広島(広島市中区):原爆ドーム→はらドーナツ(ドーナツ&カフェ)

b0089578_1723823.jpg
お昼ご飯を食べた後は徒歩で広島に来たら外せない原爆ドームへ。
私の両親は共に戦争体験者で、昔は終戦記念日の戦争特集番組をよく夕食の時間に見ており、
原爆特集の教育テレビを見ながらの食卓はかなり陰鬱な雰囲気で、
子供な私は別の番組が見たいとも思っていたが、あれは親からの戦争の悲惨さを次世代へ伝える教育の一環だったな、と。
これだけの負の遺産の象徴を抱えて平和を訴えながらも、今の東アジアの不安定な情勢を考えると、将来もずっと平和でいられるか分からない漠然とした不安が湧き上がっている自分がいる。
b0089578_1724912.jpg
被爆者の遺品や被爆の惨状を示す写真や資料を収集・展示している広島平和記念資料館
1人でも多くの人に見てほしいと資料館の入場料は50円。

高校の修学旅行の際に長崎原爆資料館には訪れており、悲惨で残酷な写真は当時高校生だった自分にはかなり鮮烈で今でも脳裏に焼きついている。ここでは、その恐ろしさと同時に原爆への人体への影響など科学的な事など原爆の真実を知識として知ることが出来た。
b0089578_173866.jpg
その後、お目当てのカフェで休憩しようと思うが満席で、近くのはらドーナツ(広島店)に入った。
昭和43年創業の神戸の老舗豆腐店「原とうふ店」の豆乳やおからで作ったドーナツのお店。
全国チェーン展開しているけど金沢には店舗はないので、初めてのはらドーナツ。

「はらドーナツ」
素朴で甘さ控えめでいかにもヘルシーっぽく、もちもちでなかなか美味しい。
この時は冷たく冷やして食べるドーナツである「りょーなっつ」も新発売されていた。
「ライムりょーなっつ」
生地にミントの葉が練りこまれていて、普通のものより冷やされているせいかやや固め。
上のライムクリームと合わせて食べるとさっぱりして夏にぴったり。
b0089578_1732541.jpg
豆乳ソフトクリーム
普通の牛乳のソフトクリームに比べて、さっぱりでも口当たりはかためのずっしり感。
そんなに甘くないので食べやすい、気温が高かったせいか溶ける&食べるの戦いになった。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-02-19 06:50 | 広島 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/19508572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 広島(広島市中区):八昌(はっ... 広島(広島市中区):つけ麺本舗... >>