京都(三条木屋町):京都ネーゼ(イタリアン)

b0089578_21395171.jpg
突発的、秋の京都1人旅、夕飯タイムに差し掛かるまで街中をしばし散策。
裏通りの見知らぬショップに適当に入ってみたり錦市場をうろついたり。
旅行先で冬用のブーツを購入することが多い私、今回も同じ行動にてブーツを手に入れた。

ホテルに荷物を置いたら飲み歩きタイムの始まり、夜の街に出動!
一応、頭に数軒入れてあるが、よさ気なお店にふらっと立ち寄ってもいいと先斗町方向へ。

予想はしていたが国内外の観光客が押し寄せていて、先斗町の狭い通りは大混雑。
ここまで人が多いと情緒もあったもんじゃないわぁ~お店選びする心の余裕ナッシング。

和食大箱スタイルは1人じゃ居心地悪そうだし、メニュー看板のなしの雰囲気のある店構えだと値段が不安。
路地裏にあるこれは!と思ったお店は大概満席、カウンターがないお店は諦め。
ハッ、私は今、京都の町で夕食難民になりかけ現在進行形・・・

時計の針はPM8:00過ぎ、だめもとで予め頭に入れてあったイタリアン、京都ネーゼに向かう。

東京、NYでの修行、「サンタマリアノヴェッラ・ティサネリーア」での料理長を経て、
2007年に木屋町三条にオープンした京都ネーゼ、
地元の旬の食材をシンプルな調理法で洗練された演出を活かした人気のイタリアン。

人気が高く予約が取れにくいレストランなので、当然満席と思っていたが
カウンター1席だけ空いていて入店できた!予約もせず偶然入れたのはとてもラッキー。

頼めば量の調整が可能なので、お一人様でも色んな物がいただけるという自由度が高いところが心強い。
2人じゃネーゼ!1人ダゼ!パワフル魂!ガッツだぜ!(ウルフルズ仕様)
お一人様仕様で今回は全てハーフサイズで注文。

季節野菜のバーニャカウダ(アンチョビソース)
有機やこだわり野菜を販売しているワンドロップから仕入れている新鮮野菜の数々。
かぼちゃやトマトなど野菜が甘い~見難いけど食用のほおずきなども。
アンチョビソースにバケットを注文して食べればよかったと後から後悔。
b0089578_21401832.jpg
タレッジョチーズのソテー
タレッジョチーズとは、イタリア版ウォッシュタイプチーズの代表格で、
北イタリアのロンバルディア州を中心に伝統的に作られている生の軟らかいチーズ。

ソテーされたチーズは、とろっと柔らかくって味も香りもマイルドで食べやすくて美味しい!
超薄のクラッカーにのせると柔らかいので、「横からタレッジョ!」
とギャグをぶちかましたいが1人なので無言、心の中だけのストーリー。
b0089578_2140862.jpg
淡海地鶏(内臓)の軽いスモーク
穴の下から出てくる桜のチップの煙で燻されるお肉たち、なるほど軽いスモーク。
まるで香炉をイメージさせるような形で、京都なのでと何故か納得して自己完結。

活地鶏専門店「かしわの川中」の淡海地鶏の内臓はトサカ(鶏冠)、丸ギモ(脾臓)、
後は何だっただろう、背ギモとかかな?骨付きのお肉も。
臭み全くなしの内臓は燻製の軽い香りが心地よく、トサカはプルプルして噛み応え柔らかめ。
コラーゲンの塊なのか?特徴的な形とは対照的に食べやすい。
b0089578_21403571.jpg
シャラン産 鴨胸肉の炭火焼(ハーフポーション)
胸肉とは思えないほど柔らかくてきめ細かい赤身、とってもジューシーで美味しい!

ここまでアルコールはスパークリング(グラス)→白ワイン(グラス)→赤ワイン(グラス)
ワインの時は女性スタッフがさっと横に来て、おススメのワインを説明してくれた。
とても分かりやすくて丁寧で、先にグラス別のお値段を教えてくれたのも嬉しい。
b0089578_21402977.jpg
スパゲッティー3種のチーズのカッチョ エ ペペ
スパゲッティーは手打ちにも出来ますよ、と言われたので手打ちにしてもらった。
カッチョはチーズ、ぺぺは粗みじんに切った黒コショウ。
ペコリーノ・ロマーノ、パルミジャーノ・レッジャーノ、カステルマーニョ。

この手打ちパスタが丁度良い太さで、もちぃっとコシがあってとっても美味しい!
胡椒の香りが口いっぱいに広がって、雪のようにふわふわ状態になって各種チーズをからめながら食べました、うま~~。

他にも気になったのがセコガニのパスタ、ポルチーニ・カルドンチェッロのパスタ(リゾットにも)
山田農園のカルボナーラ、和牛のミートソースなど。

シェフを始め数人いるスタッフさんの動きが常にテキパキしていてサービスがとても良いな~
雰囲気も堅苦しくなく料理も美味しく、また食べにいきたいと思わせるレストラン。

全てハーフサイズとはいえ、とりあえずコースっぽく1人分食べた様に見える。
が!私の胃袋の闇は奥深く、まだこれでは終わらなかった・・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2012-11-26 12:40 | 京都 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/19560654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by y_flugels at 2012-11-27 00:16
おひとり様だと意外とすっと入れたりすることありますよね>カウンターのお店だと。
予想通りではありますが、スパゲッティー3種のチーズのカッチョ エ ペペ これじゃ少ないですよね!
Commented by minamicci at 2012-11-27 13:17 x
京都在住、田舎が金沢なのでよく見させてもらっています。
金沢に行くときのお店選びの参考にさせてもらっています。

京都ネーゼはいいですよね!
女性は森シェフの奥様でとても感じの良い方ですよね!!


Commented by sukatan_queen55 at 2012-11-28 09:45
●y_flugelsさん
意外にお1人様は入店に便利、でもカウンターじゃないと辛いですね、名古屋の時はテーブルに1人でしたわ
お1人様だったので全てハーフサイズにしてもらいました。
スパゲティー、普通の量でもよかったんですが、少なくしてもらって次のステージに挑戦しにいきました(笑
Commented by sukatan_queen55 at 2012-11-28 09:56
●minamicciさん
はじめまして、ありがとうございます
京都ネーゼ、名前は知ってはいたのですがとても良いお店でした!
あの女性スタッフの方はシェフの奥様だったのですね。
とても丁寧に説明してくださって感じの良い人でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 京都(木屋町):焼きそば千葉(... 京都(河原町):梅園(甘味処) >>