金沢(もりの里):焼きたてチーズタルト専門店PABLO (金沢もりの里店)

b0089578_12164441.jpg
12月16日にイオン杜の里の敷地内にオープンした焼きたてチーズタルト専門店PABLO
チーズケーキの専門店として連日行列が出来るという話題のお店が北陸初上陸。
店舗はイオン杜の里の山側環状道路側の駐車場だった場所。

当然うちにもチラシは入っていて、オープニングイベントとしてコースターやコーヒーチケットプレゼント等
新しいもの好きにはえぐり込むような誘惑だったが、オープン直後の混雑ぶりが瞼の裏に見える様だったので我慢。
年末で忙しかった事もあり、そのまま行かぬままの年越え。

この道沿いはジムへの行き来によく通るので、パブロが営業している灯りがよく見える。
20時半頃に立ち寄ると(21時まで営業)、駐車場はガラガラでカフェ席も殆ど空いていた。
当然、売り切れの品も多かったが、平日の遅い時間はカフェ休憩するには狙いめと言える。
b0089578_12164954.jpg
・PABLO mini お試しセット

初パブロだったので、PABLO miniが6個入りの「お試しセット」を購入。
中身は「プレーン」、「濃厚とろけるチョコ」、「濃厚とろける宇治抹茶」の3種類。

通常のチーズタルトよりちっちゃなミニサイズ(直径約6.5㎝)。
周りはザクザクとしたクッキー生地で結構固め、直接手でつまんで食べました。

小さいのでとろとろ部分は少ないけど、もったりしてチーズの濃厚さが際立つ
甘くて濃厚で小さくともボリューミーさを感じるチョコ、抹茶のほろ苦さとチーズの組み合わせな宇治抹茶。

固いチョコは好きだがチョコアイスやチョコケーキはそれほど食指が動かない自分は、
この中では普通にノーマルのチーズと宇治抹茶が好み。
さすがに1回に全部は2人でも食べ過ぎアンテナが張ったので、翌日にそれぞれ1つ持ち越しました。
b0089578_12165474.jpg
数日後、お正月の親戚の集りへのお土産に、PABLOを持っていこうとお昼過ぎに向かうと予想していた通りの行列。
買う!と決心していたので15分くらい平気で待てましたが、
これが夫と一緒の場合、ちょっとパブロカフェでお茶しようでこの行列を見たら、
他行こうと言われるのは必至・・・何気にハードル高いな。←1人で行けば問題なし

姪っ子ちゃんにPABLO買ってきたよ、と言うと目を輝かせての大喜び。
学校でも話題になっていて食べてみたかったんだとか、さすが女子高生。
若いしアンテナ張ってるの当たり前やぞ、お前おばちゃんやぞ!と夫がツッコミ入れてくる。
おばちゃんなんて確認入れずともわかっとるわ!

・焼きたてチーズタルト(ミディアム)

とろける食感の「レア」だと中身が出てきて分けにくいと思い「ミディアム」。
周りはサクッとしたパイ生地にふんわりとして食感は柔らかいけど、チーズの濃厚さは保ってる。
そして思っていたよりも軽くて、上のアプリコットジャムの優しい酸味もよいアクセント。
15㎝のホールで税込850円の手軽さが魅力の1つ。
b0089578_12165905.jpg
・焼きたて黒豆きなこチーズタルト

新年初売り日~1月9日までの限定販売だった「焼きたて黒豆きなこチーズタルト」。
チーズ生地に京きなこを混ぜて、丹波の黒豆と白玉が入ったチーズケーキ。
表面には黒蜜ゼリーが重ねてあり、どこかきな粉餅を連想させる懐かしい味わいはお茶にも合いそう。
和風な変化球がノーマルとの違いを際立させていて中々ヒット。

こうして初パブロを食したのだが、店舗自体は別の思いもかけない場所で遭遇していた。
お正月旅行のバンコクにて、サイアム・パラゴンでショッピングしていたところPABLOを発見。
2016年の10月末にオープンしたらしく、杜の里店以上に大行列だった。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-01-11 23:08 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(1)

金沢(米泉):中華そば 秋生(しゅうせい) 「辛魚中華そば」

b0089578_12104475.jpg
最近、カップ麺に興味が向いていないようでコンビニでも手が伸びないのだが、
飲み会後の自宅二次会でたまに衝動的に食べてしまう、海外旅行のお土産用の袋ラーが役に立った。

