「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

富山(南砺市):らーめん真太 「冷やし塩そば」「海老ワンタン塩そば」

b0089578_12123578.jpg
お盆の間のプチ遠出、ドライブがてら高岡の古い町並みを目的地として出発。

遅いランチは、自分のプッシュにより北陸道から高岡とは正反対の方向の南砺市へ。

高岡駅から城端駅までを繋ぐ城端線の福野駅前にある、塩ラーメンが人気のらーめん真太

お盆の間ということもあり、待合席のみならず立待ちでいっぱい大人気。

待つ間にゆっくりとメニュー選び、夏の間は冷やしキラーとして暗躍しているので私は当然冷やし。

・冷やし塩そば

和風出汁のスープにキラキラと香油が浮かんで、レモンを絞ると清涼感のある香りと酸味が広がる。
麺は冷やし用の平打ち麺で、コシがあってつるつると喉越しよく美味しいです!

トッピングのオクラは出汁煮、エリンギはレモン煮、ナスは揚げ浸し、と異なった味わいで凝ってる。
しっとりとした鶏チャーシューが3枚とカイワレ、プチトマト、など彩り豊か。

出汁氷が2つインで最後まで冷たくいただきました。
b0089578_12123987.jpg
・海老ワンタン塩そば

夫が頼んだのは一番人気の「福の塩そば」に自家製海老ワンタンをトッピングした「海老ワンタン塩そば」
丸鶏を使った鶏ガラスープは丸みがあり、塩ダレは貝柱、利尻昆布や3種類の塩と贅沢に。

海老ワンタン自家製で、海老と隠し味に甘海老100個からとった海老油を使用。
自家製の細麺でするするあっさり、淡麗な塩味に海老油のいい香りがしてました。

b0089578_12124228.jpg
・炙り豚バラチャーマヨごはん

最近は低温調理で作るレアチャーシューが流行りというより、当たり前田のクラッカーくらいの存在になってます。
レアチャーシューもいいんですが、この脂とろっとろの柔らかい豚バラチャーシューはかなりコッテリーナにはツボ!

マヨソースもこってり重低音を更に響き渡らせるいいカップリングなのです、ウマー!
シェアしてたけど本音は一人じめしたかった、キリキリ.....
b0089578_12124650.jpg
・Mix餃子

一口サイズの「福のちび餃子」と「しそ棒餃子」の2種類セット。
餃子の皮も自家製、もちっとしたちび餃子に棒餃子はやっぱり紫蘇の香りがいいですね。
あっさりとした塩ラーメンに餃子やコクのあるチャーシューがいいコンビになってます。

遅く家を出たのと待ち時間で時刻はもう午後3時を過ぎていた。
これはもう高岡市の散策は出来ないと諦め模様・・・塩味と共にあっさり心を切り替える。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2016-08-25 22:06 | 富山 | Trackback | Comments(0)

石川(野々市市):スパイスカレーカフェ・コッタ(spice curry cafe KOTTA) 「ポークビンダル」再び

b0089578_11582342.jpg
数日前に久々にまかない用のカレーを作るのに精を出す。

色んな野菜を消費できるのでカレーの種類を変えてはたまに作っていたものの、
皆もそれぞれ自宅でカレー食べてるだろうから、とカレー自粛の意見によりストップ。

ほんと久々に作りました、自分のカレーはスパイスオンリー、もしくは最後にルー1かけインなスパイスカレー。
スパイスばかり使ってるけど、インド風カレーに近づくようで近づかないマイオリジナリティー。

そういえば最初に食べたカレーは、母親が作ったルーを使わないカレー粉と小麦粉から作る昔懐かしいカレー。
その時からカレーのとりこだった、そして今も。

インドやスリランカなど本場ものカレーも大好きだけど、
日本人がスパイスを独自配合したオリジナリティー溢れるカレーは、本場とはまた違った魅力がありますね。

家事手伝いアフターは野々市までズザッと、スパイスカレーカフェ・コッタ(spice curry cafe KOTTA)

