石川:小松空港で年越し蕎麦→台湾:台北101カウントダウン

b0089578_11444215.jpg
アテーションプリーズ!年末31日~3日まで台湾にいきたいわん!旅行してきました。
昨年の12月5日から、小松空港の「小松ー台北便」が毎日運行となりより身近になった台湾。
小松から台北への所要時間は3 時間30分、エバー航空でひとっとび!。

まずは19:30のフライト時間に合わせて、車で小松空港へ向かう。
国際線利用者対象には、「小松空港国際線駐車場」を無料開放しているのでそこへ駐車。

この日は大晦日、そういえば年越し蕎麦を食べていない、と行事症候群は空港を見回る。
小松空港ターミナルビル内2階の中座中店(小松空港店)に入りました。
義経そば
温泉タマゴと蟹の身が入っている温かいお蕎麦(冷も可)、やや柔らかかった。

この時期のチケット争奪戦はやはり相当なもので、ちょっと行くのが遅いと思いながら
11月初めに旅行会社に行ったら小松ー台北便はキャンセル待ち。
運良くチケットゲット出来たから良かったものの、ギリギリまでは待てない心うらはら。

日本人観光客ばかりだと思ったら、台湾ファミリーと見受けられる団体も結構いる。
台湾からの旅行者誘致も盛んに行われているようだし、台湾の温泉地、台湾北投温泉に「加賀屋」もオープンして、益々経済交流は活性化している。
b0089578_11445571.jpg
年越し蕎麦はおやつ見たいなものなので、機内食もしっかり食べる。
メインは温められた魯肉飯(ルーローハン)の上に味付けされた豚肉と煮玉子、野菜。
冷製のセロリと細かい豚肉の塩ゆで風サラダ、ドライフルーツがのったケーキ、パン。

台湾名物の1つ魯肉飯!たまに鬍鬚張魯肉飯出張時も魯肉飯食べている。
炒められた野菜がゴマ油の香りがし、とろとろの魯肉飯もコクがあって結構美味しいじゃないか

パンは乾いているもののバターの風味がしていた、ケーキはまぁ普通。
そして大好きな煮玉子!この旅で幾つ玉子を摂取するのかコレステロールガール。

すでに機内食で満足している女!
b0089578_1145670.jpg
私が白ワインを選択したのに対して、彼は台湾ビール。
こっちの方がお得感目線になってしまうのは何故?ビール飲まないけど。
b0089578_11451849.jpg
空の旅も4時間弱あまり、台湾桃園国際空港へ到着。
台湾は日本の石垣島とほぼ同緯度なので、金沢よりも暖かいだろうと服装を悩んでいたが、
毎日の天気チェックの結果、31~3日まで雨天模様で気温も10~17℃くらい。

先週までは最高気温24℃とかだったので、少し薄着にしようかなと思っていたが変更。
臨機応変に薄着ジャケットをスーツケースに入れて、薄手セーターにショートパンツ&スカート、短めエンジニアブーツで乗り切ることにした。
現地の人たちは急に寒くなったのかバリバリにダウンジャケット装着している。

大晦日の台湾、ぜひとも見たかったのが台北101カウントダウン花火。
世界2位の高さを誇る高層ビルである台北101が、そのまま爆竹のように全体的に大爆発!

スペシャルなイベントだけに近くに行って観て見たいと思いつつも、時間はすでに23時。
旅行会社の人が空港までマイクロバスで迎えに来てくれていて、
私たちを含め2組しかいなかったので荷物のせなどはスムーズに行われた。

日本語OKな添乗員さんに「台北101カウントダウン花火みたいけど、台北までどのくらい時間がかかります?」への答えは「約1時間」
うーん、ホテルに荷物預けて移動するとして、無理かなぁ?

大型バスの移動ならば1時間かもしれない、だが深夜の高速道路は空いており、
小型マイクロバスの運ちゃんが予想外に飛ばす!縦横無尽に追い越す!な運転のおかげか、
30分ほどで目的のホテルアンバサダーホテル台北(台北国賓大飯店)に到着。

急いでチェックインしながら部屋には入らずフロントで荷物を預けてもらって、
そのまま台北101カウントダウン花火に行きたい旨をホテルの人(日本語OK)に告げると、
20分ぐらいかかるそうな・・・すでに時間は11時45分を過ぎている。

だが、最後まで諦めないネバギバ精神、
途中で時間になってもいいから道路からでも花火の様子が見たい!と言うと、
分かりましたっ!一瞬目が光ったと錯覚に陥るような、だが物腰は丁寧な態度で、
入り口に待機していたタクシーの運ちゃん(日本語話せず)にテキパキと説明。

台湾語で「がってんだ!」と言ったかは知らないが、使命を帯びた運ちゃんは、
私たち2人を乗せて台北101へ向けて急発進。

かなり急いで向かっているということは分かったが、
車通りが途絶えた大通りに出た途端に一気にマッハスピード、大加速

大分スピード出てるわ~とスピードメーターを見ると120キロ!
これは捕まらない範囲のレベルなのか?

