金沢(松村):雑穀玄米ごはん・てんてん(玄米菜食)、てんてんの料理教室

b0089578_1510473.jpg
午前中いっぱい健康診断にかかりきりだった日のお昼ごはん。
前日夜10時から飲まず食わず、採血もして胃袋半泣き状態。
ヘルシーな食事を求めて行ったのは、玄米菜食のお店てんてん

動物性のものを使わない自然食な玄米菜食の食堂で、畳部屋に癒される音楽でまったり。
ちょっと場所が分かりにくくて、自称方向オンチじゃないのだけど、
交差点を間違えて怪しく迷うこと10分ほど。
忘れちゃいけないのは、観音堂町南の交差点で曲がること。

この日のメニューは確認はしなかったが、とにかく雑穀玄米ご飯がうま~!
雑穀玄米の中身は玄米・もち米・粟・きび・ひえ・丸麦など。
噛み応えがあるので1口30噛み推奨、香ばしくて美味しい。

後は玄米ビーフンが混ざった野菜炒め、お麩や豆・揚げの煮物、ところてん、茸のお味噌汁。
家庭的な料理に見えるけど動物性のものは一切使用しておらず、
出来上がるまでにかなり手が込んでいる、とっても体に優しい料理。

定食には松・梅・竹がありますが、沢山食べたいため食べるのはいつも松!
ベジタブルカレーは未食なので今度食べてみたい。

その手が込んでいる料理を体験しに料理教室に行ってきました!
ハートハウスの3回限定、「てんてん」の玄米菜食コース。「第1回目」
b0089578_15331177.jpg
マクロビオティックには「一物全体(いちぶつぜんたい)」という
食材を丸ごと使い切るという基本概念があるので、人参・玉ねぎの皮も煮物の出汁に。
山芋も根っこのヒゲをガスで炙って焼いて、皮のまま使います。

この煮物の出汁は朝から2時間ほど煮て用意してあるそうです、おぉーっ。
出汁の干し舞茸も煮物に入れてある千切大根も自家製です、おぉーっ。
ごまは洗いごまを気長に炒めてすり鉢で擦ります、おぉーっ
って感心してばかり。
b0089578_15524256.jpg
・雑穀玄米ご飯
・山芋・人参のお味噌汁
・粟・炒り大豆・玉ねぎ入りの巾着、人参・スナックエンドウの煮物
・ひじきのマリネ、と残ったマリネ液でピーマンと芽かぶのマリネ

煮物に入っている人参は塩をかけて蒸しただけで、煮物に添えてあるのだけど、
野菜の味が濃くて美味しい。
煮物もお味噌汁も旨味が出ているし、そしてやっぱりご飯旨いわ~。

油や酢も色んな種類をブレンドしてあったりして、細かい工夫が盛り沢山。
野菜を無駄なく使う考えも素敵だし、身体に良いことを沢山教わった。
てんてんのお料理、全ては真似できないけど、スピリットは伝わりました!

伝わっただけじゃだめで、実行しなくちゃいかんけど・・・

てんてんに食べにいけばいいか←実行しろよ
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-06-23 07:02 | 石川(金沢) | Trackback
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/15771828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 金沢(野田):ムシャリラ・ムシ... 金沢(長町):百薬キッチン(薬... >>