この前食べた「ポークビンダル」がいたく気に入り、 もう一度食べたくて参上。

・ポークビンダル(ライス大盛り:ランチタイム無料)トッピング:茄子の素揚げ、スパイス味付け玉子

上のは、カッタサンボルという玉ねぎの付け合せは鰹節の味付け(スリランカ風のおかかふりかけ)
b0089578_11582701.jpg
最初に出されるサラダ、さらっとした円やかな自家製の玉ねぎのドレッシングはテイクアウトも出来ます。
隣のプチトマトはお母さんが出してくれたもの、家庭菜園!?
b0089578_11583031.jpg

豚肉がごろごろ入ってトッピング追加の素揚げ茄子、ポークビンダルは期間限定の南インド・ゴア州の名物料理。

ポルトガルの影響下が色濃く出た土地柄、ワインビネガーの酸味と唐辛子の辛味がある独特な味付けのカレー。

すっと引くような辛さと酸味が伴い、複雑なスパイスが広がる爽やかな夏にピッタリの味。
辛味が強いのでレベル3(ここはレベル5まであります)でも、結構辛い!咳き込みましたわ。

そして食べ進むうちに額と背中から汗がじんわり。
個性的な味なので好みは分かれるかもだけど、ハマる人はクセになる!私は見事にドツボにハマりました。

それでもって、素揚げされた茄子がカレーとよく合う。
ポークビンダルは9月末までの限定です。

b0089578_11583499.jpg
ドリンクセットにしたので食事の後にアイスチャイ、
辛さでポカポカ最高値な身体に甘さと冷たさでクールダウン。

店主さんに聞いたおすすめのラーメン情報を元に今度行く決意をし(なぜかカレーではない)、
お母さんの雰囲気にほっこりしながら、今回もスパイス摂取。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2016-08-24 23:58 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

福井(坂井市三国町):港町職人(かき氷&アイスバー夏スイーツ専門店)

b0089578_11561996.jpg
夏の間に1度は海水浴に行かねばならぬ!
季節を盛り上げる為に計画を練る私はいつもイベント執行人。

海外では年配者もビーチリゾートに出向いて水着はビキニ、
私もお婆ちゃんになっても泳ぎたい心は木の実ナナ。

そんな妄想を抱えながら北陸のビーチリゾート、去年と同じく三国海岸へ。

夫の仕事時間明けが遅いので、到着時刻が午後3時近くだけど短い時間を思いっきり楽しむ。

今年は泳ぎに行くまでに痩せる計画も果たせず、
ポヨンと出たお腹を隠す為にラッシュガードで体型カバー。
もちろんラッシュガード着たまま泳ぎます。

水中メガネでちょい潜ったりしながら、まーた今年も焼けてしまうんだな。

ひとしきり泳いで帰り支度をして、
三国サンセットビーチ前にある「かき氷とアイスバー夏スイーツ専門店」である港町職人へ。

港町職人さんは三国町にあるパティスリーニュアージュ・リーブル (nuage libre) さんが、
夏限定でオープンするパティシェかき氷、アイスバー、アイスコッペの夏スイーツメニュー専門店。

パティシエの作るかき氷は、フルーツやシロップ、ソースと拘りが詰まったとっても華やかなかき氷。
アイスバーも素材の味を閉じ込めた濃厚でプレミアムな夏の味。

夏の時期、7、8月の土日と三国花火の日に営業(今年はあと27、28日の2回)。

しかし、ありゃりゃ・・午後4時に閉店らしく、丁度片付けをしている途中。
b0089578_11562288.jpg
ニュアージュさんは北陸チャリティーレストラン でもビュッフェタイムに移動店舗にて、
フレンチトースト、米粉クレープ、スムージーなどを提供していただいておりました。

その時の縁もあり私たちの顔を覚えててくださってて、
閉店ギリギリですがアイスバーを買うことができました。

ここのかき氷はテレビにも紹介されて大人気ですでに売り切れ。
アイスバーも抹茶あずきしか残っていない、とのことだったけど抹茶好きなので全然問題なし!

b0089578_11563267.jpg
栗と小豆に生クリームと抹茶ソースのデコラティブ具合が素敵なデセール・アイスバー。

ソフトな口当たりの抹茶のアイスを食べ進んでいくと・・・プニッという食感が。

福井名物、羽二重餅のような味の塊が入ってる・・・餅粉を使って中に入れてるんですね。

あぁ、できれば噂のかき氷も食べてみたかったけど、今年はもう無理だなぁ。

出蔵さん、ありがとうございました!
b0089578_11563540.jpg
その後は、お気に入りの風景が広がる雄島周辺の海岸をドライブしながら、
この近くにある某ラーメン屋さんを訪問しようと画策していたのだけど、
日曜はお昼営業だけだった・・・確認不足っ!

