台湾(台北中正区):阜杭豆漿(フーハントウジャン)朝食専門店

b0089578_11294918.jpg
3泊4日台湾旅行3日目の朝は、早朝からいくよ!くるよ!と準備にてんわわんや。
前日、ホテル近辺で朝食を食べた後、食べ足りなかったのか、2軒目にタクシーで直行。
だが、目的地のビルをぐるりと取り囲むほどの大行列にビビッて、待つか諦めるかで喧嘩ぼっ発。
結局、その時は諦めてこれから向かうのが、その問題の大人気朝食専門店。

阜杭豆漿(フーハントウジャン)、1957年創業の老舗の朝食専門店。
場所はMRT板南線「善導寺」駅5番出口すぐの1F「華山市場」と書かれたビルの2階。
この日は2階のお店の入り口から階段下~出口までの行列だったが、
昨日のビルを取り囲んでいた状態から比べると大したことはない。
b0089578_1130591.jpg
ガラス張りの向こう側の作業場では、貼り窯に餅を貼り付けて焼いたりと熱々の看板メニューが続々と出来上がっている。
b0089578_11301826.jpg
注文カウンターまでやっと自分たちの順番がまわってきたが、迷うのは注文の仕方。
ガイドブックにこの店の頼むべきメニューが掲載されていたが、読み方は書いていない。
ネットに日本語メニューもあると見た記憶があるが、よく分からん。

おろおろ具合が日本人と丸分かりなのか、おばちゃんが日本語で「豆乳?」と聞いてきた。
「豆乳!」
「甘い?しょっぱい?」
「甘い、しょっぱい、2つ!」

「あ、揚げパン!・・・と、それ!(厚焼き餅を指差す)」
「おにぎり?」
「うんうん(とうなづく)」

流れ作業なので慌てて注文し終えたが、確かこんなやり取りだった。
蛋餅も適当に頼んだような、ここまで台湾語一切なし!何とかなるもんだ。
前日もこうだったような、全く予習復習がなされてない行き当たりばったり感ありあり。
b0089578_11303520.jpg
窓側のテーブルに場所を陣取り、注文した品を並べて朝食タイム。
台湾の朝は豆漿(トウチャン)から始まる、いわゆる1つの豆乳。

甜豆漿(ティエントウチアン)
手前の器は甘い豆乳、さらっとしたクセの少ない豆乳はとても滑らかで飲みやすい。
家でも普通に調整・無調整の豆乳を普通に飲んだり、グリーンスムージーに使用したりしているが、温かくて甘い豆乳スープって、ホッとする味でこんなに美味しいんだ、と開眼。
健康的だし飽きないし、毎日飲みたいほど気に入ってしまった。

鹹豆漿(シェントウジャン)
後ろのは塩味の豆乳、こちらは温められているせいか、おぼろ豆腐のようにやや固まっていて、
揚げパン、葱、ザーサイなどが浮かんでおり飲み物よりもご飯的なイメージ。
出汁が効いていてこちらも美味しい~。

蛋餅(ダンピン)
台湾風のクレープの様なもちもちとした皮の間に卵が巻いてあります。
このまま食べてもシンプルなお味だけど、調味料も置いてあったのでちょっと辛いタレで。
他にはお醤油もありました。
b0089578_11305447.jpg
油條(ヨウティアオ)
手前のやつ、軽くてふわふわっとした揚げパン。
これを前日から彼が「揚げパン食いたい~」と連呼していたもの、やっと会えたね。
豆漿に浸して食べると、油と甘い豆乳が相まって絶妙にんまい!

が、隣の地元らしき人たちのテーブルには、揚げパンを薄餅らしき物に挟んで食べている。
「あんなのあるって知らなかった!美味しそう」
「パンに揚げパンを挟んであるんだ~」
「あれ食べたいっ!!!」
「また並ばなくちゃいけないし、これ以上食うんかー!」

ジタバタ するなよ!世紀末が来るぜ!的なバトルテーブル・・・きな臭いぜ。

魅惑的なそいつの名前は「薄餅油條」、まとめてザブッと豆漿につけて食べ台湾。
b0089578_11313151.jpg
厚餅夾蛋(ホウピンジアダン)
厚餅夾蛋は卵焼き入り厚焼き餅。
貼り窯で焼かれた手作りの餅は少し甘みがあり、中には葱と玉子がサンドされている。
外はかりっ中はふわっと、釜で焼かれることで伝統的な懐かしい味が出せるそう。
b0089578_11314774.jpg
飯糰(ファントゥァン) 
飯糰は台湾風おにぎり、コンビニおにぎり2倍はあろうかという大きさ、形は楕円形。
もち米の中に、揚げパン、切干大根、肉そぼろ、肉でんぶなどが入っており、具沢山!
もちぃっ、サクッ、ぼそそっ、全部合体して初体験の味だけど、好きだわぁ~これ。
美味しかったです「飯糰」、これもお気に入りに追加!