ラー始めはカレーとローストビーフ丼との三角関係に迷いながらも、結局麺が食べたくて中華そば 秋生
限定のみぞれ蕎麦を発見するも、辛魚中華そばの「辛」の文字がやけに心にアピール。

未食だったので辛魚中華そばと肉めしを注文すると、食べれますか?と店員さんに聞かれる。
いつも秋生さんではご飯も食べている通常運転、女性にしては多いということでしょうね。

・辛魚中華そば(+トッピング:メンマ・煮玉子)、肉めし

スープは鰹の香りが広がる魚介系に特製ラー油をプラスしたもの。
鰹の旨みが口の中に広がった後に、ラー油の辛みがじんわりとくるけど辛すぎないので丁度良い。
香りの他にうま味があってコク深さがあり、中太麺のもちもち麺も相まって美味しい。

美味しいラーメン屋さんは幾つもあるけど、細麺よりも中太麺程度が好きなのは個人的好み。
トッピングはチャーシュー、白髪ネギ、海苔、メンマ、刻み玉ねぎ

炙ってある肉めしの香ばしさがお気に入りでよく頼むのだが、ハッ!
カウンターには数量限定「ローストビーフ丼」のメニュー、私としたことが気づかず・・。
次回来訪の時には会える確率も少ないので、一瞬の蜃気楼だったと思うことにする。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-01-10 23:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(堀川新町):海老天丼 こし 「里海天丼」

b0089578_14570999.jpg
あけまして2017記事、今年もいろ鳥どりでケッコーな食事風景をアップしたい酉年の豊富。
年末年始は恒例の旅行に出かけてて帰宅したのは3日の夜。

すでにセールの嵐が過ぎ去った後で、元バーゲン戦士として元旦オープン前から並んでいた時代が懐かしや。
現在は年末にプレセールでチェックして購入している抜かりのなさ。

セール会場は既に閉店した時間帯の金沢フォーラス6Fレストランフロア(PM11:00まで営業)
閉店したパンケーキ屋さんの跡地に11月末にオープンした海老天丼 こしに行ってきました。

北陸の漁港で獲れた白海老、甘海老など海老天丼がメニューに並ぶ海老天丼専門店。
お店の横に土鍋が幾つも飾られている通り、丼のご飯は土鍋の炊きたてを提供。

普通の並天丼から上海老天丼、白海老天丼、3種類の海老が入った天丼の他に加賀野菜天ぷら入りもあり天丼づくし。
だが、限定マニアの秘孔を突くお正月限定の「里海天丼」の全面押しにやられてそちらを注文。

セットなので、茶碗蒸し、味噌汁、ポテトサラダが付く内容。
天丼と味噌汁の椀の大きさが同じ、この場合は丼が小さいのではなく椀が大きい!ワカメとお麩入り。

b0089578_14571435.jpg
セットの茶碗蒸し。
ごはんにお酒が同時進行可能な私はレモンチューハイで喉を潤す。
b0089578_14575698.jpg
・里海天丼

甘海老天、海老天、富山湾白海老天、蟹天、県産鶏かしわ天、海苔天、半熟卵天
という、海老3種にカニ、鶏さんまで入る豪華な内容、個人的には半熟卵天が嬉しい。

どうやら全ての天丼に半熟卵天がのっていて、苦手な人には野菜天に変更できるそうです。
まずはそのまま天ぷらを食べて、甘辛いタレと一緒に味わい、
その後に半熟卵天を割って、とろ~り流れる黄身と共にごはんと揚げたてサクサクの天ぷらをいただく。

海老天丼が前面に出されているが、穴子天丼や鶏かしわ天丼もあるし、1品料理もある。
カウンター、テーブル席の他に奥に小上がりもあり、ファミリー全天候型。

基本は丼ものだけど1品もありお酒も楽しめるというから、お買いもの帰りの甘辛いタレの罠。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-01-05 23:12 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):林檎とわかば(フレンチ) グラタンランチ

b0089578_16341968.jpg
12月最後の週は急な取り込みがあり、慌ただしく用事を済ませていたのですが、その準備段階前。
9月から始まったというランチを最近知って、機会を見つけて林檎とわかばへ行ってきました。

グラタンがメインのランチはセットが用意されており、1品メニューもあるので昼ワインを飲みながら楽しめる雰囲気。
残念ながら車なので、シンプルなマカロニグラタンと1品とワインを合わせるのは次回にしよう。

