台湾(台北):永康街で天津葱抓餅(葱抓餅)、師大路の頂好超市(スーパー)

b0089578_14144362.jpg
ランチ場所近辺に戻るという効率的ではない移動距離をとりつつ永康街へ。
永康街といえばガイドブックには人気のグルメ・ショッピングエリアとして必ず掲載されている。
元々は高級住宅地街で東京にたとえると代官山に少し似ているとも書かれている。

午前中から迪化街、中正紀念堂、杭州小籠湯包、龍山寺と精力的に観光している私たち、
昨日は午前3時まで遊んでいたのに早朝から頑張ってるわ、時間はまだ午後3時辺り。
体力尽き果てるまで!と翌日考えずな実行力でこの周辺から散策することにした。
b0089578_14151189.jpg
信義路二段の大通りにかの有名な小籠湯の名店鼎泰豊(本店)ディンタイフォンを発見。
胃袋スペースはまだ大丈夫のサインを出していたものの、いかんせん人の列が凄い。
今回は諦めて次回だな~まだ日本の支店にも足を踏み入れてないので、そちらにも。
b0089578_14153723.jpg
レストラン、カフェやショップが立ち並び、殆ど日本の街中と変わらなく違和感もない。
と、何やら鉄板で焼いているお店に彼が注目、「俺、これ食べる!!」
1日中何か食べていようがこれが旅の醍醐味、「私にも半分ちょーだい!」の台詞も忘れず。

お好み焼きの様な平べったい形状の食べ物は、葱抓餅(ツォンヅォワピン)。
葱入の生地を層が出来るように重ねてふんわり目に焼いたもの。
「天津葱抓餅」 住所:台北市永康街6巷1号
b0089578_1416263.jpg
私はその右隣のドリンク屋さん「喫茶小舖」でタピオカティーを買うことにした。

しかし、相変わらずメニューが読めない!話せない!聞き取れない!三重苦な自分。
壁に貼り付けてあった珍珠奶茶(タピオカミルクティー)らしい写真を指差し注文したのはいいが、
その後の店員さんの台湾語は全く分からない・・・思わず体はフリーズ。

すると、お隣にいた女性が、甘さはどうするとか英語で話しかけてきてくれた。
そっか、甘さの調節があるのね、適当な英語で注文することが出来ました、謝謝!
b0089578_14155871.jpg
葱抓餅
どうやら玉子入りを購入したらしい。
噛むと外はサクッと、ふんわりしてモチッ、葱の風味がして玉子がマッチしてる。
パイのように層になっていて、これは美味しい~抜群のファーストフード。
b0089578_14164676.jpg
珍珠奶茶(タピオカミルクティー)のホット
確かサイズはショートと伝えたはずなのに、渡されたのはショートではなく衝動サイズ・・・デカい。
ま、2人分ということでいいか。
ホットにしたが、これは寒い時はハマるわー!大粒のブラックタピオカもモチモチ。
b0089578_1417888.jpg
中国茶専門店や茶器も扱う沁園 (チン ユエン)などショップを覗きながら、
ここは永康街を南下して金華街と交差する角に「東海萊姆園」、日本語で「ライムの店」。
とても分かりやすいがどのような形態で販売されてるのか。
調べてみると、ライムジュースとライムビネガーを売ってる店らしいです。
b0089578_1417339.jpg
さらに南下して和平東路一段の大通りまでずんずん歩く、途中カフェなどが立ち並ぶ。
b0089578_14175436.jpg
和平東路一段から龍泉街と師大路を交互に歩いていくと、屋台や食堂など庶民的な雰囲気。
夜は学生で賑わう「師大夜市」の場所とあって、思わずつられてしまいそうなお店が沢山。
b0089578_1418975.jpg
旅行中の天気は殆ど雨模様で傘必須な状態だったのだが、そんな濡れた足元の中、
彼の布スニーカーには雨がしみ込み、中の靴下はぐちゃぐちゃ。

よくワインを表現する言葉として、「濡れた子犬の香り」などのフレーズをよく耳にするが、
「雨で濡れた男の靴下の臭い」はいかなるワインの味に相当するだろう。

偶然あった師大路のスニーカーショップに入店し、ちょうどセールをしていたので物色。
試し履きするのに足が濡れていることをジェスチャーで説明するとビニール袋を手渡される。
b0089578_14183612.jpg
新しいスニーカーに履き替え、気分も一新!師大路のスーパー頂好超市でお買い物。

頂好超市(ウェルカムスーパー)は、香港が拠点のスーパーで1987年に台湾に進出。
台北中たくさんの支店を持っており、お菓子、調味料、カップ麺など台湾土産を買うのに最適。
URL先は中山駅近くの欣欣百貨の地下にある林森店の紹介だが、ここは師大店。
住所:台北市大安區師大路129號1F

大分お疲れ気味になのに、スーパーに入ると急に目は、輝きながら~♪ 徳永英明化。
あれこれお土産というか、自分が欲しいものばかりを買い込む。
割れるのが心配で瓶物を買う勇気がなかった、今度はリュック背負いの行商人の格好で来なければ。

MRT新店線から淡水線へと続く「台電大樓」駅から地下鉄に乗り、ホテルがある中山駅へと向かうことにする。
b0089578_14191499.jpg
スーパーでの戦利品

鮮鶏晶(チキンパウダー):
以前、友達にお土産で貰ったことのある 「康寳」(クノール)の中華スープの素。
これが炒め物に入れたり、スープに入れたりと何でも使えて便利な調味料として重宝している。
探していたので自分用に無事ゲット!お土産としてもおススメです。

・青葉の嚕肉飯(るーろうはん)の缶詰:青い缶
有名な台湾料理のお店青葉から出ている缶詰。
嚕肉飯好きなので帰国してから発作が起きた時ようの嚕肉飯♪

・青葉の辣味肉醤:赤い缶
ひき肉の辛みそ煮らしい・・嚕肉飯の辛い版?食べるのが楽しみ

・酸辣湯塊:塊をお湯に溶かせばすっぱからい酸辣湯(サンラータン)が出来上がる素。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-01-25 06:19 | 台湾 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/19883533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 台湾(台北):Sweet Em... 台湾(台北萬華区):福州元祖胡... >>