金沢(野町):居酒屋 わり勘

b0089578_10280396.jpg
話しの始まりはこうだった。

私の職場に仕事に来ていた友人Nと言葉を交わした時、
前々から行きたいと思っていた居酒屋さんの店主が同級生だと言うので、
「連れてって!」この言葉の投げかけが人が転がるように集まったローリング飲み会。

居酒屋を経営している友人N2の定休日目掛けて店主を誘いだし、いつもの仲間たちも集まっての「わり勘」。
北陸鉄道石川線の野町駅からすぐ傍にあるわり勘さんは、昔ながらの大衆居酒屋さん。

ガラッと扉を開けると、カウンターは常連と思われるお客さんでほぼ満席。
カウンター後ろのお座敷もその横のお座敷(私たち)も予約客でいっぱいで大繁盛、平日からこれはすごい!

少し時間をさかのぼると、定休日の友人N2は昼から飲んでおりまして、
「夜もあるから飲み食いしすぎないように!」と釘を刺しておいたんです。

が、フリーだった友人たちは17時半からわり勘さんに集まって飲み食いが始まり
予約時間の19時にはすっかり出来上がった状態のN2がいらっしゃった・・・。

19時スタートの人たちがお店に来て全員揃ったところで改めて乾杯。
b0089578_10283331.jpg
お座敷の壁一面に貼られたメニューの数々、
お刺身、焼き魚、おでん、揚げ物、串料理を始めとした肉料理、鍋、たくさんの〆、
手元にある本日のおススメとメニューが豊富すぎて目が泳ぐ。

テーブルの上にはすでに頼まれていた上しろ生姜焼の残骸があったので1口食べると旨い!
私もこれ最初から食べたかったわ・・・つぶやくシロ星人。
b0089578_10290261.jpg
・串焼ミックス5本
団体だったので何皿か頼んだのですが、牛串・豚串・とり串・しろ串などがランダムで入ってます。
b0089578_10293258.jpg
・出巻玉子
b0089578_10305114.jpg
・ばい貝煮
殻から出してカットしてあるので皆で分けやすくなっていました。
b0089578_10320045.jpg
・お刺身盛り合わせ
全員揃ったら注文しよう、と待ち構えていたお刺身盛り合わせは大皿で。
ここは2階もあり団体客も多く、お刺身も1人前から小・中・大皿と各種あります。
ホタテ、鰆、甘えび、以下、ばい貝、マグロ、タコ~鮪が特に美味しかった♪
b0089578_10301805.jpg
・うなぎ
b0089578_10325548.jpg
・自家製さつま揚げ
友人Nお勧めの自家製さつま揚げ、熱々で噛むとふっくらふわふわで旨し。
b0089578_10333854.jpg
・たこの唐揚げ
唐揚げにレモン絞る派と絞らない派、あなたはどちら?私はレモン好きなので絞る派です。
かける前に一応声掛けはしますけど、わいわいカオス状態になったら自動的にブシューッ
b0089578_10373213.jpg
・いわしのぬた
アルコールはビール、サワー、日本酒、焼酎、ワインなど各種揃ってて
日本酒を頼んだ方々が好きなのはぬた!ちびっとやりたいそうです。
b0089578_10341713.jpg
・手羽ギョーザ
就職したての時に連れていってもらった居酒屋さんで食べた初めての手羽ギョーザ。
それまでチェーン系居酒屋・焼き鳥屋しか経験したことなかった私には、
手羽先の中に餃子の具が詰め込んで揚げてある1品はとても手の込んだ目新しいお料理に見えた。
手羽ギョーザには夢がある!てな訳でこれを頼んだのは私です、やはりいい!

〆のラーメンが食べたかったのですが、先に来た人たちとの温度差と二次会に行くというので食べること敵わず。

私たちが盛り上がっている間もカウンターのお客さんは入れ替わり立ち代わり入ってきて、
シャツ姿のサラリーマンが多くてオヤジたちの聖地である証明。

メニューが豊富でリーズナブルでお店の店主さんからスタッフも元気いっぱい。
毎日ちょこっと立ち寄って飲めそうだし、これは近所に欲しいお店だわ~~。

野町駅前にあるので電車の沿線に住んでいる人たちは飲んで帰れるね。
懐かしい風合いのカウンターは居心地良さげ、次回は絶対にカウンター飲みを実現したい。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-08-13 23:42 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(もりの里):中華そば 大勝 「味玉中華そば」

b0089578_15504213.jpg
今年は人生で一番多くスイカを食べた夏になりそうです。
朝ごはんにスイカを1/8づつ食べているのだけど、毎日なので確実に1人で2個以上は消費してますね。