エビグラタンを心に決めて来たのだが、牛バラ煮込みグラタン、豚バラゴマ煮込みグラタン、フォアグラタンも目移りして、
元来肉星人である私、肉の魅力に勝てずに「牛バラ煮込みグラタン」を選択。

牛バラ煮込みグラタン+Aセット(サラダ、パン、デザート、コーヒー)

b0089578_16345009.jpg
セットのサラダは写真じゃ分かりにくいですが、中々量が多くて嬉しい。
ドレッシングの間の黒い粒粒は黒こしょう?と思ったら、炭入りの塩だそうで、
イタリアで販売されているキプロス島の海塩、軽くパリッと割れてサラサラ。
b0089578_16352181.jpg
パンとオリーブオイル
b0089578_16360405.jpg
・牛バラ煮込みグラタン

上はとっくり煮込んだ牛肉のデミグラソース、下はベシャメルソースの2つのハーモニー。
全部混ぜてしまうと均一な味になってしまうので、それぞれ味わうべく端から攻めていきます。
グラタンの中身は芽キャベツ、蓮根とほくほく歯ごたえの冬野菜とマッシュルーム、玉ねぎ。
きつね色にこんがり焼けたチーズと異なった熱々のコク味をそれぞれ楽しむ、おいしー!
b0089578_16363486.jpg
デザートはチョコのテリーヌ、茸モチーフした飾り付けが可愛らしい。
年末だからか、まだそんなに知られてない?からか、お客さんは私1人でゆったりのんびりランチタイム。
Aセットの他にBセット(フランス産牛肉ランプステーキ)がめっちゃ気になる。
肉のことを考えながら2016年も終わりを迎えました。

11時30分~(ランチは20食限定)月・水はランチ休
b0089578_16371103.jpg


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2016-12-31 05:26 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(武蔵)BERNARD(ベルナール)クリスマスディナー

b0089578_11463076.jpg
クリスマスウィーク、今年は素敵なイルミネーションを観に行く機会はなかったけれど、
家にはリースやサンタなどクリスマス雑貨を飾り付けて、クリスマス気分を盛り上げる。

今年のクリスマスディナーは武蔵のフレンチ、BERNARD(ベルナール)
近江町市場近くの裏通りに入った静かな通りのマンションの1階にあり、完全予約制です。

前回訪問したのが2012年なのでなんと4年ぶりとなってしまいましたが、その間にお店はミシュラン1ッ星を獲得。
新たなる進化のワクワク感を胸に秘めて、ノエル2016ディナーコースに挑みます。

ベルナールという名は金沢とフランスで呼ばれていたシェフのニックネームであり、
牛山シェフの名をモチーフとした水牛の置物が机に飾られていました。
b0089578_11470404.jpg
アミューズ:根セロリのエスプーマとオーガニックキャビア

ヨーロッパの冬の食材、セロリアック(根セロリ)がふわふわときめ細やかな泡状になったエスプーマ。
優しい香りのムースの上には卵黄とキャビアとディルでメリハリを。
このキャビアの中にフィンガーライムが入っていました。
フィンガーライムの爽やかな酸味とプチプチ弾ける食感がキャビアと違うので面白い。
b0089578_11473429.jpg
アミューズ:鱈白子とキクイモのクロメスキ、ズワイガニと大根のルロー

クロメスキとは1口サイズのコロッケ、ねっとりして何か独特の香りと白子のコク♡角にプチッとソースがアクセント。
大根が巻かれた中身はズワイガニ、プチレッドソレルを添えて。
b0089578_11480472.jpg
前菜1:フォアグラのテリーヌ クリスマス仕立て

フォアグラのテリーヌを野菜やフルーツと一緒にクリスマス仕立てのファンタジーワールド。
テリーヌの上のビーツがカリカリで甘い、ナスタチウムの下は皮を剥いたトマトダ?
安納芋のペーストやゼラチンに包まれたもの、林檎や胡桃、トンナムル、パセリの粉が散りばめられて。
濃厚なフォアグラのテリーヌは甘いものと合いますね。
b0089578_11483492.jpg
前菜2:オマールエビのガルビュール

ガルビュールとはフランス南西部のキャベツを主体としたスープで、こちらはオマール海老のコンソメスープ。
オマール海老が正面にバーン!ちりめんキャベツの中にもオマール海老、
そしてスープにもオマール海老の出汁が出ていて、色んな形のオマール海老づくし。
ぷりぷりの弾力が伝わってくるサイズにカットされていて旨みも濃厚、底にチョロギがこっそり隠れてます。
b0089578_11490437.jpg
お魚:トリュフのムースを詰めた平目のヴァプール、カリフラワーのフォンダン