地元に戻って、海水浴の余韻に浸りながら夕飯は廻るお寿司でお魚たちと戯れました。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2016-08-23 23:25 | 福井 | Trackback | Comments(0)

金沢(寺町):自然派ラーメン 神楽 「冷やし塩ラーメン」

b0089578_11531079.jpg
連日の猛暑日ですけど、今年はいつもより長くないですか?気のせいかな。

平日の外仕事ランチの時も、週末の手伝いの後もいつも開店時間には間に合わず。
人気店は開店前から並ぶので行く機会に恵まれず、お盆休みの間にやっと行けました、自然派ラーメン 神楽

開店前から並ぼうとしたのは、限定20食の夏限定の麺を食べるため。
30分前に到着すると、すでに1番のりが・・・玄関前に折り畳み椅子に座ったツワモノがいました。

しばらくの間2人きりだったので、あっつぃですねぇ~と何となく会話が生まれたラーメン好きの親近感。
ツワモノさんは県外の方で1時間前から1人で待っていたとか。

奥さんはラーメン食べないから、ショッピングセンターへ置いてきた、と。
ん?そこで奥さんはランチ?、せっかくの金沢で待ち時間なら駅やデパートとかでもいいと思いますよ。

金沢の美味しいパン屋さんを買って帰りたいと言われたので、ヤマネコさんを教える。
神楽ならタネさんも近いけど、以前に行かれたそうで。

そうこうしている内に、日蔭の場所に綺麗~に行列が並びました。
2番のりで限定20食ラーメンをゲット。

・冷やし塩ラーメン(味玉、チャーシュー増し)

塩スープはあっさりしている様で奥深いぃー旨みぃー!細かい説明知らないわ、魚介の風味も感じるけどとんがってはいない。
冷たい!よりもやや引いた位置の冷ややかな温度、ほどよい弾力の中太ちぢれ麺が美味しい。
そして厚切りチャーシューの存在感!上品でジューシーな肉の旨みが広がる。
並んだ甲斐があったというもの、ここはいつも全汁してしまう。

8月も終わりが見えてきたけど、もう少し冷やしを巡る旅を続けたい。。。。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2016-08-22 23:04 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(玉川町):Trattoria cicala(トラットリア チカーラ)でTボーンステーキ

b0089578_15545126.jpg
7月に開催された「PLAT HOME(プラットホーム) × Trattoria cicala(トラットリア・チカーラ)バーベキュー」
というバーベキューイベントにて、力強くてジューシーなお肉の数々を堪能してきました。

だが、肝心のチカーラさんで、まだTボーンステーキを食べてないっ!!

前に食べたのは黒毛和牛のイチボグリルで、それはそれでめっちゃ美味しかったのですが、
あの肉食人種の塊のようなTボーンに完全圧倒されたいっ!!

そんな魂の叫びを現実化すべくイベント途中ですでに話が出来上がり、その時のメンバーで後日すぐ予約。
全員の都合により8月始めとなり、約一か月近くそわそわしながら待っていました、Trattoria cicala(トラットリア チカーラ)

お肉の美味しいイタリアンで話題となり、去年のオープン以来注目度アップ。

7月後半に夫が親知らず抜歯し、しばらく痛くて固いものが食べられない状態だったので、
チカーラ当日までに無事治まるかずっと心配してました。
夫の歯の状態ではなく肉の日の心配か!と返ってくるであろうツッコミを予測

当日は無事に完治して、「美女と和牛」という文字が似合いそうな美女と私たち家族で行ってきました。

始めの1杯はビールと女子は季節の果実の食前酒「ネクタリン+スプマンテ」。
とろんと甘いネクタリンにシュワシュワのスプマンテ、爽やかに甘い乙女酒でスタートです。
b0089578_15545531.jpg
まず最初に出されるのは、お通しのスティック状になった野菜の盛り合わせ。
オリーブオイル、ビネガー、フェンネル入りの岩塩が出されるので、自分の好きな味付けでパリポリ。