更にそのままの勢いで交差点を曲がったもんだから、
タイヤがキュルキュルキキィィーッと鳴きまくり!頭文字Dかよっ!!!

あまりの音に可笑しさがこみ上げ、後ろのシートで2人で笑っていると、
雰囲気を察知したのか、運転手さんも一緒になって皆で車の中で大爆笑。
言葉は通じずども何となく察する空気ってのはあるもんです。
b0089578_11453191.jpg
そんな走りっぷりにも無情に刻々と時間は過ぎていく、後1、2分で0時。
もう間に合わないな、仕方ないと思っていると、立体交差っぽい道路の高い位置のある地点でタクシーは止まった。

んん?道路の途中だけれど・・・と見回すと前後にも車が次々と端によって停車。
後ろから来る車にクラクション鳴らされているがお構いなし、すごいわ・・・。
その意味は、丁度台北101が周りのビルに邪魔されずに見える位置だったのだ。

そして2013年になった瞬間にビルから一斉に吹き出す大量の花火。
赤かったり青かったりの花火は鮮やかで遠くからも素晴らしい眺めでした。

運ちゃんと「HAPPY NEW YEAR!」と言葉を交わし、再度台北101方向へ進みます。
b0089578_11454292.jpg
元の状態に戻った台北101は光がくっきりと灯って綺麗、台北の象徴的な存在の1つ。

で、タワーに近づくにつれ大渋滞に巻き込まれ、先へと進めなくなってきた。
タワーから返ってくる人たちの群れか、道路にも人が溢れている。
時間ばかりが過ぎて先に進めそうにないので、ここでタクシーを降りることにした。
b0089578_11455363.jpg
しかし、台湾のスクーターの数って半端ないんですね!2人乗りや3人乗りまで確認。
赤信号が変わるのを待っているスクーターは10数台、一斉に発進する姿はとっても新鮮。
「はじめての台湾」の視点から率直な感想を書いていきますよ。

適当に降りてしまったけど、今から行きたい場所は大体把握している。
時間は午前0時30分ほど、まだまだ私たちの台北の初めての夜は終わらない。
初めての台湾・台北、食い倒れツアーの始まり始まり。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-01-09 12:29 | 台湾 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/19796939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きみ犬 at 2013-01-09 19:36 x
わぁーこれからの記事が楽しみ。
秋に台北旅行計画中。
胡椒もちたべた?
Commented by ayuminnie1127 at 2013-01-09 22:25
こんばんは^^

年越しは台湾でしたか♪
まだ行ったことないので、いいなー。

なかなか大胆な交通事情なんですね(笑)
でも、花火観れてよかったですねー(*≧∇≦*)

深夜からお食事開始!?
レポ待ってます!!
Commented by sukatan_queen55 at 2013-01-10 12:58
●きみちゃん
台北旅行計画中なんだ、楽しみだね
私はぎりぎりまで計画練ってなかったのでドタバタだったけど、行き当たりバッタリでもかなり楽しめました!
胡椒もち食べたよ~有名なお店でも屋台でも。
Commented by sukatan_queen55 at 2013-01-10 13:00
●あんみぃさん
台湾、日本とあまり変わらない感覚でいけるのでいいですよ~
名古屋からだったら直通が沢山あるから選択肢があって羨ましい。
彼氏の仕事時間都合で年末しか一緒に旅行に行けないのです。
カウントダウン花火は毎年行われていて、台北中の人が集るのかというくらい凄い人でした。
Commented by y_flugels at 2013-01-10 22:58
台湾ですか!!いいですね~温かそうです。エバー航空ですか・・・機内食もまずまずだったようですね。
Commented by sukatan_queen55 at 2013-01-11 00:50
●y_flugelsさん
昼間は割りと暖かかったんですが、夜が雨降りもあって結構冷えました。
機内食は自分が好きなメニューだったせいか結構美味しかったですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 台湾(台北):通化街夜市(臨江... お家でクリスマスディナー2012 >>