金沢(清川町):杉の井(日本料理)

b0089578_1414016.jpg
先週は怒涛の忘年会・飲み会の深夜特急コースの連続で胃もお疲れぎみ。
画像と疲労が溜まっていくのに財布の中身は反比例。
もう幾つ寝るとボーナスか!を待ちわびている今日このごろ。

11月しょっぱなの忘年会はいつもの仲間で老舗料亭の杉の井
犀川のほとりに佇む「杉の井」さんは、どの部屋からも庭園が望めるお座敷が7室あり、
今回は初めての1階。2階の大広間とはまた違った趣向で落ち着きます。
全員が揃うまで趣のある庭園に出てみたり、お部屋でのんびり風情を楽しんだり。

7時だよ!全員集合の予定だったが、皆の仕事の都合によりやや遅れて開始。
最初は梅酒と温かい湯葉をいただきました。
見た目で湯葉かな?と尋ねたら「ずばり湯葉!」と即答が仲居さん以外の人から。

お造り
ぶり、イカ、平目のおつくり
イカは甘いし平目は身に透明感があって口に入れた時の歯ごたえ抜群。
b0089578_14141072.jpg
くりおこわ
もちもちとした食感のおこわの上にのっているのはカラスミ。

実はいつもの料理長さんがご病気でしばらく代役として、東京・青山「指月」に居られた島林さんがピンチヒッター。何でも鎌倉にお店を出されるとか。
b0089578_14142179.jpg
茸のつつむし
器がつつ形だから「つつむし」なのか、土瓶蒸しに似たお出汁が効いていて美味しい。
お汁が冷めにくくとても体がほっと温まる。
b0089578_1414311.jpg
秋鮭の幽庵焼き
醤油、みりん、日本酒を混ぜたタレに魚の切り身をつけ込んで作る幽庵焼き
柚子の香りが爽やかで脂ののりもたっぷり、鮭の皮が子供の頃から大好きな奴です。
b0089578_1414486.jpg
京芋の田楽
口当たりもっちりと上品に煮付けられたたぶん海老芋は上に田楽味噌と一緒に食べる
b0089578_14145891.jpg
香箱がに
カニ!!やはりカニが出てくると気分も高揚するカニ。
昨日、スーパーで398ッ香箱がにを横目に見つつ、楽チンなお刺身掴んでしまった。
やはり蟹は剥いてもらうのが一番、身もさることながら内子がうま~い。
b0089578_141594.jpg
むかごごはん、お味噌汁
大きなお釜に炊かれたむかごご飯、むかごの粒が大きくて思わずお代わり。
お味噌汁は赤だしが強く出ていた味。
b0089578_14151972.jpg
フルーツ
この季節の梨は新興梨、二次会の場所決定まだまだ進行なし。
梨好きなので冬近くまで梨食べてました、冷蔵庫みるとキムチ作るのかと。
b0089578_1415317.jpg
くずきり
杉の井さんの名物「くずきり」冷たくてひやひや~でもちもちコシあり。
黒みつでいただきます!美味しい。

友人の着物姿も拝むことが出来た。料亭に映えますね、和装って。
帯がきつくて沢山食べられないと言っていたのが難点でしょうか、私的には。

ゆったりした空間で素敵なおもてなしと懐石料理をいただき、ごちそうさまでした。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2012-12-10 06:10 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/19530058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 石川(白山市):キッチンユキ(洋食) 金沢(片町・新天地):火ート(... >>