広島(広島市中区):瀬戸内彩食 いづみ(和食)

b0089578_1629496.jpg
夕方に広島焼き→酔いにまかせて勢いショッピング→ホテルに荷物を預けて一息。
復活の1人二次会、またまた飲食店立ち並ぶ薬研堀界隈にお出ましです。

予め目星を付けておいたお店に向かうと、人通りのない横道は営業していないのか灯りはない。
それにしても歓楽街の無料案内所の多さといったら・・・居酒屋無料相談所もあればいいのに。

広島名物が食いたい名の元ふらふら薬研堀通りをさ迷い歩き、1軒のお店に入りました。
瀬戸内の地物食材を使った料理が堪能できる瀬戸内彩食 いづみ
b0089578_1630255.jpg
扉を開くとカウンターが10席ぐらい、右手にテーブル席があって10席くらい!?
こじんまりした和食のお店でカウンター内にはご主人ともう1人が料理を担当していました。
隣の2人組も観光客らしく、広島名物をお店の人に伺っているのを耳をそばだてながらメニューとニラメッコ。

広島の地酒でも飲めればいいんだけど、いや日本酒飲めないわけじゃないんだけが、
誰かの付き合いで少しいただくことは出来るが、1人だと後の始末が不安なので乙女酒。
b0089578_16301744.jpg
小イワシの刺身:580円
広島湾で収穫されるイワシの殆どが10センチ程度の大きさのカタクチイワシ=小イワシ
6〜10月が旬だそうで、まさにこの時期(9月)はピッタリ
生姜醤油で食べるのが広島流、山葵が苦手なので私向き。
脂が適度にのっていて身が甘くて美味しい、生姜と葱でさっぱりといただける。
b0089578_16303247.jpg
生牡蠣
広島と言えば牡蠣!・・・だけど、旅していたのは夏期。
広島には三倍体カキという1年中食べることがある牡蠣があるらしい、さすが牡蠣王国。
でも、こちら・・三倍体牡蠣かどうか忘れてしまいました。
大きさ的には岩牡蠣?でも広島で岩牡蠣はないらしいし別産地!?・・・どちらにしろ旨い。
b0089578_16304999.jpg
地穴子の白焼き:1,300円
牡蠣と共に楽しみにしていたのが穴子、生の穴子をそのまま炙ってあります。
お寿司屋さんでふっくらと蒸された穴子も美味しいとは思ってはいたけれど、
白焼きはもちもちと弾力があって、穴子の味がシンプルに伝わってくる・・・あ~~これは旨い!!

自分の地元ではうなぎは関西風、蒸さずにそのまま焼く手法なので、
この手の歯ごたえ感は慣れてはいるが、うなぎじゃなくてこれは穴子。
このもっちり感は新鮮な地穴子だからでしょうね。
b0089578_1631461.jpg
海鮮茶漬け:580円
もっと気持ち的には食べたい意欲ありありだけど、広島焼きを食べた影響はあまりにも大きく。
これだけ食べてれば十分だろうっ、さらさらっと〆のお茶漬けをいただきました。

やっぱり一番気に入ったのが穴子、うなぎの方がスポットライトを浴びがちだが穴子も旨い。
サザエさんでも脇役だが渋くてキラリと光るアナゴさんというキャラもいるし。

とりあえず、この日はこれで満足しておとなしくホテルに帰って眠りにつきました。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-02-21 06:32 | 広島 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/19666718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by abu71_nomin at 2013-02-21 22:41
カタクチイワシってこちらではほとんど食べることがないよね~
一昨年の夏に静岡で食ったけど本当に美味しかった!
アナゴも瀬戸内らしくていいですね。美味しいの食べたい~
Commented by sahanji_yoko at 2013-02-22 11:26
一人二次会。オトコマエすぎです!
Commented by sukatan_queen55 at 2013-02-26 00:54
⚫アブさん
カタクチイワシ、小さいのにこんなに脂がのってるのに驚き。
でも最大は穴子の美味しさ、白焼きのモチモチ感にノックアウト。
Commented by sukatan_queen55 at 2013-02-26 00:57
⚫sahanjiさん
出張などで1人ご飯は経験済みでしたが、1人飲みもいつの間にか平気になっている自分がいた!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 広島(宮島駅口):うえの(あな... 広島(広島市中区):八昌(はっ... >>