ふわっと柔らかく蒸しあがった平目の中にはトリュフのムース、ツリーケールの上にも黒トリュフ。
そしてあわあわのトリュフのソース、何かこうほやーんとした香りというか強すぎない独特のトリュフの香りがします。
b0089578_10471456.jpg
お肉:エゾ鹿ロース肉のローストとパイ包み焼き ポワブラードソース

メインはエゾ鹿のロース肉のロースト、お肉がやわらか~くってきめ細やか!
それにビネガーと胡椒の入ったポワブラードソース、上にのった柿とマスタードを一緒に食べると、
酸味とフルーツの甘みで甘酸っぱくなって相性がいい、横のエゾ鹿入りパイも美味しい~。
b0089578_11493301.jpg
デザート:ビッシュ ド ノエル

うわ~~最後にもファンタジーワールドが炸裂!崩して食べてしまうのが勿体ないくらいの繊細な切り株はサクッ。
上にはキノコと草のような演出、中には滑らかな苺のアイスに金柑などのフルーツと夢いっぱい。
b0089578_11500304.jpg
プチフール:林檎のジュレ

最後に飲み物と一緒に出されたプチフールは、グラニースミスのジュレ。
b0089578_11503305.jpg
プチフール:フィナンシェ

洋梨のクリームがのったフィナンシェ。
b0089578_11510861.jpg
お料理は画像では伝わらない繊細な部分が沢山あり、バランスが良くて優しさが見える中に味の中心点を付いてくると言うか。
普通に美味しいと言えばいいんですけど、どれもシェフの独創的な感性がうかがわれます。

アップで撮ったのでお皿の全体像が分かりませんが、器もオリジナリティーがあり聞いてみると海外のもの。
そしてところどころに楽しさが隠されているところに笑顔が膨らみます。

実は外はとんでもない豪雨だったのですが中は別世界、お料理に癒されて素敵なクリスマスとなりました。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2016-12-30 23:47 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

うちごはん:クリスマスパーティー2016

b0089578_16455838.jpg
12/24(クリスマスイヴ)

イヴはお家ごはんクリスマス。
クリスマスも直前になり、割引になってゲットしたサンタのオーナメントをテーブルに添えて。
ボジョレー解禁時に購入したマルセル・ラピエールがやっと登場、飲む飲む詐欺でのびていた。

前菜たちは、スモークサーモンのマリネ、グリル野菜のサラダ、海老入りのゼッポリーネ。
ゼッポリーネはドライイーストと青海苔を入れて揚げた、ふわふわの生地です。

しかし、この時期は忙しいので夫が帰宅したのが9時過ぎ、遅い始まりで早く寝なくてはいけないけど、
楽しさは何倍にも凝縮して始めることにします。
b0089578_16462887.jpg
・スモークサーモンのマリネ

スモークサーモンを敷きつめて、イクラの醤油漬け、ケッパー、ピンクペッパー、ディルを散らして
上からレモン汁とオリーブオイルをを垂らすだけどいう簡単さ。

ピンクペッパーを買ってはみたものの、登場する機会がなかなかなくてやっと初の晴れ舞台。
イクラの醤油の塩気と合いますね、何気に親子マリネ。
b0089578_16470151.jpg
・鶏のもも肉のコンフィ

エル・ア・ターブルのレシピをレシピを参考にするも、大量のラードが手に入らないことからオリーブオイルに変更。

鶏肉に塩胡椒とタイム(生)をまぶしてラップして一晩置く。
鍋(鶏肉2つ:ルクルーゼ22センチ使用)に鶏肉を入れ、ひたひたになるまでオリーブオイルを入れる。
100℃に余熱したオーブンで2時間加熱(80-90℃なんですけど、家のオーブンが100℃までしか設定できず)。
そのまま脂の中でさまして、食べる時にそのまま両面を焼いて皮をパリッとさせる。

身がとってもしっとりとして、塩加減もちょうど良く、ん~~美味しーーと自画自賛。
レシピ通りではないけどオリーブオイルだからか、あっさりしてヘルシーな仕上がりになり満足です。
b0089578_16475900.jpg
・トマトとタコの炊きこみごはん

