台湾(台北):迪化街(ディーホアジエ)

b0089578_1622321.jpg
初台湾、王道のポイントも抑えつつ、行き当たりばったりで偶然面白い発見を楽しんでもいい。
言葉にすれば簡単だが、その辺のバランスは2人で水面下で相当のバトルあり。
そんな中、ホテルからタクシーで台北最古の問屋街で有名な迪化街に向かう。

19~20世紀初頭にかけて大陸との貿易・商業の拠点として繁栄した地域で、
洋風の装飾を施した台湾バロック様式ともいえる建築物が点在している
古い町並みにの中に漢方・乾物・お茶・布の問屋街が広がっている。
b0089578_16224676.jpg
古い町並み散策と問屋街ウキウキショッピングに向けて鞄斜めがけフリーハンド体勢、
だけどお天気は生憎の雨模様・時々傘さし

迪化街一段の通りの真ん中辺りに位置する霞海城隍廟(シャーハイチェンフゥアンミァオ)
縁結びのご利益があると言われている廟で、月下老人像に手を合わせれば赤い糸で結ばれた相手を引き寄せられるのだとか。カップルの場合、赤いワイヤーロープで強固に結んでもよかったのだろうが、生憎予習不足で縁結びの廟とは知りませんでした。
b0089578_1623035.jpg
朝早くからお土産屋さんも数多く開店しており、早速興味津々でお店を物色。
旅行前にまさに今帰ってきました台湾帰りの人から頂いたカラスミが美味しかったので、
台湾のお土産はカラスミとパイナップルケーキの2つは絶対にインプットされていた。

どんな商品が並んでいるのか眺めるだけでも楽しいのだが、
品物を見る→店員が寄ってくる→説明を始める→横に延々といる、と皆商売熱心。
そうすぐに決められないので、ゆっくり決めるために店を変えるループが続く。

割と始めの店で買ったカラスミを購入し、別の店ではもっと安かったりして
「なぬぅ!」なんてこともありました。
b0089578_16231347.jpg
ドライフルーツやナッツ、変わった食べ物を試食の嵐、試食バスター!
漢方や乾物も沢山あるけど、どう使用してよいか分からないのでスルーしていたが、
目的意識を持って来ていたら相当楽しい場所だわ。
b0089578_1623568.jpg
アーケード歩きの途中で、らしいお店に思わず足を止められる吸引力。
レトロな店内に台湾名産 新竹米粉(ビーフン)が山積み、奥にはお婆ちゃんが伝票らしきものをチェック。
b0089578_1624853.jpg
米粉を見ていると、尻尾を振りながら愛想良く傍にやってきたスーパー店員の黒ワンコ。
こういうのにドキュンと弱い自分。
b0089578_1624202.jpg
大きな箱や袋に入った大量のにんにくの山、他にも無造作に床に山盛りになっていた生姜など、明らかに素材の使用量の規模が違う。
こんな迫力のあるものを見せられると、1つ背負って持ち帰りたくなる(もちろん無理)
b0089578_16244157.jpg
今にして思えばパールミルクティーの種も買っておけばよかった、と帰国した後に思う。
その場では物があふれ帰り過ぎて予習していない自分には、思考の表面張力だだもれ。
b0089578_16245138.jpg
(迪化街で買ったものまとめ)
・五香蒟蒻乾:量り売りで購入。コンニャクのゴムの様な食感のおつまみ、五香粉の香りがして、ちょっとピリ辛。小腹が空いた時に食べればローカロリーなのではないか、香りが気になる人もいそうだが自分は気に入った。

・プーアル茶:各種プーアル茶(固形)の詰め合わせ、お土産用に。

・カラスミ(燻製):普通のカラスミもお土産用に購入したが、自分用はすぐ食べれるとのことで燻製。試食でも気に入ったので。

・ドライマンゴー:日本でよくある表面がカラカラではなく質感がさっくり美味しかったので購入。
調べたら、「花旗薬材行」というガイドブックに載っているお店だった。
やはり試食は大事だわ、催事でもデパ地下でも試食を繰り返す、自然な流れ。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-01-16 06:25 | 台湾 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/19841857
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 台湾(台北):中正紀念堂 台湾(台北・中山区):麥味登(... >>