朝スイカを食べると、水分を欲している身体にエキスがしみ込んでいくようなかなりの爽快感。
後から余計な水分を排出するためにおトイレにも行きたくなるカリウム効果。

その他に桃・マンゴー・キウイなどフルーツ中心の朝ごはん。
夏も後半を過ぎたけどスイカが出ている限り食べ続けて、途中で梨にバトンタッチの予定。

午前中は美容サイトの様なヘルシー路線、お昼ごろには炭水化物の欲求ウェーヴがやってくる。
今年の4月にもりの里にオープンした中華そば 大勝
私がジムアフターに行こうとすると定休日なので、中々行く機会を見つけられなかったようやくの訪問。

ラーメンの種類は極旨中華そば、濃厚豚骨醤油、魚介豚骨ラーメンの3種類。

・味玉中華そば(麺の硬さ:ふつう)
中華そばのあっさりをイメージしていたら結構しっかりした動物系で、表面は油で覆われて熱々。
トッピングは白髪葱、味玉、海苔、チャーシュー、メンマとするすると口に入っていく中細麺。
懐かしげな昔ながらの中華屋さんの中華そばというより、豚骨好きがあっさりした中華そばを食べたい時のラーメンという感じ。
もちろん基本中華そばなのでこってりはしておらず、意外とはっきりしてそれでいて飽きないかも。

1人ラーを決行したので、まだ未訪の夫にはぬけがけと突っ込まれました。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-08-12 23:57 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(入江):キッチン ユメジ 「ハーフ&ハーフ」 oishii

b0089578_14523185.jpg
3月の退院以来、病院に定期的に診察を受けに行っている私。
すっかり病院慣れしてしまい、時間つぶしのための小説をじっくり読み込んだりしているので、
待ち時間はさほど苦にはならないでいる。

とは言え、12時近くなってくるとランチを何処で食べようか、とスマホいじりが始まる。
頭の中で巡る洋食、麺類、ヘルシーのトライアングルに見事ロックオンしたのは、「洋食」。

移転してから気になっていたお店にやっと行けた「房’s キッチン」改め、キッチンユメジ
6月1日からお店の並びの「やきにくゆめじ」さん内にて移転営業することになりました。

房'sキッチンと言えば、白山市のキッチンユキで長年勤めたシェフが営む洋食店。
長年ユキのお世話になっていたので厨房にいたシェフのメニューももちろん食べていただろう私。
大好きなカレーやスパ、玉子野菜を時々食べたくなるんです。
b0089578_14530133.jpg
・ハーフ&ハーフ:メンチカツ・スープ・ドリンク付:980円
(トッピングはメンチカツ、ハンバーグ、からあげの中から選べる)
カレーライスとイタリアンスパのハーフ&ハーフ、真ん中にキャベツの境界線。

お~これこれ!・・・ん?何か足りないような・・あ、たまご野菜のトッピング言うの忘れてた。
でもベーシックままでも十分旨し、肉エキスがしみ込んだコクはあるけど辛くはない洋食屋さんカレーとイタリアンスパ。

ドリンクはコーラ・オレンジジュース・ジンジャー・グレープフルーツ・ウーロン・カルピス・カルピスソーダ
ホットコーヒー・アイスコーヒーとかなり選べる幅があります。
b0089578_14533165.jpg
全てのメニュー大盛り無料とはなんと太っ腹な。
「やきにくゆめじ」さんでは焼肉ランチに「焼き飯+焼肉セット」「カレー+焼肉セット」など合体メニューがあるそう。
焼肉も洋食もだなんて、なんて良いとこ2つどり!!次回はそれにしようかな。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-08-11 23:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(博労町):レスピラシオン(respiracion)金澤スパニッシュ

b0089578_14210875.jpg
お盆近くになると帰郷する人たちが集まりやすいからか同窓会のお知らせをよく耳にするけど、
私の元へは全く開催の話が聞こえてこない、うちの学年が関知しないのか密かに行われているのか知らないけど。

