金沢(広岡:金沢駅西口):金沢おでん・一品料理、勝一

b0089578_16351225.jpg
今年の冬は平年よりも気温が低くなるのが早いんではないか!?寒さこらえてセーターも編めない、気力がない。
ベットに羽根布団や毛布などを重ねてぬくぬくにして、ここが一番幸せ!という時期に突入してきた。

お家ごはんも鍋が増えてきて煮込み料理がフル回転、おでんも作らなければ。
ちょっと前のリフォーム工事時に行ってきたのは、金沢おでん・一品料理、勝一

何度も記事で登場していますが、お気に入りの店でリピーター。
片町の割烹勝一の大将が引退した後の復活劇、78歳でおでんと一品料理のこのお店をオープンして1年半年あまり。

金沢駅西口の時計台駐車場の横にあり立地も良く
すっかり平日は仕事帰りのサラリーマン、土曜は観光客で賑わう人気店に。

カウンターにはおばんざいがズラリ、おでんもメインを張ってますが、
その他の割烹時代から続くお魚・1品メニューの方が多いような気がする。

b0089578_16355443.jpg
白子酢
基本、量は1人分ジャストな小ぶりサイズでお値段がお手頃。
なので、1人飲みに適してるのはもちろん、2、3人で色んな物をつつくのも良いでしょう。

b0089578_16362499.jpg
カウンター上の紙に食べたいおでんのネタの個数を書いて渡すシステム。
玉子、えびしんじょう、昆布、大根(柚子味噌付)、厚揚げ
割烹仕込みのおでん出汁は薄っすら上品な味つけ。
b0089578_16365491.jpg
白子の天ぷら、こちらも1人分な量。
白子酢に白子の天ぷらに白子焼き、全て制覇したくなるほど白子に沸き立つ。
b0089578_16375999.jpg
そして今だからの限定、香箱がにの「かに面」、壁に貼ってある文字を見逃すわけもなく。
蟹の身に隠れている内子を食べる時の恍惚感、ん~冬は寒くていやだけど美味しい物が多くて幸せでいられる。

今年の香箱蟹ガニ漁の最終日は調べてみると12月25日(予定)だそうで、資源保護を優先して毎年この時期まで。
家でもスーパーで手に入れ捌いて食べている香箱ですが、お店のおでんのかに面も格別でした。
b0089578_16391735.jpg
脂のり夫な鰯のお刺身、これを摘みつつさぞかしお酒が旨いに違いない。
この日は運転手だったので私はウーロン茶。
b0089578_16394895.jpg
鰈の唐揚げ、カウンター上に山盛りになっていた唐揚げ。
温め直してくれるのでカリカリで熱々です。
b0089578_16401871.jpg
真子の煮つけとサワラの西京焼きをちょこっとづつ。
b0089578_16404870.jpg
焼酎お湯割りが飲めない身体は温かいものを欲して、注文したのはタラ汁。
タラのアラと出汁がじんわりと出たあったかスープ。
もう1つ浮いてるのは・・あれ?これはタラ肝だ~あん肝にも似た柔らかさとコクが美味!

キビキビと厨房を動きながら働くことを生き甲斐にしている大将と
お母さんの姿を見ているだけでも元気が出るのですが、さらにここは殆どのスタッフがシルバー世代。

緩やかに流れる独特の空気感と和むおもてなし、ここにちょっと寄って行こうかという気持ちになるんです。
まだ上がっていないけど、2階席で団体にも対応していますよ、今宵もごちそうさまでした。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-12-07 23:50 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(有松):麺や 福座(フクゾ)「かき塩ラーメン」

b0089578_15114732.jpg
去年辺りまで夕食を食べた後に珈琲を淹れるのが習慣づいてたんですけど、
今年始めから途切れて、また最近復活して食後の珈琲を楽しんでます。

今、飲んでるのはお腹に優しいこともあって自分はカフェインレス珈琲
夫用に普通の珈琲豆も購入している。

で、お歳暮にドリップコーヒー(普通の珈琲)を頂いたので、それを入れて飲んだところ
布団に入ってもいつもの睡魔が襲ってこない、ね、眠れない!