エル・ア・ターブルのレシピより、トマト、ゆでたこ、アサリ、黒オリーブ、ニンニク、セロリ、パセリ、パプリカ(粉末)
塩、こしょうとお米、これを全部突っ込んでお鍋でクツクツと炊いたもの。
アサリの出汁とタコの塩気とトマトの酸味が、爽やかで旨みもある〆の炊き込みごはん。

b0089578_14132420.jpg
今年のクリスマスケーキは、パティスリーオフクさんの「ノエル・ド・マロン」
テリーヌ・ド・マロンをクリスマス用に仕上げたケーキで、上はサクサクのメレンゲ
中はしっとりマロングラッセがごろごろ!栗好きにはヤバすぎますわ

さて、ここまでがイブタイム、ここから翌日のパーティー用の仕込みを始めて夜中まで鍋を魔女仕込み。
b0089578_16534946.jpg
12/25(我が家でクリスマスパーティー)

お座敷には床の間があり、座卓をくっつけて皆で囲む宴会は「まるで親戚の家に遊びにきたみたい」
と言わしめるほど、このノスタルジックさは完全に田舎のおばあちゃんの家の宴会。
お料理も1品づつ持ち寄りのパーティーだったので、手作り感満載のほっこりしたディナー。

1人で準備していたけど間に合わず、15時から友人が手伝いにきてくれたのでとっても助かりました。
5時過ぎからはまた1人必殺手伝い人が増えたので、料理作りがターボ状態。
b0089578_16543450.jpg
自家製焼き豚&味噌漬け焼き豚、コストコで豚肩ロースが3つで1パック、これで山ほどの焼き豚が出来上がる。
食べても食べても追加できるほど在庫がある!!
そして、前日好評だったスモークサーモンマリネを再び作ったが、ディルかけ忘れてた!
友人の作ったブリ大根、蓮根の煮物、これらをアテにスパークリングワインからの白・赤ワイン。
b0089578_16571700.jpg
渓流釣りする人が参加者にいたのでイワナ登場、じっくりと低温で1時間は焼いたという焼きイワナ。
友人が作ってきた牡蠣のオイル漬け
ふくらぎのカルパッチョ

ブロッコリー、ズッキーニ、アボカドなどが入ったグリルサラダ
ふくらぎのお刺身、アボカドなどが入った胡麻がけの和風マリネサラダ
サラダ菜、ルッコラなどグリーンいっぱいのサラダ
b0089578_16585247.jpg
・イノシシ肉の赤ワイン煮スパイス風味

イノシシ肉を頂いたので前日からドライイチジクと共に赤ワイン煮込み。
参考にしたのはこのレシピですけど、付け合せを付けてないのと盛り付けの適当感がレシピ写真と別物になっている(笑)

ミルポワ(にんじん、玉ねぎ、セロリ、ニンニク)、スパイス(ローリエ、八角、オレンジの皮、シナモン(粉)、レモンバーム)
レシピからシナモンスティック→粉、レモンタイム→レモンバームに変更。
全てのスパイスがいつも家にあるとは限らないのであるもので。
これらをイノシシの肉と一緒に一晩漬け込む。

肉に塩こしょう・強力粉をまぶしてオリーブオイルでミルポワと共に焼いて、
フォン・ド・ボー(固形を溶かしたもの)と赤ワインで3時間ほど煮込む(途中ドライイチジクを加えて取り出してます)

ほったらかしガス代がかかるメニューですが、とろとろに柔らかくなったイノシシの煮込みは
八角のエキゾチックな香りと共にコクがあって味わい深くなりました。
b0089578_16594273.jpg
・焼き小龍包

元々はバレンタインに作った焼き小龍包と中華ちまきを友人にリクエストされたので、これがメイン。
上海で食べた焼き小龍包が忘れられずに家で作ったんですが、皮は小麦粉から醗酵させて作るので結構大変。

豚肉の餡を1つづつ自家製の皮に詰めて、鉄製のLODGEのスキレットに並べます。
重い蓋で密閉して焼きましたが、水を入れ過ぎたのか焼き小龍包というか蒸し餃子っぽくなってしまった!
普通に焼き蒸し餃子として美味しくいただきましたが、こりゃ失敗だわ~~。
成功例は上のリンク先をごらんください。
b0089578_17001259.jpg
・中華ちまき