それでも大人になってからの繋がりは、長年会ってない人もいるけれど細く長く続いています。
7月末に2月の入院からの快気祝いということで、元職場の女子で集まって行ってきました、レスピラシオン(respiracion)

スペイン語で「呼吸」という意味の7月4日にオープンしたスペイン料理屋さん。
町屋をリノベーションしたというお店の外観はとても金沢らしい佇まいを残した雰囲気。

一歩中に入るとオープンキッチンでシェフ達が料理を作る姿が見られるライブ感たっぷりのカウンター
奥のテーブル席までスタイリッシュな空間が漂う、クールなんだけど人の活気をすごく感じる。
b0089578_14211320.jpg
お料理は何種類かのコースとアラカルトがあり、今回はアラカルトを選択。

・自家製ジンジャーエール
ドリンクはスペインのビールからカクテル、ワインを始め、日本酒・梅酒・加賀棒茶・紅茶などは地元で拘るラインナップ。
まずはごろごろフルーツが入った自家製サングリア(赤)。
すっかりお酒が弱くなってしまったので、次はノンアルの自家製ジンジャーエール。
飲みやすくキリッとしたタイプで爽やか。
b0089578_14211881.jpg
・盛り合わせ(ハモンセラーノ・フエ・チョリソー)
白カビサラミ、イベリコサラミ、ハモンセラーノの盛り合わせ。
ハモンセラーノはグレードが上のものだそうで、そう言われただけで肉質がまろやかで柔らかな印象が増したような。
カウンターで横並びの状態の私たちに対して、目の前のシェフが色々と詳しい説明をしてくれました。
カウンター間のやりとりが気軽に出来る雰囲気がいい、全部覚えきれてなくてすみません。
b0089578_14212336.jpg
・本日の前菜
薄切りビーツの間にボケロネスというイワシの酢漬け、スライスされた林檎にラズベリーソース。
ビネガーの酸味に林檎の甘味のアクセントのバランスが美味しい。
b0089578_14212752.jpg
・混ぜるサラダ
中身の野菜はオクラ、インゲン、カボチャ、横にトウモロコシのエスプーマと生ハムの出汁からとった泡がふわふわ。
温玉が添えてありそれらを全て混ぜて食べる混ぜるサラダは、
野菜がまろやかなトウモロコシに包まれてそれに玉子や泡のコクが加わって、タイトルからの意外性を持った奥深い味。
b0089578_14213120.jpg
・アヒージョ(ピルピル)
アヒージョには海老、季節の食材、ピルピルがあり、ピルピルを選びました。
干し鱈のゼラチン質が出てきてオイルが乳化して独特のとろんとした状態になったソースがうま!
b0089578_14213550.jpg
もちろん自家製パンを付けていただく。
b0089578_14214323.jpg
・パエジャ(魚介のパエリア・カタルーニャ風)
カタルーニャ地方のパエリアは汁気を飛ばしすぎないものが一般的らしく、リゾットの様な感じ。
とは言ってもお米は柔らかすぎずちゃんと形を保っていて、
海老や貝、白身魚などの魚介の出汁をたっぷりしみ込んで旨みが凝縮されてる。
b0089578_14214737.jpg
・本日のお肉料理
北海道のフィレ肉にヤマト醤油とテンプラニーリョのソース、ズッキーニとオクラ。
テンプラニーリョはイベリア半島で栽培されている赤ワイン用黒ぶどう品種。
初めて聞いた時「天ぷら人形」と空耳アワーしてしまったことは未だ忘れない。

本場スペイン・バルセロナのミシュラン星付き店で修行したシェフ始め、
シェフ3人のチームワークで作り上げるスペイン料理はモダンで繊細な顔を見せながら
地方色なパエリアやシンプルなピルピルもあったり、どれもフォトジェニック。

広々とした空間で次回はコースをいただきたいです。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-08-10 23:20 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(横川):豚蔵(とんぞ)「ラーメン」

b0089578_13430590.jpg
ただいまジムにてヨガにはまり中!ってほど頻繁には出てないけど、とりあえずスタジオ出てます。
何事も形から入るのでセール中の今はヨガウェア探しや、本屋でヨガ特集の雑誌を買ってみたり。

週始めにホットヨガ→サウナ→風呂コースの後の体重が、順調よく減っていたので気を良くしたのか、
これはラーメン食べちゃってもいいよね?のお告げと受け取り久しぶりのジムアフターラーメン。