隣では何事もなかったようにグースカ寝てる人もいるんですが。
カフェイン効果が如実に現れて睡眠の妨げに・・結果、睡眠不足に。

体質的なものもあるんだろうけど、すっかりカフェインレス派になった私としては、
カフェインレスの缶コーヒーが売っていたらなぁ~と思うことしきり。

リフォーム工事の時に職人さんたち用に出していた缶コーヒーたちが冷蔵庫の中で眠ったままになってる。
飲めないわけじゃないんだけど、濃いブラックなんかはお腹が痛くなりそうで。

さて、土曜の日中にホームセンターでキッチン収納用品を探すために1人車でおでかけ。
となると当然お1人様ランチ活動、麺や 福座(フクゾ)

・かき塩ラーメン

福座の冬の風物詩、これで4年連続「かき塩ラーメン」食べていますわ。
能登中島産の生牡蠣に打粉をして、特製のあんで下味をつけた牡蠣貝はここだけ中華の様相。
コーティングしてあるのでふっくらした牡蠣のまま、旨み逃さず。

去年は全粒粉だった麺が今年は低加水の中細ストレート麺、自然にさらさら口の中に流れ込んでいく。
スープは鶏ガラ、豚背骨、野菜と共に焚きだした清湯スープにかきスープと合わせていて、
すっきりしながら牡蠣の旨みも感じるやはり冬に1回は食べとかなきゃいけない1品。
途中でかきラー油を入れると華やかな辛さが加わって変化が楽しめます。

すでに「かき醤油鶏白湯」も始まっているので、月曜夜にジムアフターすることが多い私にとっては
食べれるチャンスが1つ減って苦しいところ(定休日)。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-12-06 23:50 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(野々市市):スパイスカレーカフェ コッタ (KOTTA)「スリランカプレート(チキン)」

b0089578_15155002.jpg
プチリフォーム中だった我が家、部屋のカーテンも一緒に処分したので今は何もない状態。
レースカーテンは白だし何となくすんなり決まりそうな気がするが、問題はドレープカーテン。

色とか雰囲気とか、お互いに好みの対立で家具にしても照明にしてもいちいちぶつかるんですよ。
当然、カーテンもバトル勃発、さーて何色になるんだろう。

そんなお休みの日はインテリアを見て回るフリータイム、お1人様ランチはスパイスカレーカフェ コッタ (KOTTA)

11月の後半辺りからフィッシュカレーを提供し始めたらしいということで向ったが、
今一歩のところで・・・売切れでズガーン!

南インド・ケララ地方のフィッシュカレー(ミーンモリー)でレモン風味のさっぱりとした仕上がりとのこと。
お魚は日替わりで内容が違って地元天然ブリの日もあったり、この日は鮭でした。

売切れなら仕方ないと別のカレーをとメニューの上を多少走らせる目が泳ぎながらも、これに決定。

・スリランカプレート(チキン)
スリランカのココナッツのふりかけ(ポルサンボル)やピクルス、野菜の和え物など、
1皿に色々盛られたスリランカプレート、ダルカレーに合わせて選べるカレーをチキンにした。
他のカレーだと野菜カレーと激辛ビーフ(+100円)が選べる。

チキンカレーの辛さを2にしてややマイルドな辛さでいただく。
単品でライスにかけて食べるのもよし、混ぜながら複雑になる味を楽しむのもよし。
スパイスのブレンド具合が心地よくて、毎回違うカレーを食べたくなる。
b0089578_15162022.jpg
カレーの前に出てくるサラダもすりおろした玉ねぎのドレッシングが秀逸。

グループだとテーブルですが、1人だと大抵レジ近くのカウンターで食べているので、
少し手の空いた時に癒される雰囲気なのに好みがハッキリしている店主さんや、
ほっこりしたお母さんとおしゃべりして、ついつい滞在が長くなってしまうことも度々。
私と似たような常連さんを何人か知っているぞ、要するに居心地がいいのです。

平日の夜営業もぼちぼち始まっているようなので、灯りがついていればレッツゴー!