こちらもリクエストされた品(参考にしたレシピ

上のレシピをクリックしてもらえれば分かりますが、もち米を6時間水に浸したり工程があれこれあって、
結構面倒くさいのですが、出来上がりを食べるとその美味しさに苦労も報われる。
朝から始めて中身までは出来たけれども包むまでではや15時、友人に手伝ってもらい、一緒に詰めました。

竹皮だと格好つくのだがケチッてクッキングペーパーとガムテープ貼りのお見苦しい見た目。
ネットで色々包み方掲載されてますけど、不器用なもので入る量がバラバラだったりして、
どうせガムテープで止めればいいわ!という投げやりな見た目なのが私、綺麗に包んであるのが友人のもの。
b0089578_17014822.jpg
せいろで30分ほど蒸した中華ちまきは、豚の角煮・干しエビ、うずら卵、椎茸が入った
それぞれの出汁がもち米に染みてもっちりして美味しい。
大量に作ってしまったので皆持ち帰り、翌日はそれぞれ中華ちまき弁当になったとか。
b0089578_17021825.jpg
友人作の安納芋が入ったチョコテリーヌが濃厚、イチゴのデコレーションショートケーキ。

華やかな飾り付けなどしてはいないんですが、温かみのある雰囲気で友人とのお喋りで楽しいひと時。
今年も気心のしれた仲間たちとリラックスしたクリスマスパーティーが行えたことに感謝。
おもてなし上手さんになれるようにまた頑張ります。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2016-12-29 23:46 | うちごはん | Trackback | Comments(0)

金沢(香林坊・せせらぎ通り):TheGodburger(ザ・ゴッドバーガー)

b0089578_10041316.jpg
個性豊かなお店が建ち並んだせせらぎ通り商店街に、また新たな1軒が12月17日にオープン。
炭火で焼かれた牛パティを挟んだ本格派ハンバーガーショップ、TheGodburger(ザ・ゴッドバーガー)

場所は横並び3軒が入店している建物で、右がメガネのお店MIto、真ん中が雑貨屋さんWHOLE、そして左がザ・ゴッドバーガー。
金沢市香林坊2-12-10   076-225-7537

オーナーの洲川さんは県内のレストランから、その後表参道のFELLOWS BURGERで経験を積んできました。
ハンバーガー屋さんを開店する噂は前々から聞いていたけど、一体いつなのか?と心待ちにしていた人も多いはず。
しかし、待っただけあってとってもいい場所にオープンしましたね。

オープン当日はお祝いに駆け付けた人も含めてとても賑わっていたらしいので、
ここは落ち着いてから・・と思いきや、翌日の早い時間に単身のりこむ。
b0089578_10041805.jpg
お店のタイトルロゴの形、どこかで見たことありませんか?
そう!映画のゴッドファーザー。

こ、これは・・ゴッドファーザーやワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカを始めとする
禁酒法時代やイタリアンマフィア映画が大好きな私に対する挑戦状かっ!!!

20歳前後にそんな映画ばかりみていたもので、ゴッドファーザーは再放送の度に正座して凝視していたほど(嘘)
オールバック姿のデ・ニーロとアル・パチーノにベタ惚れだったあの頃(基本、濃い顔が好き)

とっとと・・・好きな話題に集中しすぎると、どうでもいいこと書き殴りエンドレスなのでこのくらいにしなくては。

私の趣味は置いておいて、ゴッドファーザーはもちろんリスペクトしているそうですが、
ロゴと言葉の響きが似ているパロディーっぽいところが洒落ているので付けたそうですよ。
b0089578_10043368.jpg
店内はシンプルでスタイリッシュ、カウンター5席、2人用のテーブルが2つ
b0089578_10043802.jpg
奥にはソファーがあり、4人ほどでくつろぎながら食べるのにGOOD。
b0089578_10044621.jpg
ドリンクは最初に目につくのがドイツ、スペイン、イギリスなど各国揃ったビールにワインとお酒も一緒に楽しめる。
もちろん、ソフトドリンクとしてジンジャーエール、コーラ、アップルタイザー、紅茶、エスプレッソなども。
頼んだのはキレのある刺激のウィルキンソンのジンジャーエール
b0089578_10045204.jpg
・アボカドベーコンチーズバーガー(ハンバーガーには全てフレンチフライとピクルス付)

種類としては、ハンバーガー、バーベキューバーガー、メキシカンバーガー、テリヤキバーガー、ベジタブルバーガーの他、
アボガド、チーズ、フライドエッグを挟んだもの、ダブルパティなものなど全16種類とかなり迷う。
さらに好きなバーガーに自由にトッピングもできる。

