大人の遠足(金沢駅前周辺編)その1:鬼やしきで釜ごはん

b0089578_16355796.jpg
空はどんより肌寒かった5月末日、春恒例の大人の遠足が行われました。

駅集合メンバー:のりさんAOIちゃん凸バちゃんヨシさんパオ子ちゃん
なちぼん、キムさん、カオナシさん、松虫さん、まーくん、スカ子

そして、金沢観光ボランティアガイド「まいどさん」は、いつものたーさん
金沢駅東広場でたーさんが話し出そうというのに、私がいつまでもベラベラ喋っていたので
後ろからのりさんに頭を叩かれたのを合図に遠足のスタート!

金沢の玄関口、東口はもてなしドームという強化ガラスばりのドームになっており、
天気がぐずつくことの多い金沢を訪れる観光客から雨をしのいでくれる。
正面に構えるのは鼓をイメージした「鼓門(つづみもん)」。
冬場にはガラスに積もった雪をせき止めてくれる役割も持っています。

「駅は東口、西口とありますが、何故正面にだけ鼓門を建てたか分かりますか?」
とのたーさんの問いに皆「?」

「ここを治めていた地元藩主は?」

「前田家・・・・・前だけ!

ダジャレかーー!
まさか、たーさんからダジャレが飛び出すとは思ってなかったので皆驚き。
どうしたのかしら、何年も案内しているうちに私達のダジャレ毒が周ったとか。
b0089578_16384070.jpg
まず始めに行ったのは金沢駅西口左横に建つ平岡野神社
足利尊氏が「愛染明王図絵塔婆」を奉納し、前田利家らの武将達も戦勝を祈願したとか。

祀られている神々たち
伊弉冉尊 (いざなみのみこと):「夫婦和合の神」
大山昨神(おおやまくいのかみ):「お酒の神」
大国主尊(おおくにぬしのみこと):「縁結びの神」
b0089578_1639513.jpg
続いて金沢駅西口広場へ進むと、大きな鋼材のモニュメントが目に付きます。
今まで、単純に石川県のマークだと思いこんだら節だったのですが、
実はたーさんの説明によると「悠よう」という題が付いているそう。

すると、たーさんが「はるな愛ではありません」、と。

え!?どういうこと?

周りの人の反応からすると、はるな愛の口ぐせ「言うよねぇ~」のダジャレらしい。
言うよねぇ→ゆうよう・・・ガーーン!
どうしちゃったの、たーさん。←自分も散々ダジャレっているクセに・・・・

きっと、ここを観光案内している時に団体さんが、「悠よう」を
「あら、ゆうようって何だか、はるな愛っぽいわね~」と言い放ったのを
そのネタもらったーー!と思ったに違いない、と勝手な憶測を話し合う私とパオ子ちゃん。
b0089578_1641392.jpg
次の目的地まで黙々と歩くが、健脚のたーさんはかなり早足。
ランチまでにかなり体力を消耗しそう、しかも買い食い場所が予想出来ないわ
と考えていると、なちぼんが皆に「うまい棒」の食料配布。

沢山の種類の中から「チキンカレー味」「牛タン味」をいただきました。
これで何とか昼までは凌げそう。

空腹時のうまい棒が美味だったせいか、遠足終了後にメガドンキで見つけた
うまい棒30本セットをつい購入。ポチッとネット買いにも似た衝動。
そして、寝る前にうっかり3本も食べてしまった事実。
エビマヨ味うまいよ。
b0089578_1647543.jpg
駅東側パチンコホームラン裏手にある久昌禅寺
門前に、末裔中川一政画伯の筆になる久昌禅寺の石柱がある。
ここはまず本道横に地蔵堂があり、まず一箇所は昔浅野川が氾濫した時に発見された
赤戸室石製の巨大地蔵が置かれている。
b0089578_16481758.jpg
もう一箇所は「歯治し地蔵」と呼ばれるお地蔵群。(お地蔵さんとたーさん)

