた蚵仔煎(牡蠣オムレツ)や炒飯(チャーハン)など鉄板焼の屋台。
後方にこの辺り共同のテーブルがあったので、座って食べることにする。
b0089578_15581960.jpg
牛肉炒飯
牛肉チャーハンは普通に美味しい、羊肉もいいかなと思ったが彼に遠慮。
「彼氏が彼女にしてほしい3つのこと」などハウツー記事行動か。
いや本当に食べたいと思ってたら羊にする、慎ましい女性からはほど遠く。
b0089578_15583991.jpg
テーブル横の屋台から烤鳥蛋(カオニャオタン)も購入してチャーハンにトッピング、
焼いてあるうずらの卵です。
b0089578_1559158.jpg
しばらくしてまた足が止まった屋台、呉(虫旁(虫へんに旁))蟹羹という屋台。
お米の盛りに彼が反応、注文したのは「油飯」。
b0089578_1612954.jpg
油飯
脂っこい名前だが、食べてみると、醤油味がついたおこわ。
もちもちして中にあまり具が見えないが、椎茸などが入ってたかな?
一緒に売られていた「虫旁蟹羹」という蟹が入ったスープとセットで食べるのが良いらしい。
b0089578_15592422.jpg
今度は私が通りすがり的な屋台に反応、またアイツが食べたいわん。
b0089578_163540.jpg
魯肉飯(るーろーはん)
彼からはまたか!昼も食べたのに~と言われようが何だろうが、食べたいわん。
量がそんなに多くないので、軽く食べようと行動にすぐ出てしまう、60円くらい。
b0089578_16325100.jpg
先に書いたが士林市場のB1に降りていくエスカレーターが目が入らず、
巨大フードコート、「美食広場」の存在を後から知る。
食べる為に集中するならここは最適!天候も気にせずあらゆる屋台が集結したエリア。
あちこちで食べきってしまったので(炭水化物ばかり)、お腹が膨れて見学だけになる始末。

眺めるだけでも楽しいので、見学していると、彼が前から歩いてくる人に挨拶してる。
なんと仕事関係の人たちに偶然出会った模様。
台湾で、士林夜市で、美食広場で・・・なんたる偶然っ!しかも、一昨年の東京旅行でもバッタリ。
b0089578_1634174.jpg
夜市を歩きつかれてスタバで休憩した後に、また地下鉄でホテルへと戻った私たち。

ドリンク買いに雑貨買いにと何度も立ち寄った便利商店であるコンビニ。
どのコンビニでも必ず置いてあって気になっていた「茶葉卵」を購入。
金石餃子でもビールを注文するとおつまみに付いてきます。

ウーロン茶と香辛料で煮込まれた台湾風煮卵、寝る前にウマーーッな過剰栄養補給。

八角はあるし五香粉も揃ったし、魯肉飯と茶葉卵は帰ったら絶対に作る決意。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-02-06 06:53 | 台湾 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/19931486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 台湾(台北):雙連朝市、佳佳豆... 台湾(九扮):花生捲加冰淇淋、... >>