金沢(柿木畠):更科藤井 「せりそば」

b0089578_10482735.jpg
このところ、週末になると自宅にこもって断舎利に励んでいて、
お昼になると溜まった食品ストックの中からレトルトカレーを食べるので、在庫が順調に減っていく。

寒くなってきたから鍋をすることも多いし、〆に乾麺うどんも使って在庫減らさなくちゃと使命感に燃える。
でも週末や連休の夜は、街に繰り出したい気持ちがあるから平日の夜にね。

11月の連休始め、ちょうど仕事が早めに終わって久しぶりの更科藤井さん。
2人でゆっくり寛ぎながら1品やお蕎麦をいただくならやはりカウンター。


・旬菜三点盛り

左からアオリイカ、甘鯛の炙りポン酢、イチジク白和え
最初のお酒のアテに丁度良い旬菜三点盛り、白和えには胡桃と青菜が入っています。

ここで最初に飲むのは殆ど梅酒ロック、
自宅でお酒を呑まなくなって半年以上、たまに自作の梅酒を飲むこともあるが
当然のごとくお酒に弱くなったので立ち上がりは優しく梅酒で、後から白ワイングラスで揺さぶりをかける。
b0089578_10490029.jpg
・鴨焼

11月から始まった冬季限定の鴨シリーズ、鴨南ばん、鴨せいろ、鴨焼、鴨鍋。
特に鴨鍋は鴨に野菜に鴨肉ミンチ、さらに鍋にセリをたっぷり入れた〆のせりそばと豪華版。
前日までの予約なので今回はいただけませんでしたが、とってもお勧めなんです(2名より)

今回いただいたのは鴨焼、肉厚でジューシーな鴨肉は歯ごたえたっぷりで美味しい。
鴨の脂を薄くまとった蓮根、葱、栗、蕪、金時人参も季節感たっぷり。
b0089578_10493607.jpg
・玉子焼き

いつものお約束、必ず頼む玉子焼きは1人分づつに分けていただきました。
ふんわりしたお出汁の風味とほんのりとした甘さの玉子焼きをちびちびと・・これがいい。
b0089578_10494811.jpg
・季節の野菜の天ぷら

いつものお約束、その2
金時人参、さつまいも、蓮根、アスパラ、イチジク、栗、ヒラタケ、椎茸...etc
天麩羅で季節を楽しむ、揚げたて熱々をいただきま~す♪
b0089578_10495505.jpg
・冷たいたぬきそば
最後のシメに夫は定番の冷たいたぬきそば
b0089578_10500087.jpg
・せりそば

この日の黒板は鴨せいろ、せりそば、なめこおろしそば、岩のりそば、変わりそばのかぼす切り
いつもだったら変わりそばを選択するけど、鴨鍋を思い出したせいで芹そばが食べたくなりました。
冷たいお蕎麦と温かいそばつゆにたっぷりのせり、
せりは清涼感があって香り豊かで軽やかで、シンプルなのに満足感が得られるお蕎麦でした。

先月から行こうと思いつつ風邪をひいたりなんだりしてようやく来れた感。
じっくり腰を落ち着けて、お酒とつまみを楽しんで最後に美味しいお蕎麦。
1年のサイクルの中に何度も予定入れておきたいお店なのです。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-11-10 23:35 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(鞍月):スープカレー さくらChop!!「3種のきのこと旨とろチーズのスープカレー」

b0089578_11041881.jpg
秋から本格的な冬の時期に入るまで活躍するダウンベスト、
車通勤ということもあり服装がかさ張らないのでとっても便利、毎日の様に着ています。

今年は新しいのに買い替えようかなと思っていたけど、中々買い物にも行けず仕舞いで、
ポチッとなネット購入はセーター類ならいいけど、ダウンベストはサイズ感が分からないので踏みとどまる。
そうしている内に旬な時期が過ぎつつあるかな・・・。

さて、仕事終了後にこの日もインテリア家具巡り、段々良いものが欲しくなってきて予算オーバーな予感。
結局、この日も決まらずに夕飯を外で食べることになった、県庁近くにいたのでさくらChop!!へ。

