京都(京都市役所前):Boulangerie de la Liberte(ブーランジェリエ デ ラ リベルテ)・パン

b0089578_15564165.jpg
京都と言えば和食ですが、ラーメンやパンも同時に浮かんでくる。
パパンがパン!クックロビン調にパンを買って帰りたい!
行きたいパン屋さんは数多くあれど、バスを乗り継いで行く気力までないので、
今回は立ち寄った界隈にお目当てのパン屋さんがあったのでそこへ。
Boulangerie de la Liberte(ブーランジェリエ デ ラ リベルテ)

京都市役所近くの寺町通は色んなお店があって、以前もこの辺りをふらふら散策し、
この通りの焼肉屋で団体で脂肪遊戯したことがある。
リベルテはこの通りに面しており、1Fはフランスの伝統的製法で焼き上げたパン、
2Fは購入したパンを食べることが出来るドリンクも色々あるイートイン。

割と狭い店内には山盛りのパンたちがギッシリ!種類もハード系、
クロワッサン・デニッシュなどのヴィエノワズリー、クリームパン・スイーツ系、
ハード系や食パン、クロワッサンなどに挟まった各種サンドウィッチなど。
b0089578_15565760.jpg
お昼やおやつを思い切り食べた後の胃袋なので基本的に持ち帰り脳。
サンドウィッチなどは避けてややハード系重視、でも甘いものも電車でツマミ食いしたい。
すぐに目に付いたのはトラディショナル・シリーズ。

フランスの小麦タイプ55にフランス産ゲランドの塩を漬かったトラディショナル・バゲットをベースに具材をおりこみ小さく成形したパン。

・トラディショナル(黒オリーブ・胡桃・アンチョビ)
粘りがあって噛むの味わい深い生地の味が好きっ、黒オリーブがこれでもか!と入ってるので
半分に切った時にこぼれまくりんぐ、だがそこがいい。
アンチョビの存在感も口に残るのでワインに合わせたいパン。

・トラディショナル(無花果とやぎのチーズ)
シリーズものでお店人気只今NO.1だそう。クセのある山羊のチーズに無花果が合う。
クリームチーズも入ってたかな、それで多少まろやかに。

・ドライフルーツとナッツ
ライ麦の香りにドライフルーツとナッツの歯ごたえ。

・栗のデニッシュ
・洋梨のデニッシュ
どちらもデニッシュがさくさくで旨し!
パン屋語り部じゃないので細かいこと抜きコメだけど、
近くのギャラリーのスタッフさんたちも美味しいと言ってたパン屋さんなのでした。
b0089578_11253096.jpg
さてその近くのギャラリーとはギャラリー直向(ひたむき)
陶器・磁器・木工・漆器・ガラスなど様々な工芸作家さんの作品を販売。
京都や西日本を中心に全国の作家さんの作品を扱っています。

購入したのは滋賀県のしがらき顕三陶房小川紀一さんの器。
煮物を入れる器を探していたので丁度よい大きさと淡い色が気に入ったので決定。

そんなに器に凝りまくる方じゃないけどblogに記録しておくと
後で作家さんの名前を探すのに便利だったりするので。

気に入った器を買うのはいいが、割れるとショックも大きい。
昨日、記念にもらった大事なカップと庄田春海さんのマグカップを割ってしまい大ショック。
形あるものいつかは壊れる!と納得するまで小一時間・・・

記念のカップはアロンアルファでつぎはぎよろしくくっ付けた。
これでいいわ、底から漏れるのでもう使えないけど。
私たちの関係は何度壊れてもアロンアルファでつぎはぎ元通りよ!ちょっとやさぐれリアル。

とりあえず代わりのカップとしてローソンでもらったリラックマを使うことにした。
器のこだわりフリー、使う器は無限大。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2012-12-04 06:25 | 京都 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/19588876
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 京都(京都駅):フィゲラス(ス... 京都(烏丸御池):grains... >>