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-12-05 23:19 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(元町):バーカロ(BACARO)イタリアン居酒屋

b0089578_14272452.jpg
まだまだ続くプチリフォーム工事、休日前の夜ごはんは久しぶりのバーカロ(BACARO)
もちろん、ここでもカウンター純情派!りょうさんの髪型が斬新になっていて驚いた。

友人たちと夫と行くかで随分頼むメニューが変わるのだが、基本的にここで2人だと量が多いのであまり頼めない。
野菜をまずガッツリ食べたいので必ず頼むのが、サラダ。

ここんとこ頼んでいるのはグリーンサラダだったかな、シーザーサラダのドレッシングに粉チーズ。
山盛りになった胡瓜にトマト、人参、葉ものに蓮根チップスをもりもり食う。
b0089578_14273842.jpg
ボジョレー解禁になっていたので、ノヴェッロからの~ボジョレー。
b0089578_14274394.jpg
フォアグラと豚・ナッツ・ドライフルーツのテリーヌ
ナッツの香ばしさとドライフルーツなど異なる食感や風味でフォアグラテリーヌに変化をもたせる、美味しい!

この日はイノシシ、鮭、フォアグラのメニューがずらりと並び、壁にはり出されていた。
フォアグラフリット、フォアグラのパスタ、フォアグラの炊き込みごはんとか連続で食べたら闘魂注入っぽい。
b0089578_14274984.jpg
肉厚しいたけフリット
外がカリッとして中がしっとりした肉厚しいたけのフリット。
おお・・さすがに2人に多いわ、これは。
b0089578_14275525.jpg
鯖のスモークと秋鮭の南蛮漬け
メニュー選びに困った時の鯖のスモーク、悩むほどあるけど定番の美味しさでたまに注文。
b0089578_14280230.jpg
牛リヴロースのグリエ
量多いですか?そんなことないですよ、と言われて注文したら下に野菜もあって結構なボリューム。
でもほぼ赤身のリヴロースでさっぱりしているのでどんどん進む。
b0089578_14280716.jpg
カラスミのパスタ
こちらも定番の美味しさ、シンプルなのにカラスミのコクとパスタの茹で加減がどんぴしゃ。
b0089578_14281352.jpg
ジェラート盛り合わせ
バニラ、マンゴー、ココナッツ、ミルク、キャラメル。
キャラメルが濃厚で香ばしくて一番好き!他のがソフトな味わいなので際立っているのかも。
今宵は食べ過ぎました、翌日はうどんで過ごします・・ご馳走様。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-12-04 23:31 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(安江町):麺屋 白鷺 「坦々麺」

b0089578_16283130.jpg
プチリフォームが続いていた11月末、夜は月一習い事のラテアート教室でサニーベルコーヒーさんへ。

19時からフリーポア形式(ピッチャーから流れるミルクの流れを操る・爪楊枝やピックは使わない)で、
21時過ぎまで3、4人で順番に教えてもらっています。

現在私はレイヤーハート2個まで進んでいるけど、もういつもやり始めはめたくたに近い。

終了する時間が9時半近くだったので、9時半閉店の目の前のお店にズザーーーッと、麺屋 白鷺
さらに私の後に団体がぞろぞろ滑り込み、閉店間際の大繁盛。

・坦々麺
11月30日までの限定「坦々麺」何とか間に合ったわぁ~。
トッピングには肉味噌、ピーナッツ、小松菜、刻み玉ねぎ、貝柱の辣油、山椒

鶏白湯ベースに芝麻醤を入れたスープはまったりとして優しくも深みがあり、それほど辛くなくてホッと。
さらに店主の笑顔にホットステーション!

するすると口に入っていく中細麺もなだれ込むように。
パーキングに止めてからの~ラテアートとラーメンの一石二鳥!

