金沢(片町):京祇園 ねぎ焼 粉(Kona)

b0089578_1636219.jpg
「振られたけど1度や2度の失敗では諦めない!」
そんな肉食女子の恋愛のような発言をさせてしまうお店が109の裏手にある。
珠洲出身で京都の祇園近くで修行をしていた御主人が開いたお店、京祇園 ねぎ焼 粉
京風のネギ焼、お好み焼き、一品料理の鉄板焼きがいただけます。

今まで飲み会の帰りや真夜中に半眠りの中に少々、後は振られ続けて三千里、マルコー!
定休日に行ってしまったこともある自己責任。
繁盛店だしカウンターと小上がりが1席しかないので、入店出来ずは常に頭に。
今回は早い時間に偶然2席GET、飲みの乳母車から棺おけまでここにいすわる所存。

特製だし巻
居酒屋でついうっかり注文してしまう、だし巻キラー見逃すはずもなく。
ふわふわっとして中はとろっと出汁と紅生姜とネギの味がうんまぃ!
b0089578_16361148.jpg
鳥せせり
お肉はどこの部位でもあるわけではなく厳選されていて、おススメは鳥せせり。
「せせり」は鶏の首の剥き身で、よく動かす身なので肉が締まっていて脂身も多い部位。
一羽からほんの少ししか取れない隠れ玉手箱のよう。
ネギとの相性もバツグンで、噛むと身に味わいがあるし旨いです。
b0089578_16362185.jpg
ギョウザ
フェイントで餃子を食べてみる、鉄板で焼かれてカリッと。
味噌だれを付けてというのが新鮮で同行者のお気に入り!
b0089578_16363095.jpg
粉風ピザ
炭水化物をめぐる胃袋の冒険の始まり、鉄板で焼かれる生地がお好み焼きで上がピザ。
チーズとろとろで~少し置いて生地がややパリッとしてもそれも良し幾三。
b0089578_16363950.jpg
ねぎ焼(海老)
ねぎ焼きの種類は牛肉・豚肉・イカ・ちくわ・海老・牡蠣(冬のみ)・すじ肉・ミックス
薄焼きの生地の間に焼かれて柔らかくなった九条ネギがたっぷりで美味しい。
もちっとしてネギのさっぱり感が広がって幾つでも食べられそう~本気と書いてマジ。
b0089578_16365821.jpg
みのてっちゃん
メニューにはみの焼き、てっちゃんと2つのホルモンメニューがあるが、
常連さんに連れていってもらった時にミックスを作ってもらったオリジナル。
タレがたっぷり混ざっているけど、クドくないし丁度良いお味。
ホルモンヌにはタマランチ!キャベツも摂取出来るし、うまうま。
b0089578_1637749.jpg
ねぎ焼(ミックス)
「俺、もう1枚ねぎ焼食べる」
「ハァ?じゃあ、私は焼きそば食べるよ」←何故か対抗
ちょっと頼みすぎ予感、でも何を頼んでも分けて食べ切ってしまう胃袋2人。

2枚目のねぎ焼は醤油味にしてみました、あっさり風味でこれまた美味しい!
ミックスの中身は牛・豚・イカ・ちくわ
b0089578_16371570.jpg
焼きそば(豚肉)
麺ものだとラストに注文してもお腹に入る気がする、延々と居座るフルコース。
何を食べても美味しいのはもちろん、1品づつお皿を変えてくれたり、
脂が飛ばないように銀紙で盾をしたり、大将の心配りとサービスも際立ってます。

さすがにハシゴは出来ずにとっとと帰宅した満ポコりんな夜でした。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2012-06-19 06:53 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/18431381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(片町):a.k.a.[ア... 大人の遠足:長町、武家屋敷跡編... >>