北海道・富良野仕込みのスープカレー専門店「mogu」の姉妹店である「さくらchop!!」。
さくらchopが開店するまではmoguに通っていましたが、二号店が出来てからは自宅から近いこちらが行きやすい。

・3種のきのこと旨とろチーズのスープカレー:1,180円
スープの種類:ココナッツ
辛さ:レベル5(無料の辛さの範囲で一番辛い)
ご飯とスープの量:普通

スープの種類はトマト、ココナッツ、匠のスープ(豆乳)の3種類、エスニック好きはやはりココナッツベースで。
優しい旨みとココナッツベースで基本マイルドになっているのに、辛さレベル5にしたので結構辛い、笑
私の舌だとレベル4位にしておけばよかったかな。

地元産のなめこやシメジなどスープの中には茸ととろ~りとろけたゴーダチーズ。
ほぐしたチキンや人参、キャベツなどの野菜も入っていて具だくさん。
ごはんをスープカレーに浸して食べていると、汁が多いので普通サイズでも私はお腹パンパンです。
b0089578_11032818.jpg
・完熟アボカドとこんがりチーズのスープカレー(夫)
スープの種類:トマト
辛さ:レベル5(無料の辛さの範囲で一番辛い)
ご飯とスープの量:ご飯大盛り、スープ普通

こちらのカレーはアボカドとチーズにやはり人参やキャベツなど野菜が色々入っていたそうです。

mogu+さくらチョップの過去食べたカレーベースはココナッツばかり(海老もあり)
基本のトマトベースが未食なので、次回ぜひトマトと思いながら、またココナッツにしてしまう。
気に入ったらそればっかりなんですよ、基本。
しかし、次回こそはぜひともトマトベースに、それでも絶対とは言えないので・・い、いつかは

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-11-08 23:08 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(白山市):キッチンユキ 「本日のランチ」

b0089578_16533398.jpg
職場から少し距離があるので時間をかけて食べられないけど、
あの真っ黒なカレー食べたいと沸き起こってくる衝動を抑える為に攻めるお昼ごはんの日。

目的地:白山市の8号線上にある洋食屋さん、キッチンユキ

本当にもう少し近ければ平常な気持ちで迎えるものの、食べている間に時間を気にするストレスが頻繁に行けない原因。
とは言え、昔から蓄積された私のユキ愛が減ることなどないのだが。

階段を上がって2階の扉を入ると、すぐ左手に目が入る様に置かれている「本日のランチ(味噌汁付)」の見本。

普段は頭の中で既に食べるメニューが決まっているので(ほぼ、カレースパ・トッピング玉子野菜)、
ほぼ見もせずに通り過ぎるのだが、この日たまたま目に入った本日のランチは「オムハヤシ」。

あれっ?カレー、ベーキ、ミートスパは今まで食べたサイクルに入っているが、ハヤシって食べたことあったっけ?
そんな疑問からカレーから変更して本日のランチを注文することに。

ちなみにランチの価格は680円で、トッピングを重ねるとすぐに800円越えをしてしまうユキではお得な価格。

・本日のランチ(オムハヤシ)

白ごはんの上に丸々ドーンとハヤシソースがかかっていて、重ねるように微妙に生な薄焼き玉子のトッピング。
後はキャベツ千切りとトマト、から揚げ2つにお味噌汁。

そうねデミ具合がハヤシだね!って確認しつつ、玉子と一緒に口にほおりこむ。
しかし、このこんもり具合をみても分かるようにライスの量が結構あってね・・お腹膨れるわ。
たまにはカレーじゃなくてもいいじゃないか。
b0089578_16540449.jpg
また別の攻めるキッチンユキの日、今日こそカレースパ・トッピング玉子野菜を求めて階段を上る。
そして今日はこれだよ!どうだとばかりに待ち構えている本日のランチ。