お箸にお茶碗、黒豆3つを供えて「おん、かあかあか、びさんまえ、そわか」
と呪文を唱えると、歯に問題がある人に効果があるそう。

地蔵堂の横に大きなレイシ(ライチ)の木があり、
その幹に棚状のキノコが・・・「これってサルノコシカケじゃない?」とパオ子ちゃん。

「サルコシかー」と、すかさずすぐ省略するのりさん。

さらに「サルコシ大統領」とすかさずダジャレをかます私。
たーさんに悪影響!?それともこのネタもらった?
b0089578_16491615.jpg
本堂内には道元禅師像があり、縁結びのお大師として祀られている。
横の紅白一対の人形は「サルコ」と言い、縁結び・縁切りの願をかけ奉納されている。
なんとなく外のサルコシ大統領と名前で縁があるような←こじつけ
b0089578_16502887.jpg
サルコを抱き合わせると縁結び、背中を合わせると縁切り。
お互いの生年月日を書いて奉納する。
縁結びの願掛けが多いな、とよく見ると結構縁切りも多い。
大きな人形の縁切りに只ならぬものを感じたり。
b0089578_16515790.jpg
安江八幡宮は1000年余りの歴史がある金沢五社の1つで、
此花町は多くの刀鍛冶のいた所で水火の伝授を、必ず神社で行なった事から、鍛冶八幡さんと称する。
b0089578_16525229.jpg
その後は笠市町の西源寺の前を通り、「漏尿坂」へ。
昔、この辺りに井戸があり、汲んだ時にこぼれる水で道が濡れていたことから「漏尿坂」と付いたそう。さらに浅野川沿いを上流に進み、小橋の方へ。
可動堰となっている小橋の横には上流へ向う魚の通り道があります。
ここからシャケが産卵に向うのか~ここで魚を捕ったら一網打尽だわ、とどうでも良いことを言ってみたり。
b0089578_16534117.jpg
その小橋の傍にあるのがランチの場所である釜ごはん(釜飯)の鬼やしき
建物内には、釜飯の「鬼やしき」、蕎麦屋「鬼は外」、うどん処「福わ家」の3店が併設している。
過去に行った記事
b0089578_16551085.jpg
二階は靴を脱いで上がるお座敷で、障子を閉めれば完全に小さな部屋なので、
密会・密談にも丁度よさげでミステリー系1時間ドラマに出てきそうだが、
靴を脱いで上がっていく3階は仕切りだけで障子のないオープンな雰囲気の小部屋が続く。
ここで、ランチからエリソンさんが合流。
b0089578_16573825.jpg
普通、鬼やしきでは「お茶・お菓子で20分~30分待ちながら、
合間に日替わりの汁なべ・小さな香の物、メインの釜ご飯、デザートの一式と続くので、
かなり時間に余裕を持たせなければいけないが、
大人の遠足は超特急なので大体到着する時間に釜飯が炊き上がるように予約してあった。

座席を決める際に今回もなちぼん作の素敵な折り紙クジ・・・風流!
日本酒や焼酎を「燗」で楽しむために鉄製のどうこがおいてある・・・風流!
釜飯が炊き上がるまでのひとつまみなお菓子「落雁」と、本日の汁物。
ダジャレは言うけど何だか大人の会のように思えてきました←お店のお陰とも・・・
b0089578_1659760.jpg
本日の汁物、お漬物、切り干し大根の煮物
本当はこちらを食べながらゆっくり待つのだが、全員の釜飯がすぐに運ばれてきた。
こちらの都合に合わせていただきありがとうございます。
b0089578_1703955.jpg
塩ハマグリの釜めしは季節限定。
ハマグリと貝の出汁がほどよい具合に染み込んだ上品な味。
ご飯粒が貝にくっ付くので取るのが大変だったが、とっても美味しかった。

この貝持って帰って絵描かないの?と言われる。
うん、と言ったら13人分貝殻を持ち帰ることになっていただろう。
b0089578_1725074.jpg
和の手作りデザートのミルク餅などをほお張りながら、お茶を飲み一服。
釜飯のご飯はお茶碗2杯はあるので、皆さん結構お腹は満足されたはず。

だが、今回の遠足で買い食い不足を感じていた私の心は
既に店の外に向けられていたのであった。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-06-08 01:13 | イベント | Trackback | Comments(17)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/13406951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by annie_tj at 2010-06-08 12:32
釜めしのハマグリはきっとアート作品にもぴったりだったと思います。
持ち帰らなかったのですか?もったいない・・・
13人とは大所帯ですね。にぎやかで楽しそうな様子が目に浮かびます♪
Commented by BOWWOW at 2010-06-08 22:47 x
毎回楽しそうな遠足・・ついにたーさんも汚染されたかっ(≧∀≦)

なちぼんさんの折紙席順クジ素敵♪
シャツ型・・折れない私・・このカタチは
時々ランチってた別の釜飯屋で楊枝入れになっていたわ。(先日無くなっていた)
久々に鬼やしきにも行きたい~♪(閉店早いのが残念無念っ)
Commented by y_flugels at 2010-06-08 23:19
大人の遠足・・・なんと金沢編ですか・・・となると、どこに行くのか気になります。久々のハントンライスが出るのか?等々・・・
続きを楽しみにしています。
Commented by mantennahibi at 2010-06-09 12:25
悠ようではるな愛とはうけましたー。なかなか出てこんよ。ぷっ。
金沢の寺院めぐりってなかなかしないし、
ルーツもわからんままだから勉強になっていいね。
スカタンさま金沢検定うかるよー。
鬼やしきは万人に喜ばれるからいいよねー。
13人全員同じ釜めし食べたのかな???
Commented by ayuminnie1127 at 2010-06-09 22:55
ガイドさんじゃなくって、まいどさんなんですね(*^ ^*)
ダジャレも言えるまいどさん、すてきです♪♪
これって観光客でもお願いできるんですか??