白ミニきゅうり、コリンキー、紫にんじん、パプリカなど数種類の季節のお野菜たち。
私は塩を好みでふりかけてオリーブオイルに付けて食べるのが好きでした。
b0089578_15444363.jpg
ボトルで頼んだ白ワイン、Librandi CIRO Bianco(リブランディ チロ・ビアンコ)
フルーティーな香り豊かで爽やかな味わいの辛口白ワインでした。
b0089578_15550026.jpg
・ズッキーニのケーキ

ここに行く数日前に知人のSNSの写真で発見したメニュー、むむっ何これ?絶対に食べたい。
ケーキと言っても前菜メニューの1品でもちろん甘くはなく、ズッキーニを蒸してムースに。
とうもろこし、茶豆、トマト、ミントとカラフルで清涼感のある組み合わせと味の変化、
ズッキーニの風味がする優しい味に濃厚なパルミジャーノのソースの対比!
b0089578_15550406.jpg
・鮎のパテのクロスティーニ

前回食べたのは鶏レバーのクロスティーニだったのですが、季節的に鮎なのですね初めてだ~。
見た目はペースト状でお肉っぽく食べると確かにお魚とわかる味だけど、
これが鮎?というイメージを覆す、かなり濃厚でうんまいっ!
b0089578_15550944.jpg
・アーティチョークのオムレツ

頭で思い描いていたイメージと違うオムレツがきた!
フィレンツェはソスタンツァトロイアというお店の名物料理なんだそうです。

外はスフレの様にふわふわ、中はとろっとしててアーティチョークのホクッとした食感。
そういえばアーティチョークってあまり食べてないなぁ、あの大きな蕾の塊。
そしてレモンをかけてさっぱりと、シンプルに見えて新鮮でへぇ~がいっぱい。
b0089578_15453289.jpg
飲みます、飲みます、次もボトルで赤ワイン、Hera Rosso di Toscana 2011(ヘラ ロッソ・ディ・トスカーナ)
メルローとサンジョヴァーゼが味わえる自然派ワイン、結構重くて渋みがある複雑な味。
b0089578_15551365.jpg
・米国産Tボーンの炭火グリル、自家製サルシッチャ


念願のTボーンステーキが満を持してどどーーーん!!と登場。
横の自家製サルシッチャも結構大きいのですが、それを遥かにこえる迫力。

炭火焼でじっくりと焼かれたお肉は、ナイフを入れると柔らか~い。
脂肪分が少ないヘルシーな赤身肉は、素材の旨みが閉じ込められてジューシーで美味しい!
こんなにたっぷりあるのに、どんどん食べれます。
最後には骨をしゃぶっている恍惚な顔を激写される(さすがに載せられない)。
肉食女子(もちろん男性も)にはぜひおススメしたいメニュー。

*お肉は800gから、焼くのに時間がかかるため、お肉料理は最初の注文で頼むのを推奨。

b0089578_15551694.jpg
・熊本の赤ナスとトリッパの煮込み

熊本の赤ナスは普通の茄子よりも長くて大きく、身が柔らかいのが特徴。
それをトリッパと一緒にとろとろにトマト煮込んでホルモンヌにはたまらぬ味、赤ワインにも合います。
b0089578_17064024.jpg
まだ飲むの?さすがに今度は全員グラスで注文。
Il Pumo Sauvignon Malvasia(イル・プーモ ソーヴィニヨン マルヴァジーア)
柑橘系の果実の香りがする爽やかな辛口白ワイン。
b0089578_15552369.jpg
・キタッラ 赤イカとズッキーニ

パスタはタリアテッレ、ピチ、キタッラがあり、キタッラは前に食べたことがあったから別のがよかったけど、
どうも、ラグーなどよりあっさりめのが食べたかったらしくキタッラ。
ギターを意味する四角い断面の自家製パスタに、ズッキーニもイカもパスタの様に細長くカット。
レモンのオイルにいしる、上からはからすみ、あっさり爽やかなのにコクがあり、麺も弾力あって旨し!
他のパスタやリゾットは次のお楽しみにします。。。
b0089578_15553194.jpg
・スモモの焼きタルト