む、ベーキかぁ・・そう言えばベーキはずっとご無沙汰さん、コロッケにも心惹かれるし。
このちょっとづつのっけワンプレートも女子受けしそう、という訳でコロッと心変わり。

・本日のランチ(ベーキのワンプレート)

基本他のお店の焼き飯よりも薄味のベーキ、ベーコンの風味などが洋風のチャーハンぽい味。
みっちりポテトが詰まった揚げたてコロッケも美味しいけど、下のソースが濃厚なぽってりしたトマトソース。

ユキでトマトソースなんて珍しいかも・・改装前から同じメニューばかり食べているので新しい扉を開けたような感覚。
キャベツとトマトの間の隙間を埋めるように追加されたようなゆで卵もちょっとしたアクセント。
大食漢の人には物足りない量だろうけど、私はこのくらいのランチで丁度良いです。

あぁ、カレーを食べにきたはずなのに自らまたカレーを食べ逃してしまった。
で、ユキのポイント券0.5点を手に入れ、数えてみると現在5点(10点たまるとお食事券500円分がもらえる)

こうやって私のお財布の中身はポイントカードで埋め尽くされていく。。。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-11-06 23:48 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(寺中町):麺処つち田 「ラーメン味玉」

b0089578_14454550.jpg
とある休日のお昼、この日も飽きもせずインテリア探しに奔走する私。
この日はまたもや県庁付近をうろちょろと、某大型インテリアショップや某デザイン家具屋さん巡り。

某デザイン家具屋さんでちょっと個性的なダイニングテーブルセットに釘づけになり、
見積もりまで書いてもらったにも関わらず、時間が経つにつれ四角から丸テーブルに考えが変わってきた(2人の意見)

そんな迷走状態に陥った状態のランチ。

ラーメン食べたい、あそこの食べたい、と矢野顕子の歌のようにリクエストした店は、麺処 つち田
初訪で場所をちゃんと把握しておらず調べて向かうと、最近食べに行ったインド料理マハクさんと同じ通りだった。

この近辺は自分の行動範囲から少しだけ離れているので、まだ未訪のお店も何軒かあるんです。
大野にあるラーメン屋さんも同じ理由・・・行ってしまえば足取りは前より軽くなると予想。

食券機で券を買ってカウンターで差し出すと、ライスの有無を聞かれる。
ランチタイムはライスサービスなのね、夫はもらって私ラーメンのみ。

・ラーメン味玉
やはり初めは基本のラーメン、豚骨の円やかさが伝わってくる豚骨醤油スープ。
最近、あっさり系ばかり食べていたのでちょっとこれ系は新鮮。
若干、ちぢれが入った中太麺はスープに程よく麺にからむ。

味玉をパッカーンと割るとトロンと濃い黄身が出てきて、こちらも私好み。
トッピングは味玉、ほうれん草、メンマ、チャーシュー、のり

ラーメン業界も次々と流行りが出てきますけど、少し前に流行った豚骨醤油をずっと継承しているのがいいじゃないですか。
時々食べたくなるし、こういう系統が好きな人も多いはず。
b0089578_14465192.jpg
・魚介豚骨ラーメン 味玉+のり4枚
こちらは夫が食べていた魚介系、何気にトッピングが違うのね。
ちょっとだけスープを味見させてもらったら、自分のもの比べると魚介味がドーンと波打ってきた。

さて、次回は場所も確認できたことだし、1人で迷わずに食べにいけそう。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-11-04 23:44 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(香林坊): AASHIRWAD(アシルワード)「ネパールの家庭料理を食べましょう会」 oishii

b0089578_14302322.jpg
秋に入ってから某カレーコミュニティの食事会が加速していて、金沢や富山で賑やかにスパイス祭りが開催されている。
富山のも参加したいけれど中々難しくて、現在私が参加しているのは金沢開催のみ。

10月の最終土曜日、AASHIRWAD(アシルワード)さんで「ネパールの家庭料理を食べましょう会」が開催されました。

アシルワードさんと言えば、看板はインドシェフによる本格的なインド料理とネパール人の奥様のネパール料理。
夜に単品で食べると特に感じるけど繊細な味で1品がただ美味しい。