が!魔の月曜日は定休日が多くて、ジムから一番近いお店に二軒振られ、
山側環状を走って他へ向かうも営業時間が過ぎているお店が幾つかあり、たどり着いた豚蔵(とんぞ)

・ラーメン(並)太麺+半熟味玉子
久しぶりの豚蔵さん、クセのない豚骨醤油は味わい深くてこの手のラーメン好きには定番の美味しさ。
スープを飲み続けるとしょっぱさを感じるので、ごはんが欲しくなってくる。

他の若い男性たちはライスに替え玉と追加ヴァージョン、私の過去を見ているよう。
細麺が消化にいいとわかってるんだけど、中太麺が好きなのでもちもち感を味わいながら運動の後にしみ込んだ1杯。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-08-08 23:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

石川(野々市):スパイスカレーカフェkotta (コッタ)スリランカプレート・ポークビンダル

b0089578_13355063.jpg
週末の家業手伝いアフター、汗が張り付くのでピッタリジーンズが履けなくなっているほどの暑さ。

冷たい麺で火照った身体を静めるかそれともスパイスで燃焼するか、
今回は後者を選びました、スパイスカレーカフェkotta (コッタ)

今年から始まった混ぜて食べること前提としたスリランカプレート。
通常はチキンカレー(2〜5辛)or 野菜カレーと豆カレーの2種類の組み合わせのところ、
期間限定の「ポークビンダル」がプラス200円でスリランカセットに変更できるそうなので、そちらでお願いしました。

・スリランカプレート(ポークビンダル・豆カレー)+スパイス半熟味玉

ポークビンダルはインド・ゴア州の名物料理。
粗挽きスパイスのペーストで豚肉をマリネしビネガーを使用したカレーは甘酸っぱいスッと抜けるような辛さ。
辛さは3〜5で結構最初から辛めなので、私は3にしました。

豚肉ごろごろのポークビンダルに優しい味のレンズ豆のカレー、
大根などのピクルス、ゴーヤの佃煮、ココナッツのふりかけ(ポルサンボル)、かぼちゃのサブジなどで構成。
単品で食べても美味しいカレーなので味わった後に混ぜ混ぜして食べる。
それぞれが複雑に織りなすスパイスを混ぜて存分に楽しむ。

途中でとろとろのスパイス半熟味玉を味わったり、
瓶に入ったカッタサンボル(玉ねぎの鰹節和え)を加えたりと最後まで飽きさせない。

付いてくるサラダのドレッシングはオリジナルの玉ねぎドレッシング。
去年もポークビンダルを食べたけど、これは爽やかでクセになる味だな〜。

翌朝、体重計にのったら僅かに減っていたのはパンチの効いたスパイスのお陰だと信じたい。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-08-07 23:36 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):スパイスボックス (SPICEBOX)南インド・スリランカ料理

b0089578_13535285.jpg
海水浴後の心地よい疲労感を保ちながら突入した夜ごはんタイム。
この全身の脱力感を打破する為にはスパイスで活を入れるしかあるまい、とスパイスボックス (SPICEBOX)

毎年、北國花火を見た後はスパボに行くのがかなりの確率で多いのですが、
去年は私がフジロックで不在、今年は花火を見ながらおつまみを食べ過ぎたせいでお腹が膨れていけず。

行きたい熱が溜まっていたようで、花火の翌日の海水浴後にどーしても!とほぼ私が決めたも同然。

久しぶり~と店内に入ると・・・ん?厨房に人がひしめき合ってるではないか。
なんとシェフが5人に増えている!!そんなに広くない厨房だからちょっと窮屈そうね。

前はシェフ1人に時々フェルナンドさんが手伝っていた体勢だったから、どうしたこの増殖ぶりは。
5人はインド人とスリランカ人、半々で構成されているようで(そういえば帽子の種類が違う)

柿木畠でお昼だけ営業している姉妹店、「スリランカキッチン」。
いつか夜営業もしたいと言ってたからそれを見越しての修業かな?まだまだ準備が必要そうだけど。

さて、スリランカのビール「ライオンスタウト」と運転手さんはウーロン茶で始まるスリランカな夜。
今回は同行者の希望によりお肉(マトンなど)控えめな注文になりました。

・玉葱のパコラ
メニューにはない玉ねぎのパコラ、チャナ豆の衣で揚げたパコラはさっくさく。
オーロラソースに似たタレとウスターソースに似たタレ2種につけて食べます(ベジタブルパコラも)
b0089578_13534908.jpg
・カップサラダ
カップの中には人参、トマト、キュウリの千切りが入ってるが問題はこのドレッシング。
マヨネーズの様で市販ではなさげなお味・・マスタードが入って謎なとろみ、なんだろうなぁこれ。
この日は奥のお座敷に外国の方が団体で入っていたので忙しそう~聞くチャンスを逃した。
b0089578_13535778.jpg
・ベジタブルパコラ
チキンパコラが定番な人がいると思うけど、私の定番はベジタブルパコラ。
細かく刻まれた野菜とホクホクさくさく感がおつまみ的感覚。
b0089578_13540538.jpg
・デビルシーフード
この店でデビル・・とつくものは、トマトベースの甘辛いスパイス炒め。
海老、イカなどシーフード類とインゲン、じゃがいもなど野菜類がごろごろ、上にはパクチー。
b0089578_13540910.jpg
フィッシュマサラ、チキンマッシュルーム
いつもならマトン!と声高々に注文するけど、今日は頼んだことないカレー。
カレーは単品なので、ライスとナンをそれぞれ付けました。
b0089578_13541633.jpg
フィッシュはサワラかな?チキンの方はマッシュルームたっぷり。
それぞれ具材が違うから滲み出る出汁の味がして美味しいです。
辛いのが好きな人は頼めば辛くしてくれますよ。

スリランカ焼きそばも食べたかったけど、2人ではこれでお腹いっぱい。
タパスの種類がたくさんあるのでお酒飲む人にはぴったりで、また人数引き連れてマトン料理を始め色々注文したいです。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-08-06 23:32 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

富山(氷見市):自家焙煎珈琲&CAFE「Loiter」(ロイター) oishii

b0089578_16214862.jpg
島尾海浜公園にて海水浴後、シャワーもして着替えも済ませたしどこかでお茶でもな気分。
検索の結果、氷見線島尾駅から国道415線にぶち当たるすぐ傍にカフェを発見。

まるで島尾海岸に寄った後はここで一休みはどう?とでも言わんばかりの目と鼻の先、自家焙煎珈琲&CAFE「Loiter」
看板には平仮名で「じかばいせんこーひー&かふぇ」・・何か・・か、かわいいじゃないか!

自家焙煎という固い四文字熟語を誰にでも分かりやすく手を広げてお迎えしているようだ。

その外観と内装は黒を基調にしたシックな雰囲気で、
目力が強いマスターがお出迎えしてくれただけに違和感的な軽い萌えを発す。
b0089578_16215475.jpg
コーヒーの種類はブレンド、ガテマラ、モカ、マンデリン、キャラメ、キリマンジャロ、ウガンダ、
自家焙煎コーヒーの豆も販売していて、ネットではメニューにない種類も揃っていたので店頭販売でもあるのかな。

はっとむぎこーひーは氷見産ハトムギ珈琲豆をブレンドしているそうで、
お腹が弱めな自分は少し心惹かれたが結局普通のコーヒーを飲むことに。

・ガテマラ
私が飲んでいたのはこちら。
ほどよいコクを持ち酸味も穏やかで飲みやすい味でした。
b0089578_16215931.jpg
・ろいたーぶれんど
軽い酸味が先に来た後に苦味を感じるバランスのとれたオリジナルブレンド。
ちなみにコーヒーのお代わりは50円引きです。
b0089578_16220365.jpg
・ベリーベリーケーキ
黄桃とベリーが上にのったケーキはショコラスポンジ、ベリー、ホワイトムースの三層状。
甘さ控えめで夏らしいかも、他にはモンブランやスフレチーズケーキなどがありました。
珈琲とケーキのセットで100円引きになります。

入口近くにメダカが入った水槽を時折じっと見つめていた店主さん。
帰り際にメダカの事について尋ねるとホロッと笑顔をみせて話してくれた。

渋い色合いの店内に個性的そうな店主さんが焙煎する本格的なコーヒー豆と
ひらがなが多用された可愛いメニュー表。
やっぱりどこか・・か、かわいいじゃないか!!と萌えたのは私だけかしら。

氷見に向かって海沿い近くを走りながら休憩するのに丁度よいポイントにあるお店でした。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-08-05 23:57 | 富山 | Trackback | Comments(0)