自家製ドルチェはティラミス、プリン、ムースにタルトの4種類。
私はスモモの焼きタルト、生地の甘さとスモモの爽やかな甘酸っぱさが口に残る夏のケーキ。
b0089578_15552751.jpg
・昔のプリン

こちらは他のメンバーが食べたドルチェ、カラメルの色がしみ込んで美味しそう
b0089578_15553541.jpg
・エルダーフラワーのムース

こちらも他のメンバーのドルチェ、ハーブであるエルダーフラワーのムース。

お肉が美味しいイタリアンと先に書きましたが、お肉以外も輪郭がはっきりとした存在感あり。
FB公式ページを覗くと、地元の新鮮な食材を使って手作り手作り・・どれも食べてみたいっ!
若きパワーと料理に対する愛情と情熱が伝わってきますよ、おススメなお店です♡

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2016-08-21 23:30 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(神宮寺):吟とん 「まぜとん」

b0089578_13514139.jpg
毎朝、グリーンスムージーを作って朝食にしている私ですが、
今、冷蔵庫にある季節のフルーツは、皮ごと食べられる葡萄や桃など。

桃や皮ごと食べれる葡萄なんかは、そのまま食べた方が美味しいんじゃないかとパクパク。
あ、豆乳飲まなくちゃとゴクゴク。

残る小松菜もそのままバリバリ・・・ってことはない。
野菜だけ置き去りにされてフルーツと豆乳が朝ごはん、昼はかなりお腹空いてます。

家業手伝いアフターの昼ごはん、LINEに配信されたクーポンをチェックしてたら、
丼ぶりが無料だったので、思わず車を走らせました、吟とん

・まぜとん(あじたま飯:クーポンで無料)

夏限定のまぜとんは、牛骨、豚骨、鶏ガラ、魚介、香味野菜などから抽出されたタレに
ネギだれ、卵黄、うずら卵、かいわれ、サイコロチャーシュー、ローストビーフが4枚のっているまぜそば。

メニュー写真にあった刻み玉ねぎがのっかってないけれど、これは自己申告オーダーなのかな。
全体をまーぜまぜして食べると、太麺に複雑なタレと黄身が絡みついてかなり濃厚なお味。
ローストビーフはあまり脂身がない分さっぱりしてます。

サイドメニューはクーポン使いのあじたま飯。
とろ~りした半熟味玉が2個分入って、ライスの量も中々あってこれはお得!

途中まで食べて、麺を食べ終わった後の器に残りを入れて、追い飯のように食べました。

あっ! 卵、3つも食べてる・・・

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2016-08-20 23:27 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(柿木畠):リトル スパイス (Little Spice)タイ料理

b0089578_15261436.jpg
家庭菜園で簡単に育てられるハーブ、ただ今栽培している大葉の葉を収穫中。
和のハーブの王様である大葉を始め、我が家ではハーブを使った料理が頻繁に出てきます。

パクチーが手に入り易い環境なので、自宅でパクチー祭りやエスニック料理を楽しむ自称パクチニスト!
そんなエスニックラバーでも本格的なお店屋さんの料理には敵わない。

特に夏にはエスニックが食べたいかーー?アメリカ横断ウルトラクイズ並みの自問自答。
同じことがホルモンでも起こるような、思い立ったらすぐ行動!向かった先はリトル スパイス (Little Spice)

柿木畠にあるタイ料理屋さん、タイの屋台の雰囲気そのままにカラフルな色彩とポップな店内でメニューも豊富。

私たちが行った時はちょうど自家製パクチー大収穫により、期間限定でパクチーが無料食べ放題!
鼻息からもパクチー臭漏れるほど荒くなるってもんです。

・ソフトシェルクラブのにんにく揚げ

脱皮直後の柔らかな殻のカニをニンニク風味で揚げてある。
シャクっとした食感で香ばしく、スイートチリソースの甘辛さとパクチーの香りで一気にタイへひとっ飛び。
これ大好きなので、今までも何度も注文しています。
b0089578_15262003.jpg
・青パパイヤのサラダ