たまに限定やイベントでネパールのダルバート(定食)やトゥクパなどが出品される時は、
なるべく食べに行くようにしているのですが、今回はこの日のために特別のダルバートを用意してくれるのだとか。

テーブルにはネパールの写真入りのメニュー表が1人づつ用意されていて、
お店側の気合いの入れようも伝わってきました。

全員そろったところでワンドリンクの飲み物をオーダーした後、1人づつプレートが運ばれてきました。

①カロダール・ジンブージャネコ(ウラッド豆のダール)
②ククラコマス(骨付きチキン)
③カシコマス(山羊)
④タルカリ/ボリピンダル(ホワイトロピア豆と里芋)
⑤タルカリ/シミ(つる豆)
⑥サーグブテコ(小松菜など)
⑦ムラコアチャール(大根の浅漬け)
⑧ケロウサデコ(グリーンピース、胡瓜などのスパイス和え)
⑨ライス(白米)
⑩セルロティ(米のドーナツ)
⑪ダヒ(自家製ヨーグルト&グラブジャムン)


ウラッド豆のカレーが今までに食べたことないほど奥深いダールでとっても美味しく、周りも同じ意見の人多し。
これにはジンブーというネパール特有の野菜を乾燥させたものが入っているそうで、これが影響しているんでしょうね。

ジンブーを昆布ーと聞き間違いして心の中で違うわ!とツッコミを入れていたが、
一文字違いだし出汁も出るしで、学生の英単語をこじつけ暗記するようにジンブー×コンブーで記憶したわ。

野菜のお惣菜が多いですが、それぞれ辛さも味も全部違うので
ふぅん、ほぉ~といちいち口の中で反応してしまうのが楽しい。
いつも肉中心のスパイス料理を食べている人が野菜が美味しいと唸っていたから相当なもの。

カシコマス(山羊)は羊大好きなら伝わってくる香りが納得なスパイス煮。
骨付きチキンのカレーとお肉類は2つだけですが、野菜ばかりでこの満足感はいいねぇ。
定食の様に見えて酒飲みには全てがアテ。
b0089578_14305271.jpg
今回のダルバートにはドリンクが1品付くことになっていて、私が選んだのはマサラワイン。
スパイスが入った赤ワインは甘めでスパイスの香りがして、サングリアを想像してもらえばいいかな。
マサラワインを結構気に入っていて、冬季などはホットでもいただいたりしています。
b0089578_14314782.jpg
こちらは後から揚げられて提供されてきた、セルロティ(お米のドーナツ)
細めのドーナツ状に油で揚げられたセルロティは少し固めでガリッとした食感。
私は全部食べきれずに持ち帰ったのですが、時間が経つと固くなるのでやはりその場で食べた方が一番いいですね。

今回も富山から沢山の参加者が来られてて、スパイス話としてはよりディープな話が出来る方々ばかりなので、
話しているだけで知識吸収、自分のスパイス活動(食べるのも作るほうも)も活性化されるわけで有意義な会でした。

ネパールの家庭料理を味わえるという貴重な体験を計画してくれた幹事さんに感謝。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-11-03 23:00 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(桂町):インド料理 マハク(Mehak)「ポークマサラカレー」「ランチセット」

b0089578_11140408.jpg
休日に1人で県庁近くのショールームやショップを点々と徘徊活動していた私。

カーテン1つとっても地味ぃ~に茶系かな?と考えていたら、シルバーを希望されてそれが良いのかも分からない。
あぁ、インテリアコーディネートの才能が下りてこないかと。

その辺でお昼を何を食べようかと考えていたら、夫から仕事終わったと電話がかかってきたので、
まだ向こうが未訪だというインド料理、マハク(Mehak)さんに行くことに。

この間、期間限定の「ポークマサラカレー」 をいただいたら、とってもスパイスごろごろで美味しくて。
そしたら、どうもこれが評判が良くって限定からレギュラーメニューに昇格したらしい。
という風の噂の押し上げもあって、すでに気分はポークマサラ色。