他に注文しなかったものとして、甜、鹹酥餅 (スイートパイ、塩味のパイ)もあるそうで、こちらも食べてみたかった。
ネットやガイドブックなどで紹介されている有名なお店だけど、地元の人たちも沢山訪れていて行く価値あり。

朝からボリューム満点!本格的な台湾朝ごはんは初めてとあって、大満足。
2人で牽制しあいながらほぼ取り合いになってました・・・朝からガッツリ満腹劇場。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-01-29 12:43 | 台湾 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/19914366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by やっすん at 2013-01-30 20:41 x
日本語つうじちゃうんですね・・・
噂にはかねがね聞いていましたが、さすが台湾。
しかし豆乳三昧ですね。イソフラボン効果で女子力あがりそう!
Commented by かにたま at 2013-01-30 22:56 x
最後の米モノにハートがっしり鷲掴みされちゃったです(ノ´∀`*)
すっごい美味しそう♪
飯糰←この文字が、最近ネクストステージに行った私の目には
何と書いてあるのかわからないのがミソですが(^_^;)
…きっと夜だから、目が疲れてるんだよね?ね?
Commented by chidoriashi55 at 2013-01-31 05:25
確かに台湾の豆乳はメチャウマ!ですよねー。
ワタシは甘いのは食べて(飲んで?)ないんだけど、
あの出汁味でおネギなどのトッピングのやつ、あれがすんごく気に入りました(^^)
あー、台湾めちゃくちゃ行きたくなって来ましたよ!

あ、余談ですが、先週うめだ阪急でやってた「金沢・加賀・能登展」
一週間の会期中三回訪問しましたよー(笑)
やっぱり高木屋さんのあんず餅ラブ♪
そして二三味珈琲の豆も気に入ったんで大人買いしてきましたー(^^)v
Commented by トリスタン at 2013-02-01 09:53 x
うわっ、阜杭めっちゃキレイになってる!
前はこ汚い通路に多種多様なテーブルとスツールを置いてローカルの人たちがのーんびり朝食を取っていたイメージだったんですよ・・・

おいしいですよね。
また行きたいなー。

Commented by sukatan_queen55 at 2013-02-01 12:50
●やっすんさま
年配の方々で日本語を流暢に話す方に出会ったのに始まり、
観光客が多いせいか、簡単な注文などは日本語が通じるところが多かったです。
豆乳もさらっとして飲みやすいのでクセになっちゃいました。
Commented by sukatan_queen55 at 2013-02-01 12:55
●かにたまさま
飯糰、■などにされることなく、ちゃんと表示されてますよね。
日本語なのか中国簡易文字なのか分からない時がありますが。
今回は予習してなかったので全く読めませんでしたが、次回行くことがあったらちゃんとルビふっておいて注文したい。
台湾おにぎり、美味しかったですよー1こですごくお腹膨れますけど
Commented by sukatan_queen55 at 2013-02-04 12:53
●chidoriashi55さま
台湾の豆乳、日本のと違うのはなんなんですかね。
スーパーのパック入りのしか買ってないし違って当然なんだろうけど、豆くささがないというか、なめらかで美味しい。
甘いのはドリンク代わり、塩味はおかず代わり、ん~周りで食べられるところがないので余計に引き付けられます。
「金沢・加賀・能登展」で何処が出展しているのか興味あります~
高木屋さんのあんず餅食べたことないかも・・・はなまるマーケットで紹介されてるんですね。
二三味さんは一度、珠洲のお店に訪問しようとしたらお休みでした。
地元愛まだまだだわっ
Commented by sukatan_queen55 at 2013-02-04 12:56
●トリスタンさま
改装前の阜杭に行かれてたんですね、ガイドブックにも改装したって書かれてたけど、今の状態はすごく綺麗!というよりも普通に近いような気がするので、前はどんな状態だったんだとか(笑)
美味しかった~このお店はまた行きたいです!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 台湾(台北大安区):永和豆漿大... 台湾(台北中山区):好記担仔麺... >>