「さるこ」、飛騨の「さるぼぼ」に名前も形もちょっと似てるなぁ。
さるぼぼ、ご存知でしょうか??
あれは縁結びじゃなくって、もっとなんでもきいてくれる、オールマイティーなお守りだった気が。。

釜飯もデザートもおいしそうですが、心はどちらへ~??
Commented by のり at 2010-06-09 23:30 x
遠足お疲れさまでした。
途中で買い食いなくって「鬼やしきまでダッシュしようか」とか言ってたよね。
たーさん、最初にダジャレ2連発したきり、あとは以前より少なめの解説だったような気がするけどどうだろ。

魚の通り道で一網打尽を考えていたとは!
さすが師匠!!(笑)。
Commented by のり at 2010-06-09 23:46 x
追記

>13人全員同じ釜めし食べたのかな???

同じ釜飯を食べた仲間、ですな(笑)。
Commented by あっちゃん at 2010-06-10 11:09 x
はじめまして!あっちゃんと申します^^
このブログを読むのが密かな楽しみです(笑)
今回もとても面白そうな遠足で読むだけでワクワクしてしまいました!そしてブログ中でも紹介されているサルコ人形ですが、
偶然にも最近私のもとへやって参りました。(母の職場仲間の手作り)
母によると、その姿を見た人々は皆『なんか卑猥~』と口にしたそうですが、まさかそんな念のあるものだったとは。。。『縁切り』の方は恐ろしいですね(汗)

 
Commented by yassun7 at 2010-06-10 20:07
街中からそんなに遠くにいかなくても、こんなに趣きある場所があるなんて、やっぱり金沢はいいですねえ。
そして美味しいものも(じゅるり)。

ぜひとも13人分の貝殻、持ち帰っていただきたかったです。
貝殻あーちすと、として名を馳せる日も近いのでは(笑)!
Commented by sukatan_queen55 at 2010-06-11 16:13
●annie_tjさん
意外にも!?割と静かな団体だったと思います。
結構、あちこちで説明受けていたりお寺や神社に拝観しているからですけど。でも、飲み会はいつもの通りです(笑
Commented by sukatan_queen55 at 2010-06-11 16:22
●BOWちゃん
今まで知らなかったお寺や地元の知識が広がって行くわ
まいどさんの検定は大変だと思うので、たーさんすごいわ
ダジャレやとんちも混ぜ込まなければいけないし。
クジ、毎回いろんなの考えてくれるんだよ。
もし、自分だったら、あみだくじだな・・マメじゃないし、あみだババア。
Commented by sukatan_queen55 at 2010-06-12 18:32
●y_flugelsさん
大人の遠足は金沢市の各地域を巡る遠足です、たまに富山・福井もありますが。基本徒歩でこれが4度目、結構、中心街以外にもいろんな歴史的建造物があるのですよ。
Commented by sukatan_queen55 at 2010-06-12 23:36
●だるまちゃん
いつもは通らない意外な場所にお寺があったり、
地元のお勉強になって楽しいわ、説明がすごく細かいの。
鬼やしきはあらかじめ季節の釜飯に統一して、それが苦手な人だけ換えてもらう予定だったんだけど、全部、塩はまぐりになったよ。
順番に全て制覇してみたいわー
Commented by sukatan_queen55 at 2010-06-12 23:43
●ayuminnie1127さん
まいどさんはもちろん観光客でも申し込みできますよ。
金沢観光協会の観光ボランティアまで申し込みすれば出来ます。
ガイドは無料ですが、まいどさんにかかる実費(交通費、入場料・入館料、昼食代)はこちらが負担します。
「さるこ」、まいどさんも「さるぼぼ」のお話をされていましたよ。
さるぼぼ、高山には何度も旅行しているので知っていますよ。
他でも似たようなのを見たような気がします、奈良だったか・・
Commented by sukatan_queen55 at 2010-06-12 23:48
●のりさん
毎度、大人の遠足お疲れさまでした~
たーさんの説明に続く、のりさんの鋭い突っ込みがいつも笑わせてくれますね。そして私のダジャレで失笑!?プッ
今回、歩く距離が長かったので説明も少し短めにしたのかも。
結構歩きましたよね、買い食いする暇もなかった<場所もあまりなく
次回は暖かい日だとよいよね、寒かった。
Commented by sukatan_queen55 at 2010-06-12 23:54
●あっちゃんさん
はじめまして、あっちゃんさん。
ブログを読んでくださってありがとうございます。
「サルコ人形」、お寺で販売されてるということだったので、
業者さん製作だと思ってたのですが、案外何処かで手作りだったりして。
あっちゃんさんの「サルコ人形」も手作りで作られるとはより念がこもっていそうですね。
Commented by sukatan_queen55 at 2010-06-13 00:01
●やっすんさま
金沢はお寺・神社が沢山ありますが普段の風景に溶け込んでいるので
あまり気にしていませんでしたが、こうして説明を受けると今まで知らなかった歴史的意味が明確に分かりますわ~
貝殻あーちすと、石ころあーちすと、画材はただで!が基本です
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 大人の遠足(金沢駅前周辺編)そ... 金沢(増泉):まんさく(居酒屋... >>