ポークマサラカレーセット(ナン、ミニライス、ミニサラダ、チャイ付):1,200円

ナン→チーズナンに変更して増額(値段忘れた)
通常のランチメニューとは別枠になるので、お値段もちょっと上がるけど
豚の塊肉がごろんごろん入ってるし、ホールスパイスもこれまたごろんごろん。
炒められた玉ねぎがグレイビーで正統派っぽいマサラ感がスパイス好きならイイネ!ボタン。
b0089578_11140994.jpg
カレーよりも先に出てくるサラダ、ドレッシングは黄色だけども味は胡麻に似ている。。
b0089578_11140011.jpg
・Bランチ(日替わりカレーから2種、小ライス、サラダ、ナン):980円

夫は通常のランチメニュー、選んだ2種のカレーはキーマカレーとミックス野菜
マサラよりはスパイスは控えめでスパイスジャンキーが好むものより食べやすいカレーです。

特にミックス野菜は本当に優しい系で、マサラ好きの私も半々でシェアしていたくらい。
キーマカレーは挽肉というよりも肉を細かくカットしていた位の大きさで入っていました。

ん?ナンの形がこの間食べたしずく型から丸型に変わっているぞ。
ここは焼きたてナン食べ放題なのですが、私のチーズナンを半分近く食べた上にナンお代わりしてた、あなたすごいよ。
b0089578_11142633.jpg
食後に私はチャイ付だったけれど夫にもチャイが運ばれてきた。
確かBランチにはないはずだけどサービスしてくれたのね、ありがとうございます。

まだ夜は未訪ですが単品の他にミールスなどもあるので、飛んでマハクナイトを頭に描きつつ・・ごちそうさまでした。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-11-02 23:15 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(堀川町):テーブルナナ(Table 7 nana)

b0089578_16085947.jpg
10月後半、世の中はハロウィーンで盛り上がっていた時期、
この時期になると訪れている気がする金沢駅近くのフレンチ・イタリアンバル、テーブルナナ(Table 7 nana)

様々な種類のお肉を本格熟成庫でエイジングして熟成肉を提供したり、
自家製シャルキュトリーを加工したり、さらに旬の魚介や地元野菜と幅広いメニュー構成でいつも賑わっているお店。

店内はすでにハロウィーン気分を盛り上げる飾り付け、10月末にはスタッフはもちろんお客も仮装している人たちが来店する。
昨年・一昨年と金髪カツラをかぶったりとコスプレ来店していた私ですが、今年はまだ月末ではないので普通の格好にて。

週末の夜は予約がとりにくいですが、偶然空いていたカウンター席に座れてホッと。
2階フロアは30人が収容できるテーブル席があって、1次会や2次会のお客さんがどんどん上がって行きます。
b0089578_16093736.jpg
いつものごとく本日のおすすめメニュー(裏・表)を見て、半端ないメニューの多さにいつものごとく驚愕する。
さらに別にメニューブックがあるんです。

沢山のメニューからどれを選ぼうかいつも迷ってしまうのですが、旬の食材を使ったメニューから
仔山羊の胃袋のトマト煮やらウシガエルのパン粉カツレツなど、私が好きそう~な品が見え隠れしているところも興味をそそります。