細く切った青いパパイヤのサラダ(ソムタム)。
味付けは唐辛子やナンプラーと柑橘類などで、シャキッとしたパパイヤに酸っぱ辛・甘いが馴染んでる。
定番のクラッシュピーナッツや干しえびも入って、香ばしさとコクが。
中々辛いので付け合わせのキャベツが、いい口休めになります〜。
b0089578_15262449.jpg
・イサーンソーセージ焼き

タイ東北部のイサーン地方で食べられているソーセージ、イサーン料理は辛味が強く発酵食材やレモンで酸味があるのが特徴。
粗挽きの豚肉ともち米が入りで発酵させているので酸味があり、
噛むとジューシーなお肉とブラックペッパーの辛さの後に酸味が伝わる複雑な食感。
周りのピーナッツや生姜、唐辛子などと共に食べる。
b0089578_15262897.jpg
・鶏肉のバイトーイ包み揚げ

いつも同じメニューばかり頼んでしまうので、まだ1度も食べた事ない料理にトライ。
バイトーイ(バンダンリーフ)は、タコヤシと呼ばれるヤシの葉っぱのこと。
香りづけするのにタイでよく使われるハーブなのだそうです。
その葉っぱに鶏肉とタレを加えて包んで揚げたのが、鶏肉のバイトーイ包み揚げ。

b0089578_15263172.jpg
中の鶏肉はタレがよく染みて表面はトロンっと、葉っぱの香りかちょっと芳しい。
ナンプラーベースかしょっぱいタレが美味しい、辛くないので食べやすいですね。
b0089578_15263553.jpg
・春雨炒め

イカ、海老、ふくろだけ、など海鮮と野菜が入った春雨炒め。
細い春雨にコクのあるタレがしっかり染み渡って、こちらも初めて食べたけど美味しかった。
b0089578_15263833.jpg
・チャーハン(カーオパ)

最後の〆は沢山あるのですごーーく迷う、汁なしトムヤム麺にパッタイ、グリーンカレーなどのカレー類。
エスニックの顔であるメニューを外して、タイ風チャーハンのカーオパ。
日本米じゃないしお醤油じゃなくナンプラーを使っているので微妙に違うけど、辛くないし濃くて食べやすい味。
ライムを絞って爽やかな風味に。

夏の間に頻繁に沸き起こるエスニックアタック、お世話になっている1軒であります。
そこまで辛いものばかり選んでないので、後で訪れるバックファイヤー!はありませんでした。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2016-08-19 23:20 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(大額):らーめん専門店 真打 「冷やしぶっかけ トマト」

b0089578_13481366.jpg
7月後半に夫が痛いと言いながら放置していた親知らず抜歯後、
片側の歯しか使えないので、数日間食卓に上ったのは野菜スープでした。。

用意していたのはトマトポタージュスープ、
トマトと玉ねぎと生クリームを加えたクリーミーなスープ。

トマトの酸味が食欲なくてもするするっとイケるんですよね、自分の話だけど。
トマト好きなので料理にもよく使用するのだけど、それをラーメンにも求めて食べに行ってみる、らーめん専門店 真打

・冷やしぶっかけラーメン・トマト(中)

ぶっかけシリーズにはトマトと醤油があり、選ぶのはもちろんトマト。
鶏ガラベースに醤油ベースのトマトダレを組み合わせて、オリーブオイルにバジルを合わせた冷製ラーメン。

トマトの酸味とすっきりさっぱり感が特徴で、塩分はやや高め傾向。
好みで辛いトマトソースや粉チーズも加えることができます。

小、中、大の中盛りを選んだけど、結構量があり底が見えないもんだから永遠に麺が出てくるかと思った。
実際には1,5玉なんだけど、これで650円なんだからかなり良心的価格ですね。

唯一残念だったのが、食べている間は気づかなかったけど、
このトマトぶっかけを食べている人たちの画像は、豚チャーシューではなくスモークチキンのチャーシュー。

私のは豚チャーシューだったので、間違えちゃったのかな?
次回は温かいトマトとんこつラーメンにチャレンジすると思います。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2016-08-18 22:48 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)