京都(京都駅):フィゲラス(スペイン料理)・東本願寺

b0089578_15581713.jpg
パンに焼き菓子、祇園で小物と時間が経つにつれお土産地獄、肩が抜ける危険性。
京都駅のコインロッカーに荷物を預けて一安心。
後で駅でまたお土産買って更なる地獄が待ち受けているわけだが。

切符が最終便しか取れなかったこともあり、時間もありーので徒歩で東本願寺
って只今、御影堂門&阿弥陀堂修復中!修復ニュースみとかんなんもんですな~。
御影堂の広い堂内の大きな梁などは見ごたえがありました。
b0089578_15583145.jpg
御影堂の前で何やら賑わっている一角、お寺にゆるキャラ!
調べてみると、鸞恩(らおん)くん、あかほんくん、蓮(れん)ちゃんの三人衆。

ホワイトライオンは希少種でアフリカでは神の使いとする伝承があるらしい。
だからか!?ホワイトライオンの僧侶役は。
「おはようからおやすみまで暮らしをみつめるライオン」だからという説も←自説

よく見ると、らおんくんの眉毛の上がり方に威厳を感じる。
警策で肩をビシィッと叩かれてみたり、あかほんくんに「未熟者!」と頭突きされてみたい。
↑ゆるキャラというよりむしろキレキャラ。
格闘技系のイベントにキレキャラがいても需要ありそうだが。
b0089578_15593184.jpg
お土産に京都限定マールブランシュのラングドシャ「茶の菓」を買おうと思ったら、
デパ地下が混乱ショップ!雨の日のディズニーランドのみやげ物屋のような満員列車大混雑。
移動するにも時間はかかるしストレスモンスター級、心がラングドシャーーッ!

「茶の菓」販売所が二箇所に分かれていて、もちろん行列。
こんなに人気あるんだ、四条のデパ地下で朝買っておけばよかった。

JR京都駅の南北自由通路、西改札口の前にある、スバコ・ジェイアール京都伊勢丹の三階、
スペイン料理のフィゲラス
仕切りのない開放感のあるオープンなお店で、お1人様なのでカウンター。
「ラ・ヴァチュール」のタルトタタンが食べられる(時間も夕方のせいか売り切れ)
タパスの盛り合わせ
2人分くらいの盛りつけタパス、サングリアや赤ワインを飲みつつ最後まで飲んだくれ。
b0089578_15594226.jpg
イベリコチョリソーとサルチチョン
パプリカの香りがするチョリソーなどサラミで赤ワインがすすむ君
b0089578_15595843.jpg
タコのアヒージョ
タコはオリーブオイルとガーリックの風味がよく効いて美味しかった。
付け合せにパンをすすめられるも隣の席の人の量がめちゃ多かったので断る。

パエリアも食べたかったがハーフサイズはなく雰囲気的には1人でも大丈夫だが
量的には夜は1人より2人以上がおススメ(ランチは1人分だから無問題)

ここで食べたアヒージョが体のスペインバルボタンを押したらしく、
帰宅してからアヒージョが食べたくてかじきとマッシュルームのアヒージョ作って食べました。
アヒージョのお皿(カスエラ)欲しい・・物欲マシンがふつふつ。
モットー、料理は道具から!
↑新し物好きの裏の声:あのタジン鍋、バーニャカウダ鍋はどこにいったのでしょう・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2012-12-04 12:43 | 京都 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/19588891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 富山(氷見):きときと寿し(回... 京都(京都市役所前):Boul... >>