アントニオ・チェザーレ・グエラ・スプマンテ
乾杯の1杯はイタリアの辛口スプマンテ、爽やかな酸味と白い花の様な香り。
b0089578_16025375.jpg
・金目鯛のカルパッチョ
冷前菜は金目鯛のカルパッチョ、グレープフルーツとアボカドをのせて
さっぱりあっさりなサラダに仕上げています。
b0089578_16035427.jpg
・マッシュルームの鉄板焼き
マッシュルームを丸ごと鉄板焼きに、カリカリ生ハムと松の実オイルソースがかかって香ばしい。
火傷に注意しながら熱々をパクリといただく。
b0089578_16094120.jpg
金沢発!オリエンタルブルーイングさんの金沢産「きまビール」はほんのり山椒風味がする和のビール。
石浦神社の公式キャラクター「きまちゃん」をかたどったかわいいラベル。
b0089578_16042347.jpg
・ビアシンケン(牛の豚のあいびき)
ここで肉メニューを選ぶ時に迷ったら自作の手作りソーセージがお勧め。
今回は新作の手作りソーセージはビアシンケンとモンベリアール。
クミン風味のあらびきモンベリアールは売切れでしたが、自分好みであることは間違いない。
プリプリの歯ごたえにあらびきで肉のダイレクト感が伝わる。
b0089578_16072961.jpg
・焼き源助大根 甘ずっぱい赤ワインソース
途中でちょこっと出してもらった源助大根はしっとりして柔らかく甘みがある。
b0089578_16094665.jpg
オノロベラ・ルエダ
スペインの白のビオワイン、瑞々しいフルーツのフレーバーを感じる飲みやすいグラスワイン
b0089578_16075840.jpg
・仔ヤギのスペアリブ スパイス紅茶煮
羊はよーく食べるのですが山羊はあまり経験がなく、こちらは長野産の乳のみ仔ヤギのスペアリブ。
エイジングをかけたらクセは少し抜けるそうなんですが、それにしても柔らかくてクセがなく食べやすいお肉でした。
b0089578_16082861.jpg
・マツタケと金時草のオイルソースパスタ
ベーコンの塩味と松茸の香り漂うパスタはタリアテッレで。

熟成肉・肉料理を始めとする自慢の肉料理に、自家製ソーセージ、ベーコン、スモークサーモンと手仕事が多くて
地元の恵みを生かした魚介&野菜料理が次々と出てくる万能さはシェフの経験や下地があってこそ。
前も書いたと思うけど本当に引出しが多いです。

平日は午前1時、金・土は2時までと深夜営業もしていることから、
ひっきりなしに出入りが多くて、カウンター側から見ていると厨房内はずっと戦場。

グループ宴会にも適していますが、あらゆるメニューを目の前に迷うのも醍醐味。
2人なら1階の立ち飲み&カウンターをぜひお勧めします。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-11-01 16:34 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(西都):客野製麺所 「パーコー麺(濃口醤油)」

b0089578_16062217.jpg
近々の自宅のプチリフォームに向けて、インテリアや配置など頭の中は常にそればかり。
週末しか日中の自由時間がない私は、金沢駅西インテリアパラダイス通りを色々と散策してきました。

東京インテリア、TOTO、パナソニック、ニトリ、他ショールームなどなど・・・。
ネットでも情報は溢れているけど実際に見て回れるのは大きい。

金沢は実店舗が少ないので限られた商品しかないけれども、それでも参考にはなる。

しかし、自分がいいなって思ったものが家族と意見が一致するかというと別で、
も~何回も喧嘩が勃発している状態。

この日は1人だったので平和だったのですが。

さてこの日のお一人様ランチ。
県庁近くのジムに通っていた頃は、この周辺から帰宅までの道のりの間に寄り道するのが常でしたが、
移籍した現在はお久しぶりね~~♪な客野製麺所 、きゃっ!さんです。

・パーコー麺(濃口醤油)

以前はラーメンとミニパーコー丼のセットがデフォでしたが、今回はパーコー麺(濃口醤油)。

特製タレの染みた豚肉から揚げ、丼のカリカリ感も最高に美味しいけど、
食べ始めのカリッと感から、ちょっとだけ汁を吸いこんだシュワしみしみ感もかなり捨てがたい。

濃口と薄口、今度薄口をと思いつついつも濃口・・・醤油の旨みがストレートに伝わるのが好きで。
コシのある細麺ストレートと合わせて飽きない味なんです、でも今度こそ薄口を・笑

食べ進むうちにパーコーの脂がとろけ出すスープの変化を楽しみつつ。
パーコーの魅力に取りつかれた林家パーコーとなり、また再訪を願う1軒なのです。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-10-31 23:06 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)