初めてなので無難に基本のハンバーガーではなく、この中でもハイスペックで顎が外れそうなメニューを頼んでみた。
予想はしていたけどかなりのタワーバーガーっぷりに、いつもハンバーガー2個食べる私も押され気味。

ハンバーガーのバンズは自家製で表面はカリッとして押すとふかふか。
バンズをブシャーッと上から潰して食べるという作法もなきにしもあらずだが、ふかふかなパンが勿体ない気が。

炭火で焼かれたビーフパティにレタス、スライストマト、ソテーオニオン、スライスピクルス、チーズ、
ベーコン、アボカドが入ってるという贅沢バーガーは、欲張りな自分にピッタリ。

そのまま豪快にかぶりつくと顎がぁああとなりつつ、そのジューシーさが溢れる肉肉しさがワイルドだぜ!
塩胡椒の味付けパテとアボカドとチーズも相性いいなぁ~とほっぺにチャームポイントがつこうがかまうものなし。

豪快に食べるのが食べにくいという人にはフォークとナイフも一緒に用意されています。
半分ほど食べた後に試しに使用してみました。
1口大にカットするには具が多すぎましたが、またそれも違った味わいです。
b0089578_08504112.jpg
その一週間後、再びオープン直後にゴッドバーガー!!何故か感嘆符付けたくなる。
さすがのお昼前(11時オープン)は空いていました。
アルコールも飲みたいのですが車なのでアップルタイザー、林檎のスパークリングジュースで喉爽やか。
b0089578_08504758.jpg
・メキシカンバーガー

前のアボカドベーコンチーズバーガーと負けず劣らずの存在感。
ビーフパテ、レタス、スライストマト、ころころお肉入りオリジナルのサルサソース、アボカド。

ピリッとしたハラペーニョが入ったサルサソースのお蔭で、前に食べたものと比べて後味がさっぱりしてます。
サルサソースとアボカドの相性もメキシカンなら当然のことながらとってもいい。
この日は最後まで豪快にかぶりつくスタイルでいただく、この方が一体感があって美味しい。

現在はハンバーガーのみですが、サイドメニューも増やす予定だそうで更なるメニューの変化が楽しみです。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2016-12-28 23:54 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(堀川町):ご当地ラーメン 巡 「燕三条ラーメン」

b0089578_12090282.jpg
年末のシメラー、年賀状を郵便局まで出しに行くついでに何処へ行こうか迷う。
この時期の郵便局はどこも激込みだけど、どうせななら一番の戦場で郵便ポストの終着場である中央郵便局へ。

ここに入るまでも道路は渋滞だが、駐車場に入って裏の出口までそのまま車を進めると、
職員が年賀状を受け取ってくれるドライブスルーサービスがあるので、停めなくてもいいから楽。

その場所から近くにあり、冬季限定ラーを求めて金沢駅近くのご当地ラーメン 巡

・燕三条ラーメン(トッピング:煮玉子、岩海苔)

ランチセット(+200円)でチャーシューごはんを選択
他にとろろごはん、明太子ごはん、高菜ごはんが選べる。

12/16~2/28限定の新潟・燕三条ラーメン。
私が旅した新潟県の最北端は長岡までなので(青島食堂でラー活)、燕三条は未食。
妄想想像を働かせて食べよう。

煮干しと鶏ガラ出汁がベースの醤油ラーメンに、背脂がたっぷりのっていて、
スープがさっぱりしているのに背脂のパンチが効いてて旨し。
玉ねぎのみじん切りがのっているので、清涼感が増して意外としつこくならず。

デフォのトッピングのチャーシューとメンマに加えて、
おすすめの岩海苔トッピング、この岩海苔は普通のものより崩れにくくドロッと混ざらないので味変しにくいのでいい。
麺はこの店の横浜家系のものと同じ太麺、食べごたえがあってこの麺は好みだわ。
b0089578_12090610.jpg
チューシューごはんに煮玉子をのせて、チャー玉丼。
チャーシューは崩してあるタイプ、玉子も崩してちょっとスープをかけて蓮華でいただく。
ミクスチャーして口の中に入る豊かな味の融合さよ・・至福っ!!
b0089578_12091294.jpg
1月は好評だった甘えび塩がレギュラー化して登場、ジムアフターに食べにいけるかな。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2016-12-27 23:37 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)