金沢(香林坊):いたる(酒と人情料理)で「若手蔵人と美酒を酌み交わす会」

b0089578_13494643.jpg
6月13日、新鮮魚を中心とした人気居酒屋・いたる(香林坊店)にて、
「若手蔵人と美酒を酌み交わす会」が開催され、参加してきました!

かなり前に参加表明していたので、すっかり頭からはお忘れモード。
スケジュール表に書かれた「いたる飲み会」、これはいつの間に?誰と?
しかも、本店に間違えて行ってしまい、宇宙スピード並みに老化が加速している!?

蔵元の方々はもちろん、あらゆる方面の職業の人たちが集った異交流の場。
地元酒蔵の美酒に酔いしれ、いたるさんの魚肴を味わう胃交流も楽しみ。
b0089578_135064.jpg
食前酒に出された純米酒のモヒート風。
ここでも大人気のモヒート!日本酒ベースにさっぱりミントの香りで呑みやすい。
モヒートをもひ~とつ下さい!!
b0089578_13501934.jpg
お造り(能登マグロ、車鯛昆布〆、生水たこ、能登真鯵、きじ海老)
新湊小梅貝煮、甘栗南瓜と豆乳の冷たいスープ

やっぱり「いたる」さんと言えばお造り!出てきた途端、皆の目が少女マンガ風に!
甘えびよりも2回りほど大きいきじ海老は身がぷりぷり。
能登半島沖で捕れる能登マグロ、意外と食べてなかったその美味しさ。
歯ごたえのある生水たこといい、どれもうまーいが、山葵が触れている部分はどうぞ(苦手)
先に出された甘栗南瓜のスープも冷たくて口に滑らか。
b0089578_13503128.jpg
今回参加していた地元の蔵元さんは、「吉田酒造」「菊姫酒造」「福光屋」「数馬酒造」「久世酒造」「はやし酒販」「鳥屋酒蔵」「車多酒造」「はやし酒販」
「はやし酒販」さんだけが福井の蔵元さんでした。

やはり良質な水に恵まれた米どころだけに酒造メーカーも多く、それぞれに代表するお酒があります。
「吉田酒造」の手取川、「菊姫酒造」の菊姫、「福光屋」の加賀鳶、「数馬酒造」の竹葉、
「久世酒造」の長生舞、「鳥屋酒蔵」の池月純米酒、「車多酒造」の天狗舞、
「はやし酒販」の黒龍、

吉田酒造さんのお隣には吉村農園という秋になると梨を販売している農園があり、
毎年買いに行ってます!と告げると、帰りに呑みにきてくださいという冗談を。
冗談と済ませられなくなるやも!?誰かー運転手ー!
そして、車多酒造と聞いて車田正美を思い出したのはこの会場で私だけだろうな。
b0089578_1350467.jpg
能登豚角煮の温玉添え、真鯛の吟醸酒粕焼き、
金時草と能登岩もずくの酢の物

私に角煮と温玉を与えておけば機嫌が直るという証明の画像のデカさ。
もちろん吟醸酒粕焼きと酢の物もお料理と酒のあてとして申し分ないですが。
b0089578_135101.jpg
白海老団子と稚鮎のフリット、
加賀太胡瓜の能登塩オリーブオイル掛け

稚鮎とは、春先(3月~5月) にかけて釣れる鮎の子供で、幼魚時は海で過ごし10センチ位になると川へ戻っていくそうです。
白海老団子は周りが香ばしくて弾力があり、白海老の香りがふわ~っと。
どちらも揚げたて一番、抹茶塩でいただきました。
b0089578_13511357.jpg
茄子と白海老の大門そうめん
座席がガレタッソ組で固まっていたので、異交流はお酒が入ってからと思っていたが、
もとい食事が終わってからに変更!富山の大門(おおかど)素麺はコシが強め!
家にもあるので食べなくては!ぐるぐると丸く曲げて袋に入ってるのが特徴。
b0089578_13512620.jpg
黒ごまプリン
元職場の後輩も参加していたので、そちらの席に移動してたまたま同席していたレストランオーナーの方々とも大賑わいで歓談。
20代のパンドラの箱的な日本酒から脱皮して、人生酒街道を一歩前進した楽しい夜でした。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2012-06-27 06:30 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/18494726
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 委員長 at 2012-06-29 01:57 x
いたるさんの料理いつもよりはるかにグレードアップしている!特にお刺身盛り合わせは普段お店では絶対見ることのできない豪華なラインナップ。く、くやしい。。
私は日本酒が飲めない残念な酒飲みなのでこれからもこの集いに参加することはないでしょうが、とりあえずいたるさんの携帯にこのフラストレーションをぶつけよう・笑。
もちろんスカタン様にはご迷惑をお掛けしませんのでご安心を^^
Commented by やっすん at 2012-07-02 06:15 x
「20代のパンドラの箱的な日本酒」、至言ですわ!
ワインもそうですが、日本酒も(もちろんそのほかのお酒も)
20代のころは味わいもよくわからず飲んでいたなあ。
資金がなかったのもありますが、美味しいものを味わう舌が未熟だったのですね。
いや今でもまだまだですが、これから精進します!(とひとり決意を新たにする)

純米モヒート、おいしそう♪どのお料理も、よいお仕事をされてますねえ。
Commented by sukatan_queen55 at 2012-07-04 00:19
●委員長さま
私も今まで日本酒は敬遠していたのですが、意外と銘柄によってはいけるものもあって発見が嬉しかった1日でした。
敬遠といっても単に飲まれていただけなんですけども。
昔に比べてお酒は弱くなったのに飲める種類は増えたような気がします
Commented by sukatan_queen55 at 2012-07-05 08:06
●やっすんさま
私が就職した頃はまだイッキ文化全盛期立ったので、ビールをよく飲まされたり日本酒も俺の酒がのめないのか状態でその結果がパンドラの箱。加減がわからないのと味も分かってなかったなぁ。純米モヒート、日本酒が苦手な方でもさっぱりとして新感覚で飲めちゃいそうです
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(八日市):豚太郎(焼き鳥... 金沢(新竪町):八百屋・松田久... >>