京都(木屋町):焼きそば千葉(焼きそば)→タナカコーヒー(喫茶店)

b0089578_16572851.jpg
お1人様イタリアンでワインを飲みつつ~の控えめ in 自分レベルに抑えたのは訳がある。
ホルモンヌの血の衝動がこの店に向いているのを止められなくて、焼きそば千葉

四条木屋町を下がってにホルモン千葉という人気のホルモン焼肉屋さんがありまして、
焼きそば千葉はその系列でカウンター8席の焼きそば専門店、隣には肉なべ千葉がある。

ホルモン千葉も未踏だし行きたかったが、複数で行ったほうがあれこれ食べれるかと。
雑誌のホルモン焼きそば写真をチラリの見ただけなのに、意識下に刷り込まれたサブリミナル刺激。

両親ともホルモン苦手で食卓で口にしたことなく、本格的なホルモン焼肉デビューは大学以降。
変わったものが出ない純粋培養な食事で育ったはずが、いつのまにか激情ホルモンヌに成長。

中学の時に同級生の家でシロを食べさせてもらったのがホルモンヴァージン、
あの時は噛み切れないエンドレスに衝撃を受けたものだった<ほぼコテッチャンの味

川島なお美 発言:私の体はワインでできているの。 私の血はワインが流れている
スカタン 発言:私の体はホルモンでできているの。私の血はコレステロールが流れている

ものすごく不健康な発言、今すぐ血液検査必要的な。
実際の健康診断では、やや高めなものの正常範囲に留まっているのだが。

話が長いのでお店に入りましょう!でも人気店なので1回目は満席だった。
2回目の突入は10時過ぎ、お店は11時がラストオーダーです。
b0089578_16574353.jpg
焼きそば(1玉)黒ダレ、トッピング(直腸とタンシタ)

基本の焼きそばの具はキャベツだけなので、タレの味を選択してから
トッピングに好きなホルモンを追加していきます。

焼きそば:1玉(700円)、2玉(1000円)、3玉(1300円)

タレ:コク塩、黒ダレ、スペシャル(スペシャルは辛いそうで、まずは黒ダレを勧められる)

ホルモン:直腸、タンシタ、ハラミ、ほほ肉、コリコリ、ホソ、アカセン、タン、ミックス
(部位によって値段は違う、ちなみに自分が注文した直腸とタンシタが一番安:380円)

1人で切り盛りしているので注文まで少し待たされるのは仕方がない、
「必ずそちらに行きますので!」と丁寧に宣言されると「いつまでも待つわ」のあみん気分。

焼きそばはキャベツてんこ盛りでそばかくれんぼ、えぇっ食べれるかなぁ~(一応ふり)
b0089578_16581552.jpg
後つけで玉子(50円)もプラスして焼きそばの上ののせてもらった。

タレの色が黒くて濃そうなんだけど、くどくはなくキャベツにいい感じにからまってます。
甘味とコクがあって麺も太めじゃないけど、なかなかもちっとして旨。
玉子の黄身を崩して、とろっとした状態のそばも美味しい。
直腸は腸好きな自分にぴったりプルプルな味わい、タンシタは割りとあっさり。

他のタレの味もホルモンの部位も味わってみたいので、また来たいなぁ~
黒板にはハツテキ(牛ハツのステーキ)、豚バラ先ナンコツの煮込みなどもあって、
肉星人のアンテナをビシビシと刺激しまくりんぐ。
b0089578_1658365.jpg
最後に紫蘇シャーベットが出てきたのはサービス?ホルモン口臭もこれでさっぱり。

見た目ジャンキーな焼きそばながら、お店は新しいのでカウンターも綺麗です。
京都で〆はカレーうどんとか食べてたけど、ホルモン焼きそばイイね!
もちろん〆だけじゃなくて、普通にお肉と焼きそば食べてる人が大勢います。
b0089578_16585949.jpg
〆を食べたのにまだまだラスボスの甘いもの食べてな~い!と1人駄々こね。
ホテルに向かう途中に偶然通りかかった喫茶店に入りました。
タナカコーヒー・河原町店、場所は京都BALの横の通りを入ったところ。
お店の外の看板に深夜2時という文字が目に入ったので、即決め。

月曜~木曜・日曜日:朝7時~深夜2時、金曜 土曜日:24時間営業
b0089578_16592143.jpg
店内は広くて二階もあるようで、とりあえずカウンターに座る。
メニューにはサンドウィッチも並んでいてモーニングにもいいかも。
モンブランケーキはまぁまぁ、深夜にコーヒーをゆっくり飲める喫茶店で安心感。
静かで落ち着けて、時間を気にしなくていいので、ここは覚えておこう。

ぜい肉増量キャンペーン京都1人飲みナイト、この日は終了。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2012-11-27 12:33 | 京都 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/19565346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 京都(三条寺町通):スマート珈... 京都(三条木屋町):京都ネーゼ... >>