12月からは「濃厚かきそば」も始まっているので、行けるタイミングを伺っています。。。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-12-03 23:37 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(石引):うどん割烹 どんすき本店 「酒鍋(ささなべ)うどん」

b0089578_10371578.jpg
プチリフォーム日記の続き、
床や天井の張り替え、キッチンのコンセントやガスの位置などの確認、その他色々
日に日に少しづつ出来上がっていく様を見ながら、完成までの期待感と少しの不安感も入交り。

キッチンの色を決めるあたって、木目調もいいなと思ったけど結局以前と同じホワイトに決定。
うちのキッチンは東北で光があまりあたらないのです、風水も取り入れて清潔な白。

汚れが目立つ方が綺麗さを保とうとマメに掃除するんじゃないかという、自分の性格も考慮して。
キッチン使えない間の今夜の夕食は、うどん割烹 どんすき本店

ここも長いよなぁ~と公式ページを開いてみると、昭和41年1月にうどん専門店として開業とある。
家から近くの大きな病院と言えば旧国立病院で、母親の入院や診察に連れ立って行った時にお昼ごはんと言えばここだった。

香川県で製粉業を営んでいた先代がこちらに移り住み、石川県内で一番最初に讃岐うどんを紹介したお店だそうです。
国産小麦100%使用の麺はもちろん自家製麺。

大抵はうどん付の天ぷら定食や若鶏定食を食べていて、鍋うどんの方は記憶が少ない。
煮込みうどん、打込鍋、天麩羅鍋、ピリ辛チゲ鍋うどん、と色々あるけど名物は「酒うどん」。

よくストーブの上で酒粕を焼いて母親が食べていたけど、私は子供の頃は酒粕が苦手で。
でも今なら大丈夫、というか子供の頃に大好きだったら相当な日本酒飲みになりそうな。

・酒鍋(ささなべ)うどん
地元酒蔵から仕入れる酒粕とどんすきの出汁のオリジナルブレンドは、出汁の効いたまさにホッとする粕汁。
豚肉、玉ねぎ、大根、人参、長ねぎと具の煮込むことでより甘みと深みのある味に。
うどんはもっちりとして程よいコシがあってお汁も一緒に飲みつつ寒い冬にぴったり、身体が温まる。
ごはんを投入してお汁を全て平らげるのもお勧め。

今回は酒鍋うどんだったが、スペシャルカレーうどんにも惹かれたのは言うまでもなく。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-12-02 23:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):能加万菜 くし家金澤

b0089578_13514078.jpg
プチリフォーム日記の続き、
業者の人が入れ替わりする日中は、あまり長い時間外出するわけにもいかないので、
近くのコンビニでお昼ごはんを買ってきて食べていました。

平日の日中にそのコンビニでお昼を買うこともないので、ご近所?の人たちでレジが渋滞という光景が珍しく映った。
便利な立地にあり人気な某コンビニ、いつも夜お世話になってます。

さて、今宵の夜ご飯は片町へ、おでんと串がいっぺんに楽しめる能加万菜 くし家金澤
片町スクランブル交差点の北国ビル1Fにあるので、分かりやすく便利な場所にある。

くしと付くだけあって串かつがメイン、さらに温まる金澤おでんや1品料理も豊富に揃ってて
その日のお勧めでお造りや1品も選べるという2人だとあれこれ頼みたいのに勿体ないくらい。

そして何と言っても9と4(くし)のつく日「くし家の日」は100円串かつが20種類以上!
これですわ、まさにこの日に行ってきました!笑、案の定ほぼ満席。

ついつい100円メニューばかり食べてしまうので、他の日に行くこともあるんですよ。。。

b0089578_13514640.jpg
この日の1杯は芋焼酎・五郎島金時のお湯割りでホッと温まる。
いくらおろしをちびちびとアテにしながら、串かつとおでんを待ちます。
b0089578_13515407.jpg
金澤おでんの盛り合わせ、自分たちで頼むと大根、玉子、昆布といつも同じなので盛り合わせでお任せにしてみる。
大根、車ふ、蒟蒻、バイ貝、昆布巻、厚揚げ、薄味のあっさり出汁でほっくりと。
近江町市場の「岩内蒲鉾店」のえび団子、いか団子、さつまあげ、ごぼ天、ちくわなどもあります。
b0089578_13520224.jpg
牛かつ、ささみしそ、うずら、キス、ホタテ、ベビーコーン、蓮根
見事なほどに100円の串ばかり注文、1人分づつ分けて持ってきてくれました。
待っているのは目の前にある二度漬け禁止のさらっとしたソース。

