金沢(本町):タパス・エ・バール・ぶどうの木(バール&レストラン)

b0089578_1743044.jpg
犀川で行われる花火大会に足を運ぶのは毎年の夏の恒例。
団体だったり少人数であったりメンバーは様々、1回目は川べり近辺で間近で見られたが、
2回目は仕事の終業時間が遅くて場所取り断念、ビルの屋上の駐車場から覗き見花火。

コンビニで買ったジュースを飲みながら金網にしがみつき、華やかな火の舞に場外乱闘寸前の興奮ばり。
終了後は駅周辺だったこともあり近場のタパス・エ・バール・ぶどうの木に行ってきました。
「ぶどうの木」が展開しており、1Fが「金沢魚介バル」・2Fはアラカルトやコース料理など頂けるレストランという構成。ソムリエが厳選したワインは常時200種類以上用意されている。

レストランの女性シェフである舘シェフは、ジビエ料理が得意とか。
私も死角がないほどのホルモンヌ、また正真正銘の看板掲げていいほどのジビエ料理好き!

小さい頃から食卓に並んでいたのは、もちろんごく普通の家庭料理。
変わった食べ物や外食が嫌いな親の元で育ったので、ホルモン焼肉を食べたのは大学の頃、
ジビエは社会人になってからだった・・じゃあ何故今そんなに異常に好きなのか?

私が小学校低学年の頃に気に入っていた児童文学は「ロビンソン・クルーソー漂流記」
日記形式になっており野生の山羊を捕まえて食べるなどサバイバル食生活に興味津々。
既にジビエ精神への憧れが小学生の頃から浸透。

教科書では宮沢賢治の「注文の多い料理店」も好きだったり・・食べる系ばかり!
あれは人食いなのでジビエのレベル越えてますが。

予約してあったのは2階のレストラン、幅の広いカウンターに2~4名用の個室、10人は入れるテーブル席などがある。
テキパキ動いているスタッフの数が結構多くて、カウンター越しに行動が丸見えなのでちょい緊張。

夏の厳選素材コース:6000円
最初に出たのはシュガートマトの丸ごとムースだったかな?
b0089578_175516.jpg
能登島赤土有機野菜のバーニャカウダー
私も能登島まで足を運んだ高農園さんの有機野菜を使ったバーニャカウダー。
ソースには隠し味としてお味噌が使われているらしく和風らしいコクがある。
岩塩は確かイギリスの有名な崖っぷちの海の塩だったような・・ユーリーズミックスのPV?
b0089578_1752761.jpg
金沢港より夏の岩牡蠣・酢橘ジュレがけ
酢橘(すだち)ジュレでぷりっとした岩牡蠣をさっぱりと!
本当はこのジュレの下に山葵クリームソースがかかっているはずなのだが、
山葵NGなのでそのままジュレだけのお味で。
b0089578_1781668.jpg
お隣様はちゃんとジュレの下にソースが敷き詰められていて、
複雑な味で旨い!これ食べないなんて後悔!と言われるが、仕方なかろう!
b0089578_1755366.jpg
網元直送 のど黒の焙りと鮮魚のカルパッチョ
久しぶりにのど黒を食べました、焙ってあるので多少香ばしく脂ののり具合が美味しい。
b0089578_1783996.jpg
シェフのスペシャリテ・山肉前菜盛り合わせ
口頭で説明を受けたのだがメモをとっていなかったので、メニューに載っていた以下のお肉の前菜のどれかだと思います(いい加減)
でも、羊と鹿は聞いた覚えがあり鶏も豚もあったような!どれも美味しゅうございました。
このジビエっぷり私は小躍りだが、彼はどちらかと言うと好んでは食べない方。
しかし食べれないわけではなく俺の物は俺の物!としっかり頂いていましたが。

柏産 幻霜豚モモ肉の自家製ハム
伊豆天城の黒豚 豚レバーの低温カルパッチョ 白バルサミコソース
福井産 猪バラ肉のリエット 黒豆のブリニーにのせて
天草大王 地鶏のモモ肉のバロティーヌ 落花生ソース
16ヶ月熟成 幻霜豚の生ハム プラムと
吉井あゆみさんより 本州鹿のローストビーフ風
能登地鶏レバーと幻霜豚のフォアグラ入りパテ バゲット添え
幻のサフォーク仔羊のスモークパテ
b0089578_17939.jpg
能登海女捕り・黒鮑のステーキ肝バターソース
海女捕りと明記されているだけでランクアップな心理、昔~県民プールの2mプールの底までよくタッチしに行ってました!←海女に対抗?
コリコリとした食感と旨味で美味しいのは当然の鮑、肝いソースがコク深い!
b0089578_179237.jpg
幻のサフォーク仔羊ロースの炭焼き 夏野菜とバジルソース
長野県信州新町産の春から夏にかけて美味しくなる仔羊、赤身も脂身も旨味たっぷり。
鼻から抜ける微かな羊のかほりが羊ラブ子にはたまりません!口から鼻へ受け流す~♪
b0089578_1794058.jpg
イタリア産リコッタチーズと白桃のデザート
リコッタのさっぱりとした味と柔らかい桃が優しく、
パンチを喰らわせたジビエからの変化が飴とムチのような。

お魚ももちろん色々揃っていますが、お肉のメニューが魅力的でアラカルトでも注文したい気分。

来年の花火こそは浴衣姿で日本の夏を満喫したい。
浴衣姿って女性の色気がそこはかとなく現れ、情緒的ですもんね。
ガレタッソで外人さんに浴衣の帯を引っ張る定番「あ~れ~」を何人かで伝授していたのだが、
あれは日本文化の側面として情緒的に映ったかしら?むしろ情緒不安定・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2012-08-24 12:34 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/18837569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by やっすん at 2012-08-26 07:12 x
ロビンソンクルーソーは私も好きでしたよ。
あと「銀河鉄道の夜」も「かささぎ」を食べるシーンだけ何度も何度も読み返してました。白くてうすくてほんのり甘そう・・・
(ちなみにその部分しか記憶に残っていません!)

スカタンさんが召し上がったお料理、「贅沢においしいものをいろいろちょっとずつ」という
女子には夢のようなメニューですね!じゅるるー。
Commented by sukatan_queen55 at 2012-08-29 23:34
●やっすんさま
なぜ物語上の食べ物って美味しそうなんでしょうね。
文章だけなのに・・・だからこそ想像力が膨らんで食いしん坊の道に!?
後は、「鼻」っていうコックさんの鼻が長い童話があったけど、話は忘れたのに食べ物関係の話だったことは覚えています。
Commented by 履歴書の書き方 at 2013-08-25 11:22 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Commented by sukatan_queen55 at 2013-08-27 00:59
●履歴書の書き方さん
訪問ありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(三馬):珈琲のばん(カフェ) 金沢(野田):ムシャリラ・ムシ... >>