細かい衣で揚げてあるのに油のせいか結構軽い感じでザクザク食べられる。
丁度季節柄、かにめんもお勧めにあったけどすでに売り切れ。
b0089578_13520809.jpg
お出汁がしみたさっぱりした茄子のあげだし、野菜を食べようということでこちら。
b0089578_13521415.jpg
アボカド、しいたけ、チーズベーコン、豚バラ
またもやアボカドは抜かして100円串かつばかり、やはりこうなっちゃうよねー。
アボカドが中がとろんと柔らかくなって美味しい、これはレギュラーメニュー希望です。
b0089578_13522151.jpg
名物料理の1つであるくし家の焼きそば、これ毎回頼んでいる気がする。
中太のもちっとした麺にソースの具合がさすが人気とあって作り慣れてる美味しさ。
〆としてはおでんラーメン、おでん茶漬け、ソースかつ丼などもあるので気になる人は試してみて下さい。

串かつに重きを置くか、それともおでんか一品料理か、人数がいればバラエティーに富むので楽しいと思います。
2人で行ったらやはり目の前で揚げてくれるのを見ながら食べられるカウンターが好き、ご馳走さまでした。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-12-01 23:53 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(武蔵町):ぼてじゅう めいてつエムザ店 「牡蠣やきそば」「海老・豚肉のお好み焼き」

b0089578_10394044.jpg
プチリフォーム日記、古い鉄筋住宅な自宅のキッチン&ダイニングの床の土台から天井まで丸ごとリフォーム。
他の部屋は古いままだけど、一日の内寝室以外で一番長く過ごす部屋なので改装に踏み切った。

実際、あちこち古びて吊り戸棚の扉は壊れてるし、そういったキッチンで料理するのは楽しい気持ちになれなかった。
気持ちよく料理したい、キッチンに立つ人ならば誰でも思うことですね。

さて、天井を剥がして床も土台から直すので丸ごと箱状態になったがらんどうの部屋を見て一種の感慨がないでもない。
今夜も外食だ!と外に出る、本屋に立ち寄りたかったのと懐かしのお好み焼き熱が上がって、ぼてじゅう めいてつエムザ店

名鉄エムザがただの名鉄だった頃から変わらなくその場所にあり続ける金沢市民のソウルフードの1つ。
外でお好み焼きと言えばここ(と旧片町店)だったので、少女の頃からしっかり歴史が刻まれている。

BGMが演歌からJ-POPへ、焼き手が世代交代しても、変わらぬ美味しさを求めていつもカウンターには大勢の人。
2人で行く時には焼きそばをシェアして、お好み焼きを1人1枚づつ。

・牡蠣焼きそば
豚にしようか、それとも烏賊・・と目を泳がすと、季節限定の「牡蠣」の文字。
細からず太からずな麺にいつものこっくりしたソースが絡みつき、あちこちに牡蠣。
鉄板は熱いままなのでカリッとした部分が出来てくるのもいい。
b0089578_10401701.jpg
・お好み焼き(海老、豚肉)
海老と肉というお互いの好みが分かりやすい注文、ちょっとだけシェア。
普通のマヨネーズとは違う謎のホワイトソースが昔から大好き。

薄くペッタンと焼かれた生地にソースが自然と口に馴染む、ん~やはり美味しいわ。
金沢独特の歴史あるお好み焼きに今夜も満たされつつご馳走